出版案内
福祉事業団
47NEWS

京都府スタジアム着工先送り 天然記念物調査でさらに1年

京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)
京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)

 京都府は、亀岡市で建設する球技専用スタジアム計画について、4月に予定していた本体工事の着手を先送りする方針を10日までに固めた。予定地周辺に生息する国の天然記念物アユモドキに関する影響調査分析が長引いていることが要因で、2016年度当初予算案での本体工事費計上を見送った。スタジアム計画は以前の予定を1年延ばして4月着工の予定だったが、さらに遅れ、1年程度先送りされる可能性が高まっている。

 スタジアム計画では、昨年6月府議会で実施設計費2億円と、16年度以降の予算で事業を優先的に枠取りする債務負担行為による本体工事費154億円を含めた補正予算を可決。府は、実施設計と工事を併せて担う業者を決め、当初予算案に本体工事費の一定額を計上する方針だった。

 だが、昨年11~12月に評価が出る予定だったアユモドキの影響調査について、環境専門家会議がデータ分析を慎重に進めており、最終評価が2月末以降にずれ込む見通しとなった。このため府は、受注業者の入札を進められず、17日開会の2月府議会での工事契約案件提出や、工事費の当初予算案計上を見送った。

 スタジアム計画は14年6月に、従来の日程を1年延ばし、今年4月の着工、18年3月までの完成を目指していた。工事契約と予算の議決は6月の府議会以降になる見通し。

 府幹部は「環境保全とスタジアム開発の両立を図るため、環境影響調査の分析だけでなく、その後の設計や工事も慎重に取り組みたい。着工は、少なくとも1年ほど遅れる可能性がある」としている。

【 2016年02月10日 16時00分 】

ニュース写真

  • 京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      アウトドア用品の事故に注意を
      5年で58件、けが人多く

      20160728000142

       製品評価技術基盤機構(NITE)は28日、海や山でキャンプを楽しむ機会が多い夏本番を迎..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      巨0―4広(28日)
      田中が2打席連発

      20160728000162

       広島は田中が三回に先制のソロを放ち、六回は2打席連続の11号ソロ。九回には鈴木の中前打..... [ 記事へ ]

      経済

      新日鉄住金が赤字
      4~6月期、鋼材価格下落

      20160728000133

       新日鉄住金が28日発表した2016年4~6月期連結決算は純損益が146億円の赤字(前年..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城の天守閣復元を 有識者会議が提言案

      20160727000167

       世界遺産・二条城(京都市中京区)を積極的に活用した観光振興や文化発信を考える市の有識者..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植物細胞内の体内時計、昼夜存在で整然と機能 京大グループ発表

      20160728000024

       植物の体内時計は、個々の細胞のリズムは不安定だが、昼と夜がある条件では時計がそろって整..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]