出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都のレア洋書、アートに 美術家が豪で出品

日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記

 京都府立図書館(京都市左京区)が所蔵する100年以上前の貴重な洋書が、京都の若手美術家とともに初めて海を渡る。オーストラリアで3月に開幕する国際美術展に招待された美術家が出品作の一部とするためで、古い洋書が新しい創作を導き出す。

 この洋書は、大森貝塚の発見で知られる明治期の学者エドワード・モースが記した日本陶芸に関するカタログ(図録)と日本滞在中の日記2冊の計3冊。カタログは縄文土器など日本の陶器に関心を寄せていたモースが、各地で収集した膨大な陶器を産地別、窯別に詳細な図入りで整理分類。日本陶芸史を初めて体系的にまとめており、既に消えた地方の窯の陶器も含まれている。1901年、米国で出版され、同館は18年に入手した。全国で十数冊確認されているという。

 長く書庫に眠っていたこの本に光を当てるのは、美術家中村裕太さん(32)=下京区。廃れた窯近くの河川など各地で拾い集めた陶片やタイルを素材に、土地の歴史や記憶を結びつけた創作を行う。世界有数の歴史を誇る国際展「シドニー・ビエンナーレ」招待を機に、モースの著作を題材に作品化を考えた。

 中村さんは、モースが日記につづった旅や生活の中で歩いた道を現代にたどり直し、そこで見つけた陶片を、カタログや日記と並べたいという。「モースが関心を寄せていた近世は、地方の陶工が風土に根付いた陶器を作り出した。画一化して地域色が見いだしにくい今、彼が見ていた日本を探る展示にしたい」と語る。同館総務課の福島幸宏さん(43)は「100年間図書館が大事にしてきた資料の価値を美術家の方が掘り起こし、新たな創造につなげてくれてうれしい」と喜ぶ。

【 2016年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      本庁舎表玄関、車いす入れず 京都市役所の整備素案

      20160525000147

       京都市の新庁舎整備事業で、昭和初期に完成した本庁舎を含めた整備内容やバリアフリー化の素..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      水上と水中で美しく躍動 シンクロ日本代表、大阪で公開練習

      20160525000139

       リオデジャネイロ五輪に出場するシンクロナイズドスイミングの日本代表は25日、大阪府門真..... [ 記事へ ]

      経済

      三菱自、ユーザー補償191億円
      ガソリンと減税分

      20160525000125

       三菱自動車は25日、燃費不正問題の影響で、4月下旬に公表した2016年3月期連結決算を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      染めや織りの多彩な技巧、鮮やかに 京都で日本伝統工芸染色展

      20160525000158

       創意に満ちた着物や帯を紹介する「日本伝統工芸染織展」(京都新聞、日本工芸会など主催)が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生数低迷、老朽化…京大など原子力教育先細りも

      20160524000131

       東京電力福島第1原発事故後、約2年間止まっている京都大と近畿大の研究用原子炉が原子力規..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      韓国でコウノトリひな誕生
      ルーツは兵庫・豊岡

      20160525000111

       兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は25日、韓国西部の忠清南道・礼山にある飼育..... [ 記事へ ]