出版案内
福祉事業団

京都のレア洋書、アートに 美術家が豪で出品

日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記

 京都府立図書館(京都市左京区)が所蔵する100年以上前の貴重な洋書が、京都の若手美術家とともに初めて海を渡る。オーストラリアで3月に開幕する国際美術展に招待された美術家が出品作の一部とするためで、古い洋書が新しい創作を導き出す。

 この洋書は、大森貝塚の発見で知られる明治期の学者エドワード・モースが記した日本陶芸に関するカタログ(図録)と日本滞在中の日記2冊の計3冊。カタログは縄文土器など日本の陶器に関心を寄せていたモースが、各地で収集した膨大な陶器を産地別、窯別に詳細な図入りで整理分類。日本陶芸史を初めて体系的にまとめており、既に消えた地方の窯の陶器も含まれている。1901年、米国で出版され、同館は18年に入手した。全国で十数冊確認されているという。

 長く書庫に眠っていたこの本に光を当てるのは、美術家中村裕太さん(32)=下京区。廃れた窯近くの河川など各地で拾い集めた陶片やタイルを素材に、土地の歴史や記憶を結びつけた創作を行う。世界有数の歴史を誇る国際展「シドニー・ビエンナーレ」招待を機に、モースの著作を題材に作品化を考えた。

 中村さんは、モースが日記につづった旅や生活の中で歩いた道を現代にたどり直し、そこで見つけた陶片を、カタログや日記と並べたいという。「モースが関心を寄せていた近世は、地方の陶工が風土に根付いた陶器を作り出した。画一化して地域色が見いだしにくい今、彼が見ていた日本を探る展示にしたい」と語る。同館総務課の福島幸宏さん(43)は「100年間図書館が大事にしてきた資料の価値を美術家の方が掘り起こし、新たな創造につなげてくれてうれしい」と喜ぶ。

【 2016年01月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 日本の陶芸について書かれたモースのカタログ(右)と日本滞在中の日記
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      乳がん啓発、各地でライトアップ
      姫路城など希望のピンクに

      20161001000124

       乳がんの正しい知識の普及や検診による早期発見の大切さを呼び掛ける「乳がん月間」が1日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      セ・リーグ観客動員数が史上最多
      1384万8988人

      20161001000147

       セ・リーグはレギュラーシーズンが終了した1日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の京都、現代アート彩る パリの祭典と連携

      20161001000133

       現代アートを街中で楽しむ一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が1日夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]