出版案内
福祉事業団
47NEWS

ゲーセン、高齢者の場に 金銭負担少なく老化防止

クレーンゲームを楽しむ高齢者。運営会社は遊び方を教える取り組みなどでシニア層の誘客を図っている(京都市右京区・イオンモール京都五条のプラサカプコン)
クレーンゲームを楽しむ高齢者。運営会社は遊び方を教える取り組みなどでシニア層の誘客を図っている(京都市右京区・イオンモール京都五条のプラサカプコン)

 ゲームセンターを利用する高齢者が近年増えている。金銭的な負担が小さい上、適度に頭脳や体を使うことから老化防止にもつながるためだ。運営会社はシニア向けの特典を設けるなど、取り込みを図っている。

 ゲームソフトメーカーのカプコン(大阪市)は今秋、京都市右京区のイオンモール京都五条内で運営しているゲームセンターで、50歳以上を対象にメダルゲームやクレーンゲームのこつを教える催しを開いた。

 参加した近くの無職男性(75)はほぼ毎日訪れ、3~4時間楽しむといい、メダルゲームについて「残ったメダルは店に預けることができるため1週間に千円程度で楽しめる。手と頭を使うので病気の予防にもなる」と話す。

 このゲームセンターでは、メダルゲームコーナーの約3割を高齢者が占め、常連客同士の交流も生まれているという。カプコンは3年前から同様の教室を全国で開いており、「介助知識を持つスタッフを増やすなどして、高齢者も楽しめる環境を整えたい」(広報IR室)とする。

 日本アミューズメント産業協会(東京)によると、ゲームセンターの市場規模は2012年度に4700億円で、6年前から約3割縮小した。背景には少子化やスマートフォン用ゲームの普及があるとみられる。

 一方で高齢化が進み、1人で利用したり、孫と一緒に訪れたりするシニア層が増えているという。運営会社は「シニアデー」の設定や血圧計の設置などで受け入れ体制を拡充している。

 幅広い層の利用を促すことが、高齢者が入りやすい環境づくりにつながるとの考え方も。全国でゲームセンターを展開するナムコ(東京)は「『高齢者向け』と銘打った取り組みに抵抗感を持つ人もいる」(社長室)として、年齢にかかわらず、常連客に声をかける活動などを進めている。

【 2015年11月18日 17時00分 】

ニュース写真

  • クレーンゲームを楽しむ高齢者。運営会社は遊び方を教える取り組みなどでシニア層の誘客を図っている(京都市右京区・イオンモール京都五条のプラサカプコン)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      横浜事件、国賠は遺族敗訴
      違法捜査認定も責任なし

      20160630000077

       戦時下最大の言論弾圧とされる横浜事件の再審で免訴の判決が確定した元被告2人の遺族が、裁..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山県「9秒台目指す」
      2度目の舞台へ意気込み

      20160630000074

       陸上男子100メートルでリオデジャネイロ五輪に出場する山県亮太が30日、東京都内で所属..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時200ドル高

      20160629000184

       【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      洋式トイレでスッキリ参拝 京都・伏見稲荷大社

      20160630000062

       伏見稲荷大社(京都市伏見区)が、和式便器しかなかった境内のトイレの多くを洋式に切り替え..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・京丹波を「ホッケーの聖地」に 指導者招き小学校で授業

      20160629000026

       ホッケーの好選手を多く輩出する京都府京丹波町で本年度から、小学校の授業に町ホッケー協会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      天然スギ20本超初確認 京都・舞鶴と高浜にまたがる青葉山

      20160630000033

       京都府舞鶴市と福井県高浜町にまたがる青葉山の高浜町域に、氷河期の生き残りの子孫とみられ..... [ 記事へ ]