出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

17年世界選代表・鍋島、高知チーム合流 全国女子駅伝

高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)

 昨夏の世界選手権ロンドン大会5000メートル代表の鍋島莉奈(日本郵政グループ)が11日に京都入りし、ふるさと出場を果たす高知チームに合流した。全国女子駅伝を「全国大会で自分の走りができたターニングポイント」と語る24歳のスピードランナー。2年連続7度目の都大路に「流れをつくる、変えるレースができれば」と意気込む。

 初出場は高知・山田高1年の時。4区を走り区間16位だった。「(そのシーズンの)全国高校駅伝では思うような走りができなかったけど、また頑張ろうと思えた」と、好走できた思い出がある。

 鹿屋体大では日本学生対校選手権1万メートルを連覇。一方で質の高い練習を追い求めたため、けがに悩み続けた。

 衝撃を受けたのが、実業団1年目に競技場で観戦した2016年の日本選手権1万メートル。チームメートの鈴木亜由子と関根花観が高速レースに持ち込み、リオデジャネイロ五輪代表を決めた。「日本人ではなかなかできない圧倒的なレースだった。今でもレース映像を見ます」

 短期集中型だったトレーニングを見直し、練習量も増えると、けがが減った。16年の全日本実業団駅伝で5区区間賞を奪い、チームの初優勝に貢献。昨年の日本選手権5000メートルで鈴木に競り勝って初優勝し、日本のトップ選手へと飛躍した。

 世界選手権は自己ベストの15分11秒83をマークしたが予選落ち。「アフリカ勢だけでなく欧米の選手のタフさを肌で感じた。足りない部分が少し分かった」と語る。東京五輪はトラックでの出場を目指す。「守りに入らず、日本記録、14分台を出したい」と言い切った。

【 2018年01月12日 09時30分 】

ニュース写真

  • 高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      力士と相撲で中1男子けが 京都・舞鶴市長救命の春巡業

      20180423000082

       4日に京都府舞鶴市であった大相撲舞鶴場所で、力士が土俵上で子どもの相手をする「ちびっ子..... [ 記事へ ]

      経済

      宇治茶の初市、最高値は1キロ15万円 京都、最多量出品

      20180423000030

       今年の宇治茶の初市が22日、京都府城陽市寺田のJA全農京都茶市場であった。府内の茶業者..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      メタセコイア並木、一斉に新緑 滋賀の観光名所

      20180423000071

       滋賀県高島市マキノ町の観光名所「メタセコイア並木」で、新緑が一斉に芽吹き、すっかり春の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]

      国際

      日韓、米韓高官がソウルで協議
      南北は板門店で実務会談

      20180423000084

       【ソウル共同】北朝鮮核問題を巡る6カ国協議で日韓の首席代表を務める金杉憲治・外務省アジ..... [ 記事へ ]