出版案内
福祉事業団
47NEWS

オーロラ爆発の仕組み解明 京大、発生場所予測に期待

夜空の一点から急激にあふれ出した光が広がる「オーロラ爆発」(海老原准教授提供)
夜空の一点から急激にあふれ出した光が広がる「オーロラ爆発」(海老原准教授提供)

 極地の夜空に輝くオーロラが急激に明るく光り出す「オーロラ爆発」の発生する仕組みを京都大生存圏研究所の海老原祐輔准教授らの研究グループが解明した。オーロラ爆発は、大規模停電や人工衛星の機能障害などをもたらすことがあり、予測の可能性を高める重要な発見という。米科学誌で21日、発表した。

 オーロラ爆発は、夜空の一点から急激に光があふれだし西方向へ広がる現象で、宇宙空間に向けて大量の電流が流れることで発生する。原因は不明で、発生の場所や時間が予測しづらく、天体ファンだけでなく多くの科学者の関心も引きつけてきた。

 海老原准教授らは、宇宙空間のプラズマと磁場の相互作用を計算する「電磁流体方程式」を用い、オーロラ爆発をコンピューターでシミュレーションした。

 結果、極地から延びる磁力線に沿ってプラズマが流れ込む様子を再現できた。極地周辺の上空に集まったプラズマが回転運動を始め、地球から宇宙空間に向け電流が放出されて増光。その周辺で電気が余り、さらにプラズマを回転させることで、電流の流れる部分が広がっていった。

 海老原准教授は「宇宙と地球がダイナミックに作用し合って発生すると分かった。生活にも深刻な影響を与えるオーロラ爆発の全容を解明するきっかけとなってほしい」と話した。

【 2015年12月21日 22時30分 】

ニュース写真

  • 夜空の一点から急激にあふれ出した光が広がる「オーロラ爆発」(海老原准教授提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      放置自転車に「目」光らせる 京都市内で新たな看板設置進む

      20160729000128

       京都市は29日、放置自転車を警告する看板などを新しくし、市中心部で設置を始めた。市内の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池田67、通算3アンダー
      全米プロゴルフ第2日

      20160730000001

       【スプリングフィールド(米ニュージャージー州)共同】男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プ..... [ 記事へ ]

      経済

      「1億円」の重み体感 日銀京都支店で親子セミナー

      20160729000158

       日本銀行の仕事やお金について学ぶ夏休み親子セミナーが29日、京都市中京区の日銀京都支店..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      バイオリニスト松尾さんが京都府庁訪問 育樹祭ナビゲーター

      20160729000127

       京都府内で10月に開かれる全国育樹祭のナビゲーターで、バイオリニストの松尾依里佳さん(..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      傾いて泳ぐサメ発見
      エネルギー節約か、極地研

      20160729000142

       サメの一種「ヒラシュモクザメ」が、海の中で体を横に傾ける変わった姿勢で泳ぐことを発見し..... [ 記事へ ]