出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ソフト名将、センバツ乙訓にエール OBと指導者両面で

母校のグラウンドに立ち、後輩たちの甲子園初出場を喜ぶ吉田さん(乙訓高)
母校のグラウンドに立ち、後輩たちの甲子園初出場を喜ぶ吉田さん(乙訓高)

 京都西山高ソフトボール部を率いて全国高校総体優勝を果たし、五輪選手も育てた吉田茂樹さん(68)=京都府長岡京市=が、選抜高校野球大会に初出場する乙訓野球部の2期生として後輩の活躍を喜んでいる。「スーパースターはいないが、結束力が強い」とOBと指導者の両面からチームを応援している。

 吉田さんは大学卒業後に京都西山高に赴任。ソフトボールは素人ながらもすぐに部を立ち上げ、2013年3月まで約40年間指導した。北京五輪金メダリストで日本代表の狩野亜由美、江本奈穂両選手を育てた。現在は龍大ソフトボール部監督を務める。

 乙訓高に入学したころは野球部も創成期。長岡競馬場の跡地に造成されたグラウンドは十分に練習ができる状態ではなく、部員総出で整備に汗を流した。4番で主将だった吉田さんは「まだ資材が山積みだった。みんなで石を拾い、体育の授業でも内野は使わないでと教諭に志願した」と振り返る。当時は室内練習場もなく、冬場は体力づくりのため光明寺(長岡京市)や善峯寺(京都市西京区)まで走ったという。

 現在も母校を時折訪れ、後輩の練習を見守っている。「おこがましいが」と前置きしつつ、ベテラン指導者らしい目線で内野の連係やバッテリーの配球、バントの精度など気付いた課題を選手に伝え、「まだ伸びしろはある」と助言する。

 OBの1人として、甲子園初出場を心から喜ぶ。「秋から1戦ずつ力を付けている。初出場だからといって気後れすることはない。挑戦者の気持ちで存分にプレーしてほしい」と活躍を願う。

【 2018年03月10日 14時51分 】

ニュース写真

  • 母校のグラウンドに立ち、後輩たちの甲子園初出場を喜ぶ吉田さん(乙訓高)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]

      国際

      携帯位置情報、無断捜査は違法
      米最高裁「令状必要」

      20180623000018

       【ワシントン共同】米連邦最高裁は22日、事件捜査で容疑者らの携帯電話の位置情報を無断で..... [ 記事へ ]