出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

17年世界選代表・鍋島、高知チーム合流 全国女子駅伝

高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)

 昨夏の世界選手権ロンドン大会5000メートル代表の鍋島莉奈(日本郵政グループ)が11日に京都入りし、ふるさと出場を果たす高知チームに合流した。全国女子駅伝を「全国大会で自分の走りができたターニングポイント」と語る24歳のスピードランナー。2年連続7度目の都大路に「流れをつくる、変えるレースができれば」と意気込む。

 初出場は高知・山田高1年の時。4区を走り区間16位だった。「(そのシーズンの)全国高校駅伝では思うような走りができなかったけど、また頑張ろうと思えた」と、好走できた思い出がある。

 鹿屋体大では日本学生対校選手権1万メートルを連覇。一方で質の高い練習を追い求めたため、けがに悩み続けた。

 衝撃を受けたのが、実業団1年目に競技場で観戦した2016年の日本選手権1万メートル。チームメートの鈴木亜由子と関根花観が高速レースに持ち込み、リオデジャネイロ五輪代表を決めた。「日本人ではなかなかできない圧倒的なレースだった。今でもレース映像を見ます」

 短期集中型だったトレーニングを見直し、練習量も増えると、けがが減った。16年の全日本実業団駅伝で5区区間賞を奪い、チームの初優勝に貢献。昨年の日本選手権5000メートルで鈴木に競り勝って初優勝し、日本のトップ選手へと飛躍した。

 世界選手権は自己ベストの15分11秒83をマークしたが予選落ち。「アフリカ勢だけでなく欧米の選手のタフさを肌で感じた。足りない部分が少し分かった」と語る。東京五輪はトラックでの出場を目指す。「守りに入らず、日本記録、14分台を出したい」と言い切った。

【 2018年01月12日 09時30分 】

ニュース写真

  • 高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      リュックマナー、なぜ東高西低 京都市営地下鉄で調べると

      20180721000123

       関東では電車内のリュックの前抱えはかなり浸透していたが、関西ではめったに見ない。なぜ関..... [ 記事へ ]

      経済

      訪日客狙いドラッグストア続々 京都、シェア争い激化

      20180721000128

       大手ドラッグストアが、京都市内に続々と進出している。小売り不振といわれる中でスーパーや..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      連日猛暑もプール営業できず 京都・舞鶴、西日本豪雨で設備水没

      20180721000044

       西日本豪雨の影響で、京都府北部有数の大型レジャープール「舞鶴文化公園プール」(舞鶴市上..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]

      国際

      LGBTらシンガポールで集会
      「愛する自由」求め

      20180721000121

       【シンガポール共同】同性愛などの性的少数者(LGBT)への理解や愛する自由を求める毎年..... [ 記事へ ]