出版案内
福祉事業団

手術室は物干し、名ばかり救急外科 京都市から補助金

手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)
手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)

 外科を標ぼうし、入院治療を担う二次救急医療の輪番制に加わっている京都市下京区の京都四条病院が、手術室を衣服干しなど別用途に使い、手術のできない状態が続いていたことが19日、病院への取材で分かった。輪番制に加わる病院に補助金を支出する市は「別の用途の使用は不適切。事実であれば行政指導の対象となる」とし、近く病院に事実確認する方針。病院は「認識がまずかったのかもしれないが、手術が必要な救急患者は引き受けていなかった」としている。

 二次救急医療を統括する京都府や市による施設の運用状況などのチェックが十分ではなく、地域の救急医療体制のあり方が問われそうだ。

 同病院によると、過去には全身麻酔下の手術をしていたが常勤麻酔科医が退職し、段階的にしなくなった。「手術室」と表示する部屋はあるが、衣服を干したり入院患者の着替え場所に使ったりしていたという。

 同病院の説明では、少なくとも20年以上前から京都市と乙訓地域の病院でつくる輪番制に加わっている。同病院は2012~14年度に年間22~26日の当番日があった。市は計276万4千円を交付してきたが、「病院の善意を信じる」(医務衛生課)として、手術室の確認はしてこなかった。

 中野昌彦院長(58)は「手術室の不適切な利用があったのは事実。取材を受けて消毒し、現在は手術できる体制になっている」と話している。

 京都四条病院は1962年に設立。60床で、外科や脳神経外科など8科を標ぼうする。医療法の施行規則によると、外科や脳神経外科の標ぼうには手術室を備える必要がある。

 <輪番制病院>救急医療を実施できる病院同士が輪番制で当番を分担し、休日や夜間に重症の救急患者を受け入れる仕組み。当番日は病床や医師数を確保していなければならない。京都府内では「京都・乙訓医療圏」と「山城北医療圏」で輪番制を組んでいる。

【 2016年02月20日 08時09分 】

ニュース写真

  • 手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      事故や飲酒運転、タックルで吹っ飛ばせ 京都、府民運動始まる

      20161209000135

       年末の交通事故防止府民運動(11~31日)のスタート式が9日、京都市左京区の岡崎公園で..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、平野が逆転勝ちで8強へ
      伊藤敗退、グランドファイナル

      20161209000173

       【ドーハ共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル第2日は9日、ドーハ..... [ 記事へ ]

      経済

      エルメス流「おとぎ話の森の世界」 京都、祇園店で催し

      20161209000147

       大丸の創業300年を記念して京都市東山区祇園に期間限定で営業している「エルメス祇園店」..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      お待たせ、真っ白なゲレンデにシュプール 滋賀でスキー場開き

      20161209000139

       滋賀県高島市内にある4スキー場合同の冬山開きが9日、同市今津町の箱館山スキー場で開かれ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      統計データ活用で連携 滋賀大と統計センターが協定締結

      20161209000165

       滋賀大(滋賀県彦根市馬場1丁目)と独立行政法人統計センター(東京都新宿区)は9日、統計..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      こうのとり打ち上げ成功
      6回連続、信頼性高める

      20161209000187

       宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は9日午後10時26分、国際宇宙ステーショ..... [ 記事へ ]