出版案内
福祉事業団
47NEWS

ALS原因分解タンパク質発見 京大

 運動神経が変性して全身が動かなくなる難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で見られる凝集物の分解に関わるタンパク質を、京都大医学研究科の漆谷真准教授と元大学院生の内田司さんらのグループが見つけた。ALSの治療法の開発につながる成果で、英科学誌サイエンティフィック・リポーツで11日発表した。

 ALSでは、脳や脊髄にタンパク質「TDP43」の異常な構造体が凝集しており、運動神経の変性を招く原因と考えられている。本来、細胞には異常なタンパク質を処理する機構が備わっているが、TDP43については詳しい仕組みがよく分かっていなかった。

 グループは、タンパク質のCUL2とVHLが結合した分子が異常な構造のTDP43を認識し、別の酵素による分解につなげていることを突き止めた。ALSでは、この仕組みが破綻し、VHLが異常に多く作られるようになり、VHLとTDP43が結合した分子が凝集することが分かった。CUL2とVHLは、他のタンパク質の分解でも働いている。

 漆谷准教授は「VHLを阻害したり、CUL2を増やしたりする薬剤はALSの治療薬の候補となる可能性がある」と話している。

【 2016年01月11日 22時30分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      先斗町防火へ初会合 京都、住民ら避難誘導など議論

      20160728000153

       京都市中京区の先斗町で5日に発生した火災を受け、地元の住民団体や行政機関で結成した「先..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、錦織が準々決勝進出
      ロジャーズ杯

      20160729000006

       【トロント共同】テニスのロジャーズ・カップは28日、トロントで行われ、男子シングルス3..... [ 記事へ ]

      経済

      ジャンボ機の生産終了検討
      受注低迷で米ボーイング

      20160729000004

       【ニューヨーク共同】米大手航空機メーカーのボーイングが「ジャンボ」の愛称で知られる大型..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暮れなずむ湖上、息災願い炎舞う 大津・唐崎神社、みたらし祭

      20160728000169

       疲れや悩みを癒やし今後の無病息災を願う「みたらし祭」が28日、大津市唐崎1丁目の唐崎神..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植物細胞内の体内時計、昼夜存在で整然と機能 京大グループ発表

      20160728000024

       植物の体内時計は、個々の細胞のリズムは不安定だが、昼と夜がある条件では時計がそろって整..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]