出版案内
福祉事業団
47NEWS

琵琶湖の底に木造建築跡 江戸後期、地震で水没か

琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供
琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供

 滋賀県長浜市公園町の豊公園沖の琵琶湖底から、江戸時代後期とみられる木造建築の跡が見つかったと、滋賀県立大人間文化学研究科博士後期課程の中川永さん(27)らのグループが4日発表した。グループによると、水中遺跡で木造建築の遺構が分かる柱の発見は極めて珍しいという。地震で水没したとみられ、中川さんは「地震の以前は長浜城の敷地がさらに広かったことを示す遺構」としている。

 同大の学術サークル「琵琶湖水中考古学研究会」が確認した。遺構は、2014年8月、湖岸にある「太閤井戸跡」から西約100メートル、水深1・8メートル地点で発見。幅1・8メートル、奥行き2・1メートルあり、高さ13センチ~65センチの柱8本を確認した。

 8本のうち4本は建物の四隅の柱、2本はひさしの柱とみられ、形状などから建物は社のようなものとしている。放射性炭素年代測定で柱の木は1800年代初頭に伐採されたと分かった。

 中川さんによると、江戸期の琵琶湖岸の標高は約85メートル。発見地点が82・6メートルであることから、1819年の「文政近江地震」で水没したと推定した。

 長浜城跡は現在の豊公園。同城は1615年の大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後は廃城となり、その後は田畑になったと伝わる。中川さんは「今回の調査で現在地よりはるか沖合に長浜城の敷地が広がっていたと考えられる」としている。

 琵琶湖底の遺跡を調査してきた林博通・県立大名誉教授は「柱がそのままの状態で発見されたのは水中遺跡研究史上、画期的」と話し、日本の城郭に詳しい県立大の中井均教授は「長浜城の敷地が水没したことが明らかとなった。今後の調査に期待できる」としている。

 14、15の両日午前10時から彦根市八坂町の県立大で報告会を行う。

【 2015年11月04日 23時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供
  • 発見現場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      屋台の油かかり10人やけど
      北九州の祭り、5歳児重傷

      20160725000002

       24日午後9時ごろ、北九州市戸畑区で開かれた祭り「戸畑祇園大山笠」の会場付近で、調理用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      F1、ハミルトンが3連勝
      ハンガリーGP

      20160725000001

       【モジョロード(ハンガリー)共同】自動車のF1シリーズ第11戦、ハンガリー・グランプリ..... [ 記事へ ]

      経済

      子牛増産へ京都府が対策本腰 TPP見据え反転狙う

      20160724000025

       京都府内で子牛の生産頭数が減少する中、府は本年度から、妊娠しにくくなった雌牛を引き取っ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      金銀の龍、海上に舞う 京都・天橋立で出船祭

      20160724000124

       天橋立の伝統行事「出船祭」が24日夜、京都府宮津市文珠の智恩寺などで催された。寺近くの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      水の大切さ、環境保全を考える 大津でイベント

      20160724000038

       水の大切さや環境保全などを考えるイベント「水辺の匠(たくみ)」が23日、大津市黒津4丁..... [ 記事へ ]