出版案内
福祉事業団
47NEWS

クマムシの足、実は循環器か 京都の高校生の仮説脚光

日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)

 過酷な環境でも生き延びる微生物「クマムシ」を研究する木津高(京都府木津川市)の科学部が、脚光を浴びている。足の役割は移動機能ではないとの仮説を立てているからだ。顕微鏡のみで観察を続け、学会の高校生部門で2位に当たる最優秀賞を獲得した。

 クマムシは体長0・1~1ミリほどの緩歩動物で4対8本の足を持つ。周囲が乾燥すると縮んで休眠し、水分が戻ると活動を再開する特徴がある。高温、低温、高圧でも生き延びる。

 科学部は6年前に研究を始めた。足の爪が1対だけ逆を向き、移動には不便なため、足には循環器など別の役目があると仮説を立て、実験や観察をしている。

 2年北澤美天(みそら)さん(17)=京都府宇治市小倉=が今年に入って、クマムシの休眠前後の比率(収縮率)を測定し始めた。その結果、収縮率が一定の比率にあるときに生存する傾向があり、足を意図的に収縮させて計画的に水分を出していると推測した。

 東京都内で8月にあった日本進化学会の高校生部門で、審査の研究者が高く評価し、全国33件の研究のうち最優秀賞に選ばれた。その後も、京都大で研究発表したり、研究者との対談が計画されたりと注目を集めている。

 顕微鏡しか設備がないなか、北澤さんは日々、コケにいるクマムシを探しては、乾燥前後の長さを測っている。「調べる数を増やせば説得力が増す」と意気込んでいる。

 31日午後にけいはんなプラザ(京都府精華町光台)で開かれる「まほろば・けいはんなSSHサイエンスフェスティバル」で研究成果を発表する。

【 2015年10月30日 09時58分 】

ニュース写真

  • 日々、クマムシを探して記録しているという北澤さん(木津川市木津・木津高)
  • クマムシの足の400倍の拡大写真(木津高科学部提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      路上で女性刺され死亡、浜松
      殺人容疑で男逮捕

      20160701000003

       6月30日午後10時20分ごろ、浜松市東区小池町の路上で通行人が「首や胸を刺された女性..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イブラヒモビッチ、来季はマンU
      フェイスブックで公表

      20160701000009

       サッカーの欧州選手権で敗退し、スウェーデン代表からの引退を表明したFWイブラヒモビッチ..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      15世紀ごろの屋敷跡出土 京都嵐山の嵯峨遺跡、陶磁器も発見

      20160630000143

       京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町の発掘調査で、15~16世紀の有力者の屋敷とみられる遺構が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]