出版案内
福祉事業団

フィギュア全日本、京都・滋賀から8人出場 関係者期待

木原選手
木原選手

 平昌五輪代表選考会を兼ねて東京で21日に開幕するフィギュアスケートの全日本選手権に、初の五輪切符を狙う関西大の宮原知子選手(19)ら京滋ゆかりの計8人がエントリーした。京都は日本初の一般ジュニアの育成教室ができ、多くのフィギュアスケーターを輩出してきた土壌があり、関係者を喜ばせている。

 全日本選手権には男女各30人が出場を予定。女子は同選手権3連覇中の宮原選手をはじめ、元世界ジュニア女王で関西大高の本田真凜選手(16)、グランプリシリーズフランス杯6位の京都両洋高の白岩優奈選手(16)、男子ではNHK杯で健闘した同志社大の友野一希選手(19)が表彰台を目指す。

 さらに、今年2月にカザフスタンで開催されたユニバーシアード冬季大会で入賞した女子2人も出場する。銅メダルを獲得し、国際大会で初めて表彰台に立った中京大の磯辺ひな乃選手(20)と、同7位でカナダを練習拠点にする同志社大の木原万莉子選手(20)だ。男子では、本田選手の兄で関西大の太一選手(19)と、同志社大の時國隼輔選手(20)もエントリー。飛躍のきっかけとなるような演技が期待される。

 京都府スケート連盟によると、京都で唯一の通年型リンク「醍醐スケート」が閉鎖された2005年以降、連盟登録選手は大幅に減った。ただ、練習環境が厳しい中でもフィギュアで220人、スピードで38人(7月1日現在)の登録選手が実力を磨いているという。

 同連盟の山下透理事は、若手が育つ背景として、昭和初期にフィギュアスケート部を創設した同志社大の存在や、歴代指導者の力が大きいと説明。宇治市に新設予定のスケート場が完成すれば「シンクロやアイスダンスでの若手の成長も期待できる」としている。

【 2017年12月19日 11時40分 】

ニュース写真

  • 木原選手
  • 本田太一選手
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      女性不明、頭部遺棄認める供述
      米国籍男、現場に消臭剤の形跡

      20180225000092

       兵庫県三田市の女性会社員(27)が行方不明になり、大阪市西成区の民泊施設で女性とみられ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      華やか芸舞妓、梅花祭彩る 京都・北野天満宮

      20180225000119

       梅をこよなく愛した菅原道真の遺徳をしのぶ「梅花祭」が25日、京都市上京区の北野天満宮で..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      春目指し京都・滋賀で1万5千人 国公立大2次試験始まる

      20180225000121

       国公立大の2次試験前期日程が25日、全国の大学で始まった。165大学570学部に25万..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      金英哲氏、保守派抗議避け移動
      五輪閉会式で笑顔も

      20180226000003

       【坡州、平昌共同】25日の平昌冬季五輪閉会式に出席した北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長..... [ 記事へ ]