出版案内
福祉事業団
47NEWS

ALS原因分解タンパク質発見 京大

 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で見られる凝集物の分解に関わるタンパク質を、京都大医学研究科の漆谷真准教授と元大学院生の内田司さんらのグループが見つけた。ALSの治療法の開発につながる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで11日発表した。

 ALSでは、脳や脊髄にタンパク質「TDP43」の異常な構造体が凝集しており、運動神経の変性を招く原因と考えられている。本来、細胞には異常なタンパク質を処理する機構が備わっているが、TDP43については詳しい仕組みがよく分かっていなかった。

 グループは、タンパク質のCUL2とVHLが結合した分子が異常な構造のTDP43を認識し、別の酵素による分解につなげていることを突き止めた。ALSでは、この仕組みが破綻し、VHLが異常に多く作られるようになり、VHLとTDP43が結合した分子が凝集することが分かった。CUL2とVHLは、他のタンパク質の分解でも働いている。

 漆谷准教授は「VHLを阻害したり、CUL2を増やしたりする薬剤はALSの治療薬の候補となる可能性がある」と話している。

【 2016年01月11日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      ようやく普段の生活に
      サミット会場の賢島

      20160528000030

       主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の主会場・志摩観光ホテルがあるため、1週間前から実施..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道五輪代表の中村、近藤がV
      マスターズ大会第1日

      20160528000031

       【グアダラハラ(メキシコ)共同】柔道の世界ランキング上位で争うマスターズ大会第1日は2..... [ 記事へ ]

      経済

      自動運転でトラック隊列
      いすゞと日野が共同開発へ

      20160527000109

       いすゞ自動車と日野自動車は27日、トラックの自動運転技術を共同で開発すると発表した。車..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      水墨、浮遊する生命感 京都・芳春院の襖絵が完成

      20160527000152

       京都市北区の大徳寺塔頭・芳春院の襖(ふすま)絵が完成し、特別拝観に先駆けて27日、関係..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「青い目の人形」 贈り主の孫夫妻 京都・高倉小を訪問

      20160527000026

       日米友好の懸け橋として戦前に米国から贈られた「青い目の人形」がある京都市中京区の高倉小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      米宇宙船と日本衛星相乗り
      月面着陸にも挑戦

      20160527000124

       米航空宇宙局(NASA)は27日、2018年に予定する次世代宇宙船「オリオン」の無人試..... [ 記事へ ]