出版案内
福祉事業団
47NEWS

クマムシの足、実は循環器か 京都の高校生の仮説脚光

日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)

 過酷な環境でも生き延びる微生物「クマムシ」を研究する木津高(京都府木津川市)の科学部が、脚光を浴びている。足の役割は移動機能ではないとの仮説を立てているからだ。顕微鏡のみで観察を続け、学会の高校生部門で2位に当たる最優秀賞を獲得した。

 クマムシは体長0・1~1ミリほどの緩歩動物で4対8本の足を持つ。周囲が乾燥すると縮んで休眠し、水分が戻ると活動を再開する特徴がある。高温、低温、高圧でも生き延びる。

 科学部は6年前に研究を始めた。足の爪が1対だけ逆を向き、移動には不便なため、足には循環器など別の役目があると仮説を立て、実験や観察をしている。

 2年北澤美天(みそら)さん(17)=京都府宇治市小倉=が今年に入って、クマムシの休眠前後の比率(収縮率)を測定し始めた。その結果、収縮率が一定の比率にあるときに生存する傾向があり、足を意図的に収縮させて計画的に水分を出していると推測した。

 東京都内で8月にあった日本進化学会の高校生部門で、審査の研究者が高く評価し、全国33件の研究のうち最優秀賞に選ばれた。その後も、京都大で研究発表したり、研究者との対談が計画されたりと注目を集めている。

 顕微鏡しか設備がないなか、北澤さんは日々、コケにいるクマムシを探しては、乾燥前後の長さを測っている。「調べる数を増やせば説得力が増す」と意気込んでいる。

 31日午後にけいはんなプラザ(京都府精華町光台)で開かれる「まほろば・けいはんなSSHサイエンスフェスティバル」で研究成果を発表する。

【 2015年10月30日 09時58分 】

ニュース写真

  • 日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
  • クマムシの足の400倍の拡大写真(木津高科学部提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      福島沖のヒラメ漁9月再開
      「常磐もの」復活へ

      20160829000062

       福島県漁業協同組合連合会(福島県漁連)は29日、同県いわき市で組合長会議を開き、東京電..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Rソックスの田沢は2回を無失点
      ロイヤルズ戦

      20160829000069

       ▽レッドソックス―ロイヤルズ(28日・ボストン) レッドソックスの田沢は4―10の八回か..... [ 記事へ ]

      経済

      マグロ緊急漁獲規制を議論
      福岡で開幕、日本案が軸

      20160829000043

       日本近海を含む北太平洋海域のクロマグロの資源管理を関係国・地域が話し合う中西部太平洋ま..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地元国際フェスに意欲作 流木アート、京都・舞鶴の上林さん

      20160829000052

       「流木アート」で知られる京都府舞鶴市今田の上林比東三さん(64)が、9月18日から25..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      今どき京都の修学旅行どこへ? 定番・伊勢、トヨタや震災学習も

      20160828000060

       全国から京都市を訪れる修学旅行生は年間約110万人。修学旅行生全体の3人に1人が来ると..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神戸からのダイオキシン搬出再開
      大阪・豊能の仮置き場へ

      20160829000051

       大阪府能勢、豊能両町でつくる豊能郡環境施設組合が、ダイオキシンを含む廃棄物を神戸市に無..... [ 記事へ ]