出版案内
福祉事業団
47NEWS

北山杉の里に溶け込む錦 京都・常照皇寺

深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から
深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から

 雨上がりの朝。11月上旬、ひらりひらりと散りゆく紅葉が秋の深まりを告げていた。京都市右京区京北の古刹(こさつ)・常照皇寺。野鳥の声に交ざりドローンのプロペラ音が、常緑のスギやヒノキの木立に溶け込む。

 境内の裏山も敷地という。開山堂やかやぶき屋根の「方丈」など建造物を囲むように、庭園や裏山に数十本のヤマモミジやサクラが植わる。上空からは、連なる屋根が赤や黄に染まる木々の海に浮かぶように見える。

 常照皇寺は、1362年に創建された皇室ゆかりの禅寺。春は国の天然記念物「九重桜」などサクラの名木が咲き誇り、秋は紅葉が彩る。都大路から北へ車で1時間ほど。静かで趣深い情緒が漂う。

 高度が100メートル以上に達する。錦秋の山並みを縫って流れる桂川上流、北山杉の里・京北の集落。寺の人も「今まで見たことがない特別な景色」と、写った画像に見入る。

 1200年以上の歴史を持つ北山杉はかつて、いかだを組んで桂川を下り、都へ運ばれた。冬へ急ぐ紅葉前線も、山里から京の町へと移っていった。

【 2015年11月29日 12時22分 】

ニュース写真

  • 深い緑色のスギやヒノキの木立に囲まれた境内を色鮮やかに彩る紅葉(11月10日、京都市右京区京北町・常照皇寺)=小型無人機から
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      くまモン特別機、大空へ
      ソラシドが地震復興支援

      20160726000027

       熊本地震の復興を支援しようと、ソラシドエア(宮崎市)は26日、熊本県のPRキャラクター..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都マラソン定員拡大で参加募集中 駅伝発祥100年記念

      20160726000029

       京都マラソン実行委員会は、来年2月19日に開催する「京都マラソン2017」の参加者を募..... [ 記事へ ]

      経済

      孫氏、アーム買収で雇用方針説明
      英首相と会談

      20160726000008

       【ロンドン共同】ソフトバンクグループの孫正義社長は25日、英国のメイ首相とロンドンで会..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      文化都市京都の創生提言 「日本人の忘れもの」知恵会議

      20160725000147

       京都から、次世代に伝えるべき文化を考える京都新聞のキャンペーン「日本人の忘れもの」知恵..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自由研究どうすればいい? 京都4施設の職員に相談

      20160724000061

       京都市動物園、府立植物園、京都水族館、市青少年科学センターによる「夏休みの宿題いきもの..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      希少トカゲ、違法に日本で売買か
      マレーシアが取引禁止提案

      20160725000023

       マレーシアとインドネシアのボルネオ島(カリマンタン島)だけに生息する希少な爬虫類「ボル..... [ 記事へ ]