出版案内
福祉事業団

新たな脅威、琵琶湖に外来ナマズ 県水産試験場が生態調査

瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供

 琵琶湖の生態系の新たな脅威となっている特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ」(アメリカナマズ)について、滋賀県水産試験場(彦根市)が生態の解明を進めている。同ナマズは瀬田川や南湖で捕獲が相次ぎ、捕らえた個体の大型化が報告されている。今後、効率的な駆除へ向けてさらにデータを集めていくという。

 同ナマズは北米原産。成魚は体長1メートルを超えることもあり、エビや小魚を食べる。鋭いヒレを持つため、漁網にかかった際に漁師が負傷するなど被害も出ている。県内では2001年に長浜市沖の琵琶湖で初めて発見され、11年には幼魚が見つかり、繁殖も懸念されている。

 近年は特に瀬田川での増加が目立っている。同試験場によると、14年度は35匹、15年度も25匹が捕獲された。捕獲個体を調べてみると、12年の平均体長は25・6センチだったが、15年は同41・5センチと年々大型化していることがわかった。

 同試験場では、15年度に衛星利用測位システム(GPS)を使った調査や飼育実験に取り組んできた。捕獲個体に発信器を付けて瀬田川に放流する調査では、日中は水深5、6メートルの下流にいるが、日が暮れると上流の浅い水域に移動していることを確認。えさを求めて移動しているとみられるという。

 捕獲地点の川底の地形も調べ、岩礁地帯が多いこともわかった。調査を担当した臼杵崇広専門員は「今後は季節による移動や、産卵、繁殖行動などのデータも集め、効率的な駆除技術の開発につなげていきたい」と話している。

【 2016年03月03日 23時01分 】

ニュース写真

  • 瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      竹島周辺のアシカ漁、申請確認
      「日本の行政権裏付け」

      20170120000168

       竹島(島根県隠岐の島町)周辺でアシカ漁をしたいとして、1906年に「竹島漁業組合」が当..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都翔英・石原ら優秀選手表彰 京都府高野連報告総会

      20170120000165

       京都府高野連は20日、京都市右京区の京都外大で評議員会と報告総会を開き、昨夏の甲子園に..... [ 記事へ ]

      経済

      国内初、全自動の細胞培養装置開発 ロートとマイクロニクス

      20170120000167

       ロート製薬と医療機器製造のマイクロニクス(京都府久御山町)は20日、全自動の細胞培養装..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大寒、ほころぶ梅に春遠からじ 大津・石山寺

      20170120000162

       石山寺(大津市石山寺1丁目)の梅園で、1本の梅が花を咲かせている。20日は1年で最も寒..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      育てたメダカを売って募金 滋賀・伊香立中に文科大臣賞

      20170119000071

       大津市伊香立下在地町の伊香立中アクアリウム部が、寄付や慈善活動に取り組む若者を顕彰する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      黒潮で爆弾低気圧が急発達
      海洋機構、スパコンで解析

      20170121000001

       日本の南岸を沿うように太平洋を西から東日本沖へと流れる黒潮が、冬に大雨や大雪をもたらす..... [ 記事へ ]