出版案内
福祉事業団
47NEWS

琵琶湖の底に木造建築跡 江戸後期、地震で水没か

琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供
琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供

 滋賀県長浜市公園町の豊公園沖の琵琶湖底から、江戸時代後期とみられる木造建築の跡が見つかったと、滋賀県立大人間文化学研究科博士後期課程の中川永さん(27)らのグループが4日発表した。グループによると、水中遺跡で木造建築の遺構が分かる柱の発見は極めて珍しいという。地震で水没したとみられ、中川さんは「地震の以前は長浜城の敷地がさらに広かったことを示す遺構」としている。

 同大の学術サークル「琵琶湖水中考古学研究会」が確認した。遺構は、2014年8月、湖岸にある「太閤井戸跡」から西約100メートル、水深1・8メートル地点で発見。幅1・8メートル、奥行き2・1メートルあり、高さ13センチ~65センチの柱8本を確認した。

 8本のうち4本は建物の四隅の柱、2本はひさしの柱とみられ、形状などから建物は社のようなものとしている。放射性炭素年代測定で柱の木は1800年代初頭に伐採されたと分かった。

 中川さんによると、江戸期の琵琶湖岸の標高は約85メートル。発見地点が82・6メートルであることから、1819年の「文政近江地震」で水没したと推定した。

 長浜城跡は現在の豊公園。同城は1615年の大坂夏の陣で豊臣家が滅亡した後は廃城となり、その後は田畑になったと伝わる。中川さんは「今回の調査で現在地よりはるか沖合に長浜城の敷地が広がっていたと考えられる」としている。

 琵琶湖底の遺跡を調査してきた林博通・県立大名誉教授は「柱がそのままの状態で発見されたのは水中遺跡研究史上、画期的」と話し、日本の城郭に詳しい県立大の中井均教授は「長浜城の敷地が水没したことが明らかとなった。今後の調査に期待できる」としている。

 14、15の両日午前10時から彦根市八坂町の県立大で報告会を行う。

【 2015年11月04日 23時00分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖底で発見された社の建物部分と見られる柱(右)とひさし部分と見られる柱=滋賀県立大琵琶湖水中考古学研究会提供
  • 発見現場
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      手話条例あるなら議員も覚えなきゃ 京都市会で研修、懸命に

      20160928000162

       手話に対する理解を深めようと、京都市議会は28日、市議を対象とした手話研修を行った。市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ジョコビッチが肘故障で欠場
      中国オープン

      20160929000006

       男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が28日、自身の公式サ..... [ 記事へ ]

      経済

      OPEC、増産凍結見送りも
      非公式会合 イラン同意せず

      20160929000004

       【アルジェ共同】石油輸出国機構(OPEC)は28日、アルジェリアの首都アルジェで原油の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      インド・ムガール帝国宝飾美の軌跡 滋賀・甲賀で特別展

      20160928000179

       王族たちが作らせてきたインドの宝飾文化を紹介する2016年秋季特別展「ムガール皇帝とマ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      カラフルに子どもたちの力作ズラリ 京都市美術館で市立校作品展

      20160928000171

       京都市立学校に通う子どもの作品展が28日、左京区の市美術館で始まった。絵画や書道など力..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥取砂丘で月面探査車試験
      国際コンテスト参加の民間チーム

      20160927000116

       民間による月面探査一番乗りを競う国際コンテストに参加している日本の民間チーム「HAKU..... [ 記事へ ]