出版案内
福祉事業団

巨大ナメクジ目撃情報、ツイッターで募る 京大助教が「捜査網」

マダラコウラナメクジ
マダラコウラナメクジ

 近年になって日本に入ってきた外来種のマダラコウラナメクジの目撃情報を、「ナメクジ研究者」の宇高寛子京大理学研究科助教が募っている。「ナメクジ捜査網」と名付けたプロジェクトで、外来種が日本に適応していく過程をリアルタイムで観察できる貴重な事例になるという。宇高助教は「ヒョウ柄で大きいナメクジを見つけたら一報を」と呼び掛けている。

 欧州原産のマダラコウラナメクジは、2006年に茨城県内の民家の庭で見つかったのが国内での最初の発見例。これまでに福島、長野、北海道の4道県で確認されているが、自らこの地域だけに移動したとは考えられず、生息域が拡大している可能性が高いとみられる。

 ナメクジの生態や生活史を研究する宇高助教は昨年10月、自身のホームページや短文投稿サイト「ツイッター」で目撃情報を募り始めた。現時点で国内のどこに生息しているかを正確に把握した上で、時間がたつにつれて生息域がどのように変化していくかを調べるのが目的だ。ホームページには、他種との見分け方もまとめている。

 日本では、戦前は外来種のキイロナメクジがよく見られたが、戦後に持ち込まれたチャコウラナメクジが定着するにつれ、キイロナメクジは姿を消した。宇高助教は「今後、マダラコウラナメクジが他の種と置き換わるかもしれない。京都や滋賀にも、既にすみ着いている可能性も十分にある」と話している。

 情報や写真の提供は、宇高助教のホームページから。

■マダラコウラナメクジ

背中のヒョウ柄模様と、はうと体長が20センチにも達する大きさが特徴。現在、日本で最もよく見られる外来種のチャコウラナメクジと同じコウラナメクジ科だが、チャコウラは体長7センチ程度でヒョウ柄はない。

【 2016年02月12日 17時00分 】

ニュース写真

  • マダラコウラナメクジ
  • 約100匹のマダラコウラナメクジを飼育する宇高寛子助教(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      ベトナムに新造巡視船6隻を供与
      首脳会談、南シナ海で協力

      20170116000125

       【ハノイ共同】安倍晋三首相は16日午後(日本時間同)、ベトナムのグエン・スアン・フック..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      2横綱敗れ、稀勢の里初黒星
      貴ノ岩と1敗2人、2敗5人

      20170116000112

       大相撲初場所9日目(16日・両国国技館)2横綱が敗れる波乱。白鵬は小結高安に押し出され..... [ 記事へ ]

      経済

      日系旅行大手、上海に進出
      訪日客狙い

      20170116000124

       【上海共同】近畿日本ツーリストなどを傘下に置くKNT―CTホールディングスは16日、現..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      粒ぞろい!豆柄の磁器や小物ずらり 京都、節分前に「福豆展」

      20170116000049

       豆にまつわる小物を集めた「福豆展」が15日、京都市東山区新門前通大和大路東入ルのカフェ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      モーター作り、日本電産社員が手ほどき 京都の小学校で出前授業

      20170116000030

       総合モーターメーカーの日本電産(京都市南区)の技術者らを招いた授業がこのほど、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      地球磁場弱まると寒冷化、メカニズム解明 立命大など研究班

      20170116000117

       地球の磁場が弱まった時に寒冷化が起こるメカニズムを、立命館大古気候学研究センターの北場..... [ 記事へ ]