出版案内
福祉事業団
47NEWS

新たな脅威、琵琶湖に外来ナマズ 県水産試験場が生態調査

瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供

 琵琶湖の生態系の新たな脅威となっている特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ」(アメリカナマズ)について、滋賀県水産試験場(彦根市)が生態の解明を進めている。同ナマズは瀬田川や南湖で捕獲が相次ぎ、捕らえた個体の大型化が報告されている。今後、効率的な駆除へ向けてさらにデータを集めていくという。

 同ナマズは北米原産。成魚は体長1メートルを超えることもあり、エビや小魚を食べる。鋭いヒレを持つため、漁網にかかった際に漁師が負傷するなど被害も出ている。県内では2001年に長浜市沖の琵琶湖で初めて発見され、11年には幼魚が見つかり、繁殖も懸念されている。

 近年は特に瀬田川での増加が目立っている。同試験場によると、14年度は35匹、15年度も25匹が捕獲された。捕獲個体を調べてみると、12年の平均体長は25・6センチだったが、15年は同41・5センチと年々大型化していることがわかった。

 同試験場では、15年度に衛星利用測位システム(GPS)を使った調査や飼育実験に取り組んできた。捕獲個体に発信器を付けて瀬田川に放流する調査では、日中は水深5、6メートルの下流にいるが、日が暮れると上流の浅い水域に移動していることを確認。えさを求めて移動しているとみられるという。

 捕獲地点の川底の地形も調べ、岩礁地帯が多いこともわかった。調査を担当した臼杵崇広専門員は「今後は季節による移動や、産卵、繁殖行動などのデータも集め、効率的な駆除技術の開発につなげていきたい」と話している。

【 2016年03月03日 23時01分 】

ニュース写真

  • 瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      放射性廃棄物の最終処分地、滋賀県内自治体に方針説明 経産省

      20160526000164

       経済産業省は26日、原発から出る高レベル放射性廃棄物を地中深くで埋設する最終処分地の建..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      全仏テニス、奈良は2回戦敗退
      ナダル、ジョコら3回戦へ

      20160526000140

       【パリ共同】テニスの全仏オープン第5日は26日、パリのローランギャロスで行われ、女子シ..... [ 記事へ ]

      経済

      童夢、欧州メーカーと提携 炭素繊維材、世界展開へ

      20160526000159

       レーシングカー開発・設計の童夢(滋賀県米原市)は26日、アイルランドの炭素繊維複合材メ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      津波バイオリン、復興への調べ 滋賀出身の西川さん

      20160526000054

       東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の家屋などの部材から製作されたとされる「津波バイ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大病院に母体胎児のICU、6月開設 重症妊婦ケア充実へ

      20160526000143

       京都大医学部付属病院は6月1日、リスクの高い妊婦をケアする「母体胎児集中治療室(MFI..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙の新住居棟、膨らまず
      NASAが試験中止

      20160526000137

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は26日、宇宙空間で風船のように膨らむ新型の..... [ 記事へ ]