出版案内
福祉事業団

17年世界選代表・鍋島、高知チーム合流 全国女子駅伝

高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)

 昨夏の世界選手権ロンドン大会5000メートル代表の鍋島莉奈(日本郵政グループ)が11日に京都入りし、ふるさと出場を果たす高知チームに合流した。全国女子駅伝を「全国大会で自分の走りができたターニングポイント」と語る24歳のスピードランナー。2年連続7度目の都大路に「流れをつくる、変えるレースができれば」と意気込む。

 初出場は高知・山田高1年の時。4区を走り区間16位だった。「(そのシーズンの)全国高校駅伝では思うような走りができなかったけど、また頑張ろうと思えた」と、好走できた思い出がある。

 鹿屋体大では日本学生対校選手権1万メートルを連覇。一方で質の高い練習を追い求めたため、けがに悩み続けた。

 衝撃を受けたのが、実業団1年目に競技場で観戦した2016年の日本選手権1万メートル。チームメートの鈴木亜由子と関根花観が高速レースに持ち込み、リオデジャネイロ五輪代表を決めた。「日本人ではなかなかできない圧倒的なレースだった。今でもレース映像を見ます」

 短期集中型だったトレーニングを見直し、練習量も増えると、けがが減った。16年の全日本実業団駅伝で5区区間賞を奪い、チームの初優勝に貢献。昨年の日本選手権5000メートルで鈴木に競り勝って初優勝し、日本のトップ選手へと飛躍した。

 世界選手権は自己ベストの15分11秒83をマークしたが予選落ち。「アフリカ勢だけでなく欧米の選手のタフさを肌で感じた。足りない部分が少し分かった」と語る。東京五輪はトラックでの出場を目指す。「守りに入らず、日本記録、14分台を出したい」と言い切った。

【 2018年01月12日 09時30分 】

ニュース写真

  • 高知チームに合流した世界選手権代表の鍋島(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      自然保護団体、二審も敗訴
      北海道・希少ウサギめぐる訴訟

      20180117000098

       北海道新得町の佐幌岳でのスキー場開発で、準絶滅危惧種のエゾナキウサギの生息地が失われる..... [ 記事へ ]

      経済

      冷凍倉庫跡であったか鍋パーティー 京都の食品会社が新サービス

      20180117000083

       京都市中央卸売市場第一市場(京都市下京区)近くの冷凍倉庫跡を鍋パーティーに貸し出す「ナ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の町工場から世界へ インテリアの「パリ・コレ」初出展

      20180117000051

       フランス・パリで開かれる世界最大級のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」(19~2..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      米軍医は「提供してもらった」 <持ち去られた被爆者資料>

      20180116000114

       核エネルギーが原爆投下という人類史上に刻まれる悪夢になった1945年。多くの広島・長崎..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS移植で「有害事象」 網膜に合併症、新たに手術

      20180116000183

       理化学研究所などのチームは16日、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った移植手術..... [ 記事へ ]

      国際

      「雨傘運動」主導者に禁錮3月
      香港、裁判命令に違反

      20180117000088

       【香港共同】香港の高等法院(高裁)は17日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」で..... [ 記事へ ]