出版案内
福祉事業団

京都府スタジアム着工先送り 天然記念物調査でさらに1年

京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)
京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)

 京都府は、亀岡市で建設する球技専用スタジアム計画について、4月に予定していた本体工事の着手を先送りする方針を10日までに固めた。予定地周辺に生息する国の天然記念物アユモドキに関する影響調査分析が長引いていることが要因で、2016年度当初予算案での本体工事費計上を見送った。スタジアム計画は以前の予定を1年延ばして4月着工の予定だったが、さらに遅れ、1年程度先送りされる可能性が高まっている。

 スタジアム計画では、昨年6月府議会で実施設計費2億円と、16年度以降の予算で事業を優先的に枠取りする債務負担行為による本体工事費154億円を含めた補正予算を可決。府は、実施設計と工事を併せて担う業者を決め、当初予算案に本体工事費の一定額を計上する方針だった。

 だが、昨年11~12月に評価が出る予定だったアユモドキの影響調査について、環境専門家会議がデータ分析を慎重に進めており、最終評価が2月末以降にずれ込む見通しとなった。このため府は、受注業者の入札を進められず、17日開会の2月府議会での工事契約案件提出や、工事費の当初予算案計上を見送った。

 スタジアム計画は14年6月に、従来の日程を1年延ばし、今年4月の着工、18年3月までの完成を目指していた。工事契約と予算の議決は6月の府議会以降になる見通し。

 府幹部は「環境保全とスタジアム開発の両立を図るため、環境影響調査の分析だけでなく、その後の設計や工事も慎重に取り組みたい。着工は、少なくとも1年ほど遅れる可能性がある」としている。

【 2016年02月10日 16時00分 】

ニュース写真

  • 京都府の球技専用スタジアム建設予定地。アユモドキの生息場所に隣接している(京都府亀岡市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      乳がん啓発、各地でライトアップ
      姫路城など希望のピンクに

      20161001000124

       乳がんの正しい知識の普及や検診による早期発見の大切さを呼び掛ける「乳がん月間」が1日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      セ・リーグ観客動員数が史上最多
      1384万8988人

      20161001000147

       セ・リーグはレギュラーシーズンが終了した1日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総..... [ 記事へ ]

      経済

      「通りすがる駅から立ち寄る駅に」 JR大津駅がリニューアル

      20161001000052

       JR大津駅(大津市春日町)に1日、複合商業施設「ビエラ大津」がオープンした。カフェとカ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      夜の京都、現代アート彩る パリの祭典と連携

      20161001000133

       現代アートを街中で楽しむ一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が1日夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      GLM 2車種目EVカー 京大発ベンチャー 走行距離など向上

      20160929000167

       京都大発の電気自動車(EV)製造ベンチャー、GLM(京都市左京区)は29日、量産車とし..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ジカ熱感染で小頭症、アジアでも
      「楽観論」吹き飛ぶ

      20161001000094

       【シンガポール共同】小頭症で生まれたタイの赤ちゃん2人が母親のジカ熱感染と関連があると..... [ 記事へ ]