出版案内
福祉事業団

京都のレア洋書、アートに 美術家が豪で出品

日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記

 京都府立図書館(京都市左京区)が所蔵する100年以上前の貴重な洋書が、京都の若手美術家とともに初めて海を渡る。オーストラリアで3月に開幕する国際美術展に招待された美術家が出品作の一部とするためで、古い洋書が新しい創作を導き出す。

 この洋書は、大森貝塚の発見で知られる明治期の学者エドワード・モースが記した日本陶芸に関するカタログ(図録)と日本滞在中の日記2冊の計3冊。カタログは縄文土器など日本の陶器に関心を寄せていたモースが、各地で収集した膨大な陶器を産地別、窯別に詳細な図入りで整理分類。日本陶芸史を初めて体系的にまとめており、既に消えた地方の窯の陶器も含まれている。1901年、米国で出版され、同館は18年に入手した。全国で十数冊確認されているという。

 長く書庫に眠っていたこの本に光を当てるのは、美術家中村裕太さん(32)=下京区。廃れた窯近くの河川など各地で拾い集めた陶片やタイルを素材に、土地の歴史や記憶を結びつけた創作を行う。世界有数の歴史を誇る国際展「シドニー・ビエンナーレ」招待を機に、モースの著作を題材に作品化を考えた。

 中村さんは、モースが日記につづった旅や生活の中で歩いた道を現代にたどり直し、そこで見つけた陶片を、カタログや日記と並べたいという。「モースが関心を寄せていた近世は、地方の陶工が風土に根付いた陶器を作り出した。画一化して地域色が見いだしにくい今、彼が見ていた日本を探る展示にしたい」と語る。同館総務課の福島幸宏さん(43)は「100年間図書館が大事にしてきた資料の価値を美術家の方が掘り起こし、新たな創造につなげてくれてうれしい」と喜ぶ。

【 2016年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北陸新幹線、小浜京都で大筋合意
      与党PT、20日にも決定

      20161207000140

       北陸新幹線で未着工となっている福井県・敦賀以西のルートを巡り、与党整備新幹線建設推進プ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー・クラブW杯、8日開幕
      鹿島、1回戦へ最終調整

      20161207000136

       サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)は8日に横浜市の日産スタジア..... [ 記事へ ]

      経済

      セブン、創業者次男が昇格
      グループ構造改革を主導へ

      20161207000135

       セブン&アイ・ホールディングスは7日、創業者次男の伊藤順朗執行役員(58)を、19日付..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      写真と映像で振り返る1年 京都で報道展、本紙ドローン企画も

      20161207000058

       写真とニュース映像でこの1年を振り返る「第61回新聞・通信・テレビ・ニュース報道展」(..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新マークは「みんなのトイレ」 京都精華大、性的少数者に配慮

      20161207000056

       京都精華大(京都市左京区)が、学内の多目的トイレのマークを変更した。車いす利用者のイラ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ヤマネコ事故死過去最多、西表島
      今年7件目

      20161207000125

       環境省は7日、沖縄県・西表島(竹富町)に生息し、絶滅の恐れのある国の特別天然記念物イリ..... [ 記事へ ]