出版案内
福祉事業団
47NEWS

ALS原因分解タンパク質発見 京大

 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で見られる凝集物の分解に関わるタンパク質を、京都大医学研究科の漆谷真准教授と元大学院生の内田司さんらのグループが見つけた。ALSの治療法の開発につながる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで11日発表した。

 ALSでは、脳や脊髄にタンパク質「TDP43」の異常な構造体が凝集しており、運動神経の変性を招く原因と考えられている。本来、細胞には異常なタンパク質を処理する機構が備わっているが、TDP43については詳しい仕組みがよく分かっていなかった。

 グループは、タンパク質のCUL2とVHLが結合した分子が異常な構造のTDP43を認識し、別の酵素による分解につなげていることを突き止めた。ALSでは、この仕組みが破綻し、VHLが異常に多く作られるようになり、VHLとTDP43が結合した分子が凝集することが分かった。CUL2とVHLは、他のタンパク質の分解でも働いている。

 漆谷准教授は「VHLを阻害したり、CUL2を増やしたりする薬剤はALSの治療薬の候補となる可能性がある」と話している。

【 2016年01月11日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      殺人容疑で男に逮捕状、和歌山
      発砲後に会社の車で逃走か

      20160829000094

       和歌山市の建設会社「和大興業」で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、和歌山県警は29日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、土居は初戦敗退
      全米オープン開幕

      20160830000005

       【ニューヨーク共同】テニスの四大大会最終戦、全米オープンは29日、ニューヨークのビリー..... [ 記事へ ]

      経済

      極薄板ガラスと銅配線を組み合わせる 日電硝がシート開発

      20160829000119

       日本電気硝子は、タッチパネル用のセンサーシートで、曲げることができる極薄板ガラスと銅配..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      歴史都市、発掘に困難も 世界考古学会議京都大会

      20160829000134

       同志社大(京都市上京区)で開催中の「世界考古学会議第8回京都大会(WAC8)」は29日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      答えのない授業、高校生挑む 京大で開催 「若い発想大切に」

      20160829000135

       著書「ミライの授業」などで若い世代に知の力を伝授する京都大客員准教授瀧本哲史さんが、高..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      猿人も木から落ちる
      ルーシーは転落死と米研究チーム

      20160830000007

       約320万年前に生息していた初期人類の一種で、「ルーシー」の名前で知られる女性の猿人は..... [ 記事へ ]