出版案内
福祉事業団

京都のレア洋書、アートに 美術家が豪で出品

日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記

 京都府立図書館(京都市左京区)が所蔵する100年以上前の貴重な洋書が、京都の若手美術家とともに初めて海を渡る。オーストラリアで3月に開幕する国際美術展に招待された美術家が出品作の一部とするためで、古い洋書が新しい創作を導き出す。

 この洋書は、大森貝塚の発見で知られる明治期の学者エドワード・モースが記した日本陶芸に関するカタログ(図録)と日本滞在中の日記2冊の計3冊。カタログは縄文土器など日本の陶器に関心を寄せていたモースが、各地で収集した膨大な陶器を産地別、窯別に詳細な図入りで整理分類。日本陶芸史を初めて体系的にまとめており、既に消えた地方の窯の陶器も含まれている。1901年、米国で出版され、同館は18年に入手した。全国で十数冊確認されているという。

 長く書庫に眠っていたこの本に光を当てるのは、美術家中村裕太さん(32)=下京区。廃れた窯近くの河川など各地で拾い集めた陶片やタイルを素材に、土地の歴史や記憶を結びつけた創作を行う。世界有数の歴史を誇る国際展「シドニー・ビエンナーレ」招待を機に、モースの著作を題材に作品化を考えた。

 中村さんは、モースが日記につづった旅や生活の中で歩いた道を現代にたどり直し、そこで見つけた陶片を、カタログや日記と並べたいという。「モースが関心を寄せていた近世は、地方の陶工が風土に根付いた陶器を作り出した。画一化して地域色が見いだしにくい今、彼が見ていた日本を探る展示にしたい」と語る。同館総務課の福島幸宏さん(43)は「100年間図書館が大事にしてきた資料の価値を美術家の方が掘り起こし、新たな創造につなげてくれてうれしい」と喜ぶ。

【 2016年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      ライオンにかまれ2人重傷、千葉
      撮影動物の飼育施設

      20170123000072

       23日午前11時ごろ、撮影用の動物を飼育している千葉県成田市吉岡の「湘南動物プロダクシ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中WBC不参加表明
      楽天時代に2大会出場

      20170123000063

       米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が23日、仙台市内で自主トレーニングを公開し、3月..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、4年連続の賃上げ求める
      榊原会長、主要企業に

      20170123000062

       経団連は23日、2017年の春闘で主要企業の労使が意見を交わす「労使フォーラム」を東京..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      遺跡出土、古代の「トリ」色とりどり 滋賀、安土城考古博物館

      20170123000027

       今年のえと「酉(とり)」にちなんだ企画展が滋賀県近江八幡市の県立安土城考古博物館で開か..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      銅駝美工高、京都駅東地区に移転へ 市立芸大と連携

      20170123000014

       京都市と市教育委員会が銅駝美術工芸高(中京区)を下京区の京都駅東地区へ移転させる方向で..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      防衛省初衛星24日打ち上げ
      種子島から午後、H2Aで

      20170122000088

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は22日、防衛省が初めて保有し運用する通信..... [ 記事へ ]