出版案内
福祉事業団
47NEWS

徴兵制有無25%が誤解 安保法案、17~19歳に聞く

安保関連法案理解度チェック
安保関連法案理解度チェック

 16日衆院本会議を通過した安全保障関連法案については曖昧さが指摘されている。行使要件となる「存立危機事態」の定義や「戦闘地域」と「後方支援」の線引きなど、安倍晋三首相らの答弁は揺れ動いてきた。来夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられるのを受け、17~19歳の若者が安保法制をどこまで理解しているのか、京滋の大学キャンパスなどで尋ねた。賛否以前に、法案の中身が周知されていないことが浮き彫りになった。

 調査は今週、主に対面方式で実施した。男女138人に、安保関連法案が成立すれば自衛隊に許容されうる事例に○を、法案が成立しても許されない事例には×を付ける形で、設問に回答してもらった(滋賀県での調査は17歳の高校生5人を含む)。設問と政府見解については内閣官房国家安全保障局に確認した。

 設問(1)では、法案によって可能になる外国軍への弾薬提供や給油が解禁されることの周知度を問うた。「自衛隊の空中給油機による戦闘機への給油」も排除しないと、中谷元・防衛相が1日の衆院特別委員会で答弁しているが、若者の回答は○×がほぼ半数に割れ、十分知られていなかった。何が「後方支援」か「戦闘地域」か、線引きがあいまいなことが一因とみられる。

 設問(2)は集団的自衛権と個別的自衛権の違いに関係する問いだが、約4分の1が誤答した。設問(3)は「徴兵制」という今回の法案には全く出てこない制度について尋ねたが、25%が「徴兵制を可能にする条文がある」と誤答。法案に対する誤解や、徴兵という若者が当事者になりうる問題に対しても無関心な人が一定数いることがうかがえた。

 京都造形芸術大1年の女子学生(18)は全設問に「×」と記入した。「設問1、2が○なのはショック。こんなこと(空中給油)をやったら戦争に参加するのと同じ」と法案に疑問を持った。立命館大1年の男子学生(19)は「現行法で国際協力に限界があるというのも分かるが、行きすぎる可能性が拭えない。説明不足の法案可決には反対」と話した。

【 2015年07月17日 10時22分 】

ニュース写真

  • 安保関連法案理解度チェック
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      若者3割が不払い経験
      弁護士らが実態調査

      20160625000007

       労働問題に詳しい弁護士らでつくるプロジェクト「NO MORE 賃金泥棒」が、アルバイト..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、タイに3-0で快勝 バレー女子・ワールドGP京都大会

      20160624000144

       バレーボール女子・ワールドグランプリ京都大会の第1日は24日、京都市北区の島津アリーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・滋賀の企業、円高・関税復活に警戒 英国民投票

      20160624000135

       英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利した24日、京都や滋賀の企業にも衝撃が広がった..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      精緻と大胆、伊藤若冲の技 京都で生誕300年展

      20160624000108

       江戸時代の画家伊藤若冲の生誕300年を記念した企画展「伊藤若冲-京に生きた画家-」(京..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      投票率UPへ学生奔走 龍谷大、立命大のグループ

      20160622000088

       参院選(22日公示、7月10日投開票)に合わせ、京滋の学生たちが投票率アップに一役買っ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      バス待つ観光客に涼届け 京都・下京、四条通でミスト稼働

      20160624000129

       バスを待つ市民や観光客に涼を届けるミスト装置の稼働が24日、京都市内で始まった。従来の..... [ 記事へ ]