出版案内
福祉事業団
47NEWS

秀吉ゆかり、幻のブドウ発見か 京都の民家軒先に

京都市東山区の民家の軒先で育ち、実を付けた聚楽葡萄とみられる古来品種のブドウ(2015年7月、大和葡萄酒提供)
京都市東山区の民家の軒先で育ち、実を付けた聚楽葡萄とみられる古来品種のブドウ(2015年7月、大和葡萄酒提供)

 京都でかつて栽培された「聚楽葡萄(じゅらくぶどう)」とみられるブドウが、京都市東山区の民家で見つかった。豊臣秀吉へ、中国・明から贈られたとの説もある「幻のブドウ」で、長年、探索を続けてきた山梨県のワインメーカーの社長が、軒先に植えられているのを偶然見つけた。鑑定で日本の古来品種であることが確認された。現在、苗木を山梨県で育てているが、「歴史ある京都にとって貴重なブドウ。京都で栽培し、ワインにしたい」と話す。

 見つけたのは、山梨県甲州市勝沼町でワインメーカー「大和葡萄(ぶどう)酒」を経営する萩原保樹さん(52)。同じ古来品種の「甲州葡萄」を使ったワインを開発するなど、独自の国産ワインづくりに取り組んでいる。「巨峰」の生みの親で知られる故大井上(おおいのうえ)康さんの著書「葡萄之研究」を読み、聚楽に興味を持ったという。

 2012年の夏、出張で京都を訪れた際、散歩中に聚楽と思われるブドウを見つけた。枝を譲り受けて検証を進め、15年夏に専門機関に依頼してDNA鑑定をしたところ、鎌倉時代に栽培が始まった甲州と同じ古来品種と分かった。民家の住人に聞くと、代々植えられている木で、別の土地から持ち込まれた可能性は考えにくいという。

 萩原さんによると、聚楽の来歴や特性は定かではないが、葡萄之研究には「支那産品種と密接なる関係を存する」とある。

 起源については、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、朝鮮半島から持ち帰った▽関白となった秀吉に明が贈った▽行商人が苗を京都に持ち込み、京都の松屋町通上長者町に植えた-など諸説ある。ただ、京都の市街地開発で栽培が減り、葡萄之研究が書かれた1930(昭和5)年時点で、一部の民家に残るだけとされていた。

 古来品種は甲州や聚楽のほか、「紫葡萄」や「天草高浜葡萄」など計7種類あり、いずれもルーツは同じとされる。萩原さんは今回見つかった聚楽とみられる古来品種について、「京都は日本の文化の発祥地。各地の古来品種のブドウもここから広がったと思う。京都の宝として、京都の地で栽培を目指したい」と話している。

【 2016年01月07日 17時10分 】

ニュース写真

  • 京都市東山区の民家の軒先で育ち、実を付けた聚楽葡萄とみられる古来品種のブドウ(2015年7月、大和葡萄酒提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      路上で女性刺され死亡、浜松
      殺人容疑で男逮捕

      20160701000003

       6月30日午後10時20分ごろ、浜松市東区小池町の路上で通行人が「首や胸を刺された女性..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イブラヒモビッチ、来季はマンU
      フェイスブックで公表

      20160701000009

       サッカーの欧州選手権で敗退し、スウェーデン代表からの引退を表明したFWイブラヒモビッチ..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      15世紀ごろの屋敷跡出土 京都嵐山の嵯峨遺跡、陶磁器も発見

      20160630000143

       京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町の発掘調査で、15~16世紀の有力者の屋敷とみられる遺構が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]