出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

久保、乾も躍動、恩師らねぎらう サッカー日本、6度目W杯

 サッカーW杯ロシア大会出場を決めた日本代表を京滋ゆかりの3選手が支えた。野洲高出身のFW乾貴士選手(29)、京都サンガU-18出身のFW久保裕也選手(23)、洛南高OBのGK東口順昭(まさあき)選手(31)。それぞれの恩師からねぎらいの言葉が送られた。

 乾選手の野洲高時代の恩師、山本佳司総監督(53)は、W杯予選で初先発を果たした教え子を会場で見守った。「代表の中でも異彩を放って、落ち着いてプレーしていた。野洲高の時から世界を目指すと言っていた。その扉を開いてくれたのは後輩にとっても励み。指導者としてもいい場面に立ち会えた」と喜んだ。

 J2京都サンガFCのトップチームでも活躍した久保選手は、後半終了間際に投入され、出場決定の瞬間をピッチで迎えた。昨年11月に日本代表入りしてから最終予選の5試合で2ゴールを挙げ、W杯切符獲得に大きく貢献した。サンガU-18時代に監督だった本田将也・サンガ育成部長(43)は「本当は自分で得点して出場を勝ち取りたかったはず」と心情を察しつつ「国民の期待を背負い、大きなプレッシャーの中でよく戦った」とたたえた。

 東口選手は出場こそなかったが、控えGKとしてベンチ入り。洛南高前監督の増井誠徳さん(69)は「どんな状況でも腐らずにやるところが彼のいいところ。本大会でもメンバー入りしてほしい」と期待した。

【 2017年08月31日 23時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会

      20180426000214

       高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]

      国際

      在位44年223日、最長記録
      スウェーデン国王、650年ぶ

      20180427000002

       【ロンドン共同】スウェーデンのカール16世グスタフ国王(71)が26日、在位44年22..... [ 記事へ ]