出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

長洲未来「スケーター人生短い」 24歳で3回転半成功

12日の団体女子フリーで演技する長洲未来(江陵)
12日の団体女子フリーで演技する長洲未来(江陵)

 「スケーターの人生は本当に短いの」。12日のフィギュアスケート団体で、女子の五輪史上3人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた米国の長洲未来が語った言葉が印象的だった。

 日本人の両親を持ち、米カリフォルニア州で生まれ育った24歳。五輪は16歳で迎えた2010年のバンクーバー大会以来8年ぶりだ。

 トリプルアクセルに挑むきっかけも、バンクーバー五輪だった。重圧の中、大技を決めて銀メダルを取った浅田真央さんに刺激を受けた。こつこつ練習を続け、今季からプログラムに組み込めるようになった。

 10代の新星が次々と誕生する女子フィギュア界で、24歳は「ベテラン」と言える。体形変化やけがに苦しみ、早く引退する選手もいる中で、この年齢で新たな技を取り入れるのは大きな挑戦だっただろう。

 「他の選手も諦めないでほしい。私は選手として年(年配)と言われるけど、跳べるようになってうれしい」。高く、美しい大技に込めた思いが伝わったのはアスリートだけでないはず。この日で一番の歓声が、それを証明していた。

【 2018年02月14日 16時00分 】

ニュース写真

  • 12日の団体女子フリーで演技する長洲未来(江陵)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      滋賀「立民県連の新モデルに」  設立に向け枝野氏が講演

      20180520000132

       立憲民主党の枝野幸男代表が20日、滋賀県近江八幡市内で講演した。設立準備が進む党の滋賀..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の技体験、地張り提灯作りに挑戦 東京・六本木で催し

      20180519000112

       京都の地張り提灯の技に触れるワークショップが19日、東京都港区であった。定員の6倍を超..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝唐門、装飾見上げ通り抜け 西本願寺・修復工事前に開門

      20180520000114

       西本願寺(浄土真宗本願寺派本山、京都市下京区)で20日、国宝に指定されている唐門が開門..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      規制庁、東電に原発運転可能判断
      柏崎刈羽、住民に説明

      20180519000101

       原子力規制庁の担当者は19日、新潟県柏崎市であった住民説明会に出席し、東京電力柏崎刈羽..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾、少子化最大の試練
      蔡総統、政権2年で訴え

      20180520000082

       【台北共同】台湾で独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が発足してから2年となった..... [ 記事へ ]