出版案内
福祉事業団
47NEWS

手術室は物干し、名ばかり救急外科 京都市から補助金

手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)
手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)

 外科を標ぼうし、入院治療を担う二次救急医療の輪番制に加わっている京都市下京区の京都四条病院が、手術室を衣服干しなど別用途に使い、手術のできない状態が続いていたことが19日、病院への取材で分かった。輪番制に加わる病院に補助金を支出する市は「別の用途の使用は不適切。事実であれば行政指導の対象となる」とし、近く病院に事実確認する方針。病院は「認識がまずかったのかもしれないが、手術が必要な救急患者は引き受けていなかった」としている。

 二次救急医療を統括する京都府や市による施設の運用状況などのチェックが十分ではなく、地域の救急医療体制のあり方が問われそうだ。

 同病院によると、過去には全身麻酔下の手術をしていたが常勤麻酔科医が退職し、段階的にしなくなった。「手術室」と表示する部屋はあるが、衣服を干したり入院患者の着替え場所に使ったりしていたという。

 同病院の説明では、少なくとも20年以上前から京都市と乙訓地域の病院でつくる輪番制に加わっている。同病院は2012~14年度に年間22~26日の当番日があった。市は計276万4千円を交付してきたが、「病院の善意を信じる」(医務衛生課)として、手術室の確認はしてこなかった。

 中野昌彦院長(58)は「手術室の不適切な利用があったのは事実。取材を受けて消毒し、現在は手術できる体制になっている」と話している。

 京都四条病院は1962年に設立。60床で、外科や脳神経外科など8科を標ぼうする。医療法の施行規則によると、外科や脳神経外科の標ぼうには手術室を備える必要がある。

 <輪番制病院>救急医療を実施できる病院同士が輪番制で当番を分担し、休日や夜間に重症の救急患者を受け入れる仕組み。当番日は病床や医師数を確保していなければならない。京都府内では「京都・乙訓医療圏」と「山城北医療圏」で輪番制を組んでいる。

【 2016年02月20日 08時09分 】

ニュース写真

  • 手術室を別用途で使っていた京都四条病院(京都市下京区堀川通四条下ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      カボチャ日本一は462キロ
      歴代6番目、香川・小豆島で大会

      20160925000064

       各地から巨大なカボチャを集め、重さを競う「日本一どでカボチャ大会」が25日、香川県小豆..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オープンウオーター、平井が圧勝
      日本選手権

      20160925000068

       水泳のオープンウオーターの日本選手権は25日、東京都お台場海浜公園周辺で行われ、男子1..... [ 記事へ ]

      経済

      USJ、再上場を検討
      投資加速へ今秋にも申請

      20160924000031

       大阪市の米映画テーマパーク、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「一石一字経」復活へ 京都帝釈天、全国から募集

      20160925000052

       庚申信仰の拠点として知られる京都府南丹市八木町の京都帝釈天が、石に経典の文字を一つ記し..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      DNA抽出に中高生挑戦 京都、実験器具使い本格的に

      20160925000015

       採集した植物のDNA情報を解析する体験学習が24日、府立植物園(京都市左京区)と府立大..... [ 記事へ ]