出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ユース選手権制覇で手応え、2冠へ走り勝つ サンガU―18

Jリーグ・ユース選手権で優勝したサンガFC・U-18。インターナショナルカップでも勢いを持続できるか+(11月19日、長野Uスタジアム)
Jリーグ・ユース選手権で優勝したサンガFC・U-18。インターナショナルカップでも勢いを持続できるか+(11月19日、長野Uスタジアム)

 京都サンガFC・U-18は、国内外のユースチームが出場する「Jリーグ・インターナショナルユースカップ」(20~24日、長野市営陸上競技場など)に出場する。11月に優勝したJリーグ・ユース選手権に続く2冠を目指して、海外の強豪チームにも走り勝つサッカーを貫く覚悟だ。

 ユース選手権はJクラブ育成組織などの高校年代で争う大会で、サンガU-18は16年ぶり2度目の頂点に立った。同選手権で4強入りしたチームと、海外チームの計8チームが、インターナショナルカップに出場する。

 2グループに分かれて総当たり戦を行い、続いて順位決定戦がある。サンガU-18は川崎U-18、シャペコエンセ(ブラジル)、ヴォイヴォディナ(セルビア)と同組に入った。出場できるのは原則、高校1、2年生で、来季を占う大会にもなる。10月の17歳以下ワールドカップに出場したMF福岡は「海外の選手は球際に強く、迫力がある。学ぶことが多い」と気を引き締める。

 今季の高円宮杯U-18プレミアリーグでは東地区で戦い、6勝5分け7敗の6位だった。昨季までの西地区から強豪ぞろいの東地区に移り、激しい試合を連戦したことで鍛えられ、ユース選手権の制覇に結びついた。岸本監督は「遠征も多くタフなリーグを戦って、勝負強さが身についた」と手応えを語る。

 インターナショナルカップでは身体能力の高い相手に、最後まで運動量を落とさずに戦えるかが鍵になる。守備の要となるDF江川は「タイトルを取ることが来年への弾みにもなる。自分たちが掲げる『スーパーハードワーク』を発揮して優勝したい」と力を込めた。

【 2017年12月16日 11時00分 】

ニュース写真

  • Jリーグ・ユース選手権で優勝したサンガFC・U-18。インターナショナルカップでも勢いを持続できるか+(11月19日、長野Uスタジアム)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      上手な歯磨き、歯科衛生士が指導 滋賀、口腔保健フェス

      20180625000023

       歯の磨き方や虫歯についての理解を深める「湖北口腔(こうくう)保健フェスティバル」が24..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の国際会議10・8%増 4年連続で最多更新

      20180624000034

       京都市内で2017年に開かれた国際会議は前年比10・8%増の308件だったと、京都文化..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、梅雨の晴れ間に彩り 京都・柳谷観音

      20180625000039

       京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺で24日、恒例の「あじさいまつり」が開かれた。梅雨..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      田んぼの水路、小ブナぴちぴち 滋賀で観察会、30センチ大物も

      20180625000032

       田んぼの水路で魚を捕まえたり観察したりする催しが24日、滋賀県彦根市田附町の水田で開か..... [ 記事へ ]

      国際

      難民対策、全EU加盟国合意断念
      有志国での協力体制へ

      20180625000035

       【ブリュッセル共同】欧州に押し寄せる移民・難民問題を巡り、独仏など欧州連合(EU)の一..... [ 記事へ ]