出版案内
福祉事業団
47NEWS

北山杉の里に溶け込む錦 京都・常照皇寺

深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から
深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から

 雨上がりの朝。11月上旬、ひらりひらりと散りゆく紅葉が秋の深まりを告げていた。京都市右京区京北の古刹(こさつ)・常照皇寺。野鳥の声に交ざりドローンのプロペラ音が、常緑のスギやヒノキの木立に溶け込む。

 境内の裏山も敷地という。開山堂やかやぶき屋根の「方丈」など建造物を囲むように、庭園や裏山に数十本のヤマモミジやサクラが植わる。上空からは、連なる屋根が赤や黄に染まる木々の海に浮かぶように見える。

 常照皇寺は、1362年に創建された皇室ゆかりの禅寺。春は国の天然記念物「九重桜」などサクラの名木が咲き誇り、秋は紅葉が彩る。都大路から北へ車で1時間ほど。静かで趣深い情緒が漂う。

 高度が100メートル以上に達する。錦秋の山並みを縫って流れる桂川上流、北山杉の里・京北の集落。寺の人も「今まで見たことがない特別な景色」と、写った画像に見入る。

 1200年以上の歴史を持つ北山杉はかつて、いかだを組んで桂川を下り、都へ運ばれた。冬へ急ぐ紅葉前線も、山里から京の町へと移っていった。

【 2015年11月29日 12時22分 】

ニュース写真

  • 深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      日中韓首脳会談「年内に」
      安倍首相が意欲

      20160825000060

       安倍晋三首相は25日午前、日中韓首脳会談を年内に日本で開催する意欲を示した。羽田空港で..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルビッシュは勝ち負け付かず
      レッズ戦

      20160825000062

       ▽レッズ―レンジャーズ(24日・シンシナティ) レンジャーズのダルビッシュは先発で6回を..... [ 記事へ ]

      経済

      ホンダ、国内でNSX発売
      10年ぶり復活、2370万円

      20160825000056

       ホンダは25日、約10年ぶりに復活した高級スポーツカー「NSX」を国内で発売し、受注を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      風呂好き、差別しない…イスラムの素顔知って 同大教授が出版 

      20160825000064

       テロのニュースが連日のように紙面をにぎわせ、イスラムは「怖い」「危険」というイメージが..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      滋賀県内「少雨の夏」 琵琶湖もマイナス40センチ超す

      20160824000150

       滋賀県内は7月以降、降水量が平年より大幅に少ない「少雨の夏」になっている。特に8月に入..... [ 記事へ ]