出版案内
福祉事業団
47NEWS

クマムシの足、実は循環器か 京都の高校生の仮説脚光

日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)

 過酷な環境でも生き延びる微生物「クマムシ」を研究する木津高(京都府木津川市)の科学部が、脚光を浴びている。足の役割は移動機能ではないとの仮説を立てているからだ。顕微鏡のみで観察を続け、学会の高校生部門で2位に当たる最優秀賞を獲得した。

 クマムシは体長0・1~1ミリほどの緩歩動物で4対8本の足を持つ。周囲が乾燥すると縮んで休眠し、水分が戻ると活動を再開する特徴がある。高温、低温、高圧でも生き延びる。

 科学部は6年前に研究を始めた。足の爪が1対だけ逆を向き、移動には不便なため、足には循環器など別の役目があると仮説を立て、実験や観察をしている。

 2年北澤美天(みそら)さん(17)=京都府宇治市小倉=が今年に入って、クマムシの休眠前後の比率(収縮率)を測定し始めた。その結果、収縮率が一定の比率にあるときに生存する傾向があり、足を意図的に収縮させて計画的に水分を出していると推測した。

 東京都内で8月にあった日本進化学会の高校生部門で、審査の研究者が高く評価し、全国33件の研究のうち最優秀賞に選ばれた。その後も、京都大で研究発表したり、研究者との対談が計画されたりと注目を集めている。

 顕微鏡しか設備がないなか、北澤さんは日々、コケにいるクマムシを探しては、乾燥前後の長さを測っている。「調べる数を増やせば説得力が増す」と意気込んでいる。

 31日午後にけいはんなプラザ(京都府精華町光台)で開かれる「まほろば・けいはんなSSHサイエンスフェスティバル」で研究成果を発表する。

【 2015年10月30日 09時58分 】

ニュース写真

  • 日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
  • クマムシの足の400倍の拡大写真(木津高科学部提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      放射性廃棄物の最終処分地、滋賀県内自治体に方針説明 経産省

      20160526000164

       経済産業省は26日、原発から出る高レベル放射性廃棄物を地中深くで埋設する最終処分地の建..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏テニス、奈良は2回戦敗退
      ナダル、ジョコら3回戦へ

      20160526000140

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第5日は26日、パリのローランギャロスで行われ、女子シ..... [ 記事へ ]

      経済

      童夢、欧州メーカーと提携 炭素繊維材、世界展開へ

      20160526000159

       レーシングカー開発・設計の童夢(滋賀県米原市)は26日、アイルランドの炭素繊維複合材メ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      津波バイオリン、復興への調べ 滋賀出身の西川さん

      20160526000054

       東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の家屋などの部材から製作されたとされる「津波バイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大病院に母体胎児のICU、6月開設 重症妊婦ケア充実へ

      20160526000143

       京都大医学部付属病院は6月1日、リスクの高い妊婦をケアする「母体胎児集中治療室(MFI..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙の新住居棟、膨らまず
      NASAが試験中止

      20160526000137

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は26日、宇宙空間で風船のように膨らむ新型の..... [ 記事へ ]