出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小島一恵さん、女子駅伝に感謝 V6度経験、京都の顔

第27回大会で京都チーム5連覇のゴールテープを切る小島さん(2009年1月)
第27回大会で京都チーム5連覇のゴールテープを切る小島さん(2009年1月)

 全国女子駅伝で京都チームのアンカーとして優勝のゴールテープを2度切った小島一恵(30)=立命館宇治高-立命大出=が昨季限りで引退した。駅伝では抜群の強さを発揮し、全国女子駅伝は古里の奈良、競技力を高めた京都から合わせて11年連続出場し、優勝を6度経験した。「トップで競技場に入ったときの大歓声が忘れられない。みんなのおかげで幸せな経験をさせてもらった」と笑顔で振り返る。

 引退を決めたのは2016年夏。11年冬に右膝の痛みが激しくなり、翌春に手術した。だが痛みの原因となる筋膜を切った影響で、強度の高い練習が難しくなったという。所属先の豊田自動織機監督や家族から励ましを受けて懸命に復帰を模索したが、夏合宿でも全く練習できなかった。引退レースには17年1月の古里に近い大阪ハーフマラソンを選び、「やることは全部してきた。後悔はない」。

 全国女子駅伝には奈良の田原本中2年で初出場。憧れの山中美和子さん(ダイハツ)がチームメートだった。「緊張であまり覚えていない」と笑う。全国中学体育大会800メートルで優勝して臨んだ3年時は、山中さんの1区区間賞の勢いも借りて3区を上位で走った。

 立命館宇治高時代、全国高校駅伝はけがなどで本来の走りができなかったが、全国女子駅伝では区間賞を2度獲得した。「違う世代の選手と一緒にいると、なぜか行けると思えてくる」と話す。

 立命大では1年時に7区区間新を樹立。2年からはアンカーを務め、実業団選手に果敢に挑んだ。「自分より速い選手に挑戦するだけで気持ちは楽だった」。4年は6位でたすきを受けて3人を抜く快走。「行けるところまで行かないと、という気持ちだった」。常に強気の走りを人々の記憶に刻んできた。

 実業団で約6年間走れない苦しみを経験したが、「今も陸上が好きなのは変わらない」と笑って話す。だからこそ、若い選手たちの控えめな姿勢が気がかりだ。「みんな陸上が好きなんですよね? だったら目標に向かって何でもできるはず。一生懸命になれるのは、今しかない」とエールを送る。

【 2018年01月05日 08時49分 】

ニュース写真

  • 第27回大会で京都チーム5連覇のゴールテープを切る小島さん(2009年1月)
  • 「西京極陸上競技場の大歓声が忘れられない」と語る小島一恵さん(奈良市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      台風10号が沖縄接近へ
      暴風や大雨に警戒を

      20180720000120

       台風10号は20日、沖縄本島の南の海上を北寄りに進んだ。21日に暴風域を伴って沖縄本島..... [ 記事へ ]

      経済

      JR山陰線新駅は「梅小路京都西」 19年春に開業

      20180720000114

       JR西日本は20日、梅小路公園(京都市下京区)の北側に2019年春に開業する山陰線の新..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・宇治川の鵜飼21日再開へ 豪雨で半月以上休止

      20180720000082

       豪雨による京都・宇治川の増水で、半月以上にわたり休止していた夏の風物詩「宇治川の鵜飼」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      酒米の吸水、杜氏の勘を可視化 伏見酒造組合と大ガス

      20180720000171

       京都・伏見の清酒メーカーでつくる伏見酒造組合と大阪ガスは20日、画像認識技術を使い、酒..... [ 記事へ ]

      国際

      合成表紙でトランプーチン氏?
      米誌タイム、強烈な皮肉

      20180720000199

       【ニューヨーク共同】米誌タイムは20日までに、トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領..... [ 記事へ ]