出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都のレア洋書、アートに 美術家が豪で出品

日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記

 京都府立図書館(京都市左京区)が所蔵する100年以上前の貴重な洋書が、京都の若手美術家とともに初めて海を渡る。オーストラリアで3月に開幕する国際美術展に招待された美術家が出品作の一部とするためで、古い洋書が新しい創作を導き出す。

 この洋書は、大森貝塚の発見で知られる明治期の学者エドワード・モースが記した日本陶芸に関するカタログ(図録)と日本滞在中の日記2冊の計3冊。カタログは縄文土器など日本の陶器に関心を寄せていたモースが、各地で収集した膨大な陶器を産地別、窯別に詳細な図入りで整理分類。日本陶芸史を初めて体系的にまとめており、既に消えた地方の窯の陶器も含まれている。1901年、米国で出版され、同館は18年に入手した。全国で十数冊確認されているという。

 長く書庫に眠っていたこの本に光を当てるのは、美術家中村裕太さん(32)=下京区。廃れた窯近くの河川など各地で拾い集めた陶片やタイルを素材に、土地の歴史や記憶を結びつけた創作を行う。世界有数の歴史を誇る国際展「シドニー・ビエンナーレ」招待を機に、モースの著作を題材に作品化を考えた。

 中村さんは、モースが日記につづった旅や生活の中で歩いた道を現代にたどり直し、そこで見つけた陶片を、カタログや日記と並べたいという。「モースが関心を寄せていた近世は、地方の陶工が風土に根付いた陶器を作り出した。画一化して地域色が見いだしにくい今、彼が見ていた日本を探る展示にしたい」と語る。同館総務課の福島幸宏さん(43)は「100年間図書館が大事にしてきた資料の価値を美術家の方が掘り起こし、新たな創造につなげてくれてうれしい」と喜ぶ。

【 2016年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      分裂山口組の抗争、37件発生
      3月以降、17都道府県で

      20160825000089

       警察庁の坂口正芳長官は25日の記者会見で、分裂した指定暴力団山口組と神戸山口組が対立抗..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イチローは3打数1安打
      ロイヤルズ戦

      20160825000065

       ▽マーリンズ―ロイヤルズ(24日・マイアミ) マーリンズのイチローは「6番・右翼」で出場..... [ 記事へ ]

      経済

      ホンダ、国内でNSX発売
      10年ぶり復活、2370万円

      20160825000056

       ホンダは25日、約10年ぶりに復活した高級スポーツカー「NSX」を国内で発売し、受注を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・醍醐寺の寺宝展、中国で人気 文化交流一助に期待

      20160825000071

       中国・西安市の陝西(せんせい)歴史博物館で開催中の醍醐寺(京都市伏見区)の寺宝を紹介す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大津の中学美術部員、芸術を語ろう 27日に初サミット

      20160823000041

       美術部に所属する京滋の中学生が集まり、芸術の未来について語り合う初の「中学生美術部サミ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      伊方再稼働後、初の訓練へ
      来月4日、事故想定し避難

      20160825000087

       愛媛県の中村時広知事は25日の記者会見で、9月4日に四国電力伊方原発(同県伊方町)での..... [ 記事へ ]