出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日大回答「疑念解消できず」 アメフット悪質反則で関学

記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市
記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市

 アメリカンフットボールの定期戦で日本大選手の悪質な反則行為で選手が負傷した問題で、関西学院大アメフット部は17日、兵庫県西宮市の同大学で記者会見し、抗議に対する日大からの回答書を公表して「疑問、疑念を解消できておらず、現時点では誠意ある回答とは判断しかねる」と批判した。事態の真相究明を求めるとともに、日大の内田正人監督らによる被害選手への直接の謝罪をあらためて要求した。

 日大は回答書の中で「意図的な乱暴行為を行うことを選手に教えることはない」と指導陣からの指示を否定し、「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質」と説明。経緯についての確認を進め、24日をめどに再回答するとした。

 回答書に対して、関学大は「具体的な事実や経緯などチームとしての見解が記されていない」と反論。反則行為をした選手に対して指導者が厳しく注意しなかったことや、奮起を促すためだったという内田監督の試合後のコメントを挙げ「ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたとの疑念を抱かざるを得ない」とした。

 6日の試合では、日本大の守備選手がボールを投げた後で無防備だった関学大のクオーターバックに背後から激しくタックルして負傷させた。

 関学大アメフット部の鳥内秀晃監督は「非常に悪質で、同じ指導者として到底受け入れられない。すぐにでも謝罪すべきだったのでは」と日大の対応を批判。同席した小野宏ディレクターも「日大とは他の大学より深いつながりがあったが、今は信頼関係が崩壊している」と述べ、日大の再回答の内容次第では次年度以降の定期戦は行わない方針をあらためて示した。

【 2018年05月17日 23時57分 】

ニュース写真

  • 記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      工事「裏合意」、市長は関与否定 滋賀・彦根

      20180523000195

       滋賀県彦根市役所の本庁舎耐震化整備事業に絡んで市と業者の間で一部工事を別途発注とする「..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      多彩な技の美、一堂に 京都で近畿展・染織展

      20180523000202

       伝統に培われた技の美を一堂に集める「日本伝統工芸近畿展」と「日本伝統工芸染織展」(いず..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]

      国際

      釜山総領事館前設置を再度主張
      徴用工像巡り韓国の市民団体

      20180523000208

       【釜山共同】韓国の労働組合などでつくる市民団体が南部釜山の日本総領事館前に、かつて日本..... [ 記事へ ]