出版案内
福祉事業団

ミス日本の高田さん、陸上で内面磨く 女子駅伝も応援

「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)
「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)

 「ミス日本コンテスト2017」でグランプリに輝いた大阪大3年の高田紫帆さん(21)=京都市北区=は、高校まで陸上の中長距離に打ち込んだ。全国女子駅伝にも憧れていた。「陸上で教えてもらった日本一になるためのメソッド(方法)を応用した。学んだことが正しかったことが証明できたと思う」と笑顔で振り返る。

 子どもの時から走るのが好きで、家まで走って帰っていた。紫明小3年から府内のマラソン大会を4連覇し、6年で大文字駅伝に出場。加茂川中2年の時にジュニア五輪、全国中学駅伝に出場した。

 西京高では入学直後に腰を疲労骨折。1年間コルセットを巻いて過ごし、歩くのも難しい時期があった。治った後も、本来の走りは取り戻せなかった。

 大学2年の時、ミス日本コンテストに応募した。審査の中で振り袖を着て能の所作を学んだり、外交官から話を聞ける機会があり、「日本の文化や政治経済を、体験を通じて学びたかった」と語る。

 陸上に没頭した日々が、コンテストで生かされた。審査は見た目だけでなく、内面や行動にも及ぶ。そもそも「外見を磨いたり、着飾ることは陸上では邪念だったから苦手」。だからこそ「自分の考えをしっかり話すことを強みにしよう」と臨んだ。陸上で、短期と長期の目標を立て、毎日の決め事をこなし、本番でも流されず自分を保つことを学んだ。毎日、日誌を書く習慣は、自己を見つめ直し、気持ちを伝えることに役に立った。

 「やっと日本一になれました」。昨年1月、涙声で西京高の渡辺為彦監督に電話で喜びを報告した。陸上部の目標だった「どうせやるなら日本一」を忘れていなかった。

 中学時代、全国女子駅伝の京都チーム強化合宿の書類をもらった。今も大切に取ってある。ほぼ毎年、自宅近くの紫明通に出向き、合宿で一緒だった一つ上の筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)や、高校の先輩の奥野有紀子(資生堂、京産大出)に声援を送った。「応援すると自分も頑張ろうという気持ちになれる」と笑顔で話す。

【 2018年01月11日 11時40分 】

ニュース写真

  • 「全国女子駅伝を応援すると元気をもらえる」と話す高田さん(京都市中京区・京都新聞社)
  • 京都府中学駅伝で優勝のゴールテープを切る加茂川中の高田さん(2010年11月、丹波自然運動公園)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      京都の戦禍「馬町空襲」犠牲者しのぶ 献花式に学生や住民参列

      20180117000024

       1945年1月16日に起きた「馬町空襲」の犠牲者をしのぶ献花式が16日、京都市東山区の..... [ 記事へ ]

      経済

      美容商品広告の写真、修整せず
      米大手ドラッグチェーン

      20180117000020

       【ニューヨーク共同】米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは16日までに、店舗やネ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      旅する「空中茶室」の魅力語らう 京都・八幡で21日シンポ

      20180117000033

       石清水八幡宮(京都府八幡市八幡)の宿坊にかつてあった空中茶室「閑雲軒(かんうんけん)」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で初「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      独で皇后さま歌集の出版行事開催
      訳者「人生詰まった50首」

      20180117000030

       【ベルリン共同】皇后さまの和歌50首をドイツ語訳した歌集「その一粒に重みのありて」の出..... [ 記事へ ]