出版案内
福祉事業団

新たな脅威、琵琶湖に外来ナマズ 県水産試験場が生態調査

瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供

 琵琶湖の生態系の新たな脅威となっている特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ」(アメリカナマズ)について、滋賀県水産試験場(彦根市)が生態の解明を進めている。同ナマズは瀬田川や南湖で捕獲が相次ぎ、捕らえた個体の大型化が報告されている。今後、効率的な駆除へ向けてさらにデータを集めていくという。

 同ナマズは北米原産。成魚は体長1メートルを超えることもあり、エビや小魚を食べる。鋭いヒレを持つため、漁網にかかった際に漁師が負傷するなど被害も出ている。県内では2001年に長浜市沖の琵琶湖で初めて発見され、11年には幼魚が見つかり、繁殖も懸念されている。

 近年は特に瀬田川での増加が目立っている。同試験場によると、14年度は35匹、15年度も25匹が捕獲された。捕獲個体を調べてみると、12年の平均体長は25・6センチだったが、15年は同41・5センチと年々大型化していることがわかった。

 同試験場では、15年度に衛星利用測位システム(GPS)を使った調査や飼育実験に取り組んできた。捕獲個体に発信器を付けて瀬田川に放流する調査では、日中は水深5、6メートルの下流にいるが、日が暮れると上流の浅い水域に移動していることを確認。えさを求めて移動しているとみられるという。

 捕獲地点の川底の地形も調べ、岩礁地帯が多いこともわかった。調査を担当した臼杵崇広専門員は「今後は季節による移動や、産卵、繁殖行動などのデータも集め、効率的な駆除技術の開発につなげていきたい」と話している。

【 2016年03月03日 23時01分 】

ニュース写真

  • 瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      佐賀県が「カキ小屋発祥」
      公開したPR動画が話題

      20170221000013

       有明海に面する佐賀県太良町を「カキ小屋発祥の地」として売り出そうと、佐賀県が公開したP..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      集客“最下位”脱出なるか Bリーグ・京都

      20170221000024

       集客面での下位脱出なるか-。プロバスケットボールBリーグで、ホーム試合の観客数が1部1..... [ 記事へ ]

      経済

      省エネの家電制御マイコン、ロームが開発

      20170221000022

       ロームは、家電や産業機器の動作を制御するマイコンで、消費電力を低減し、回路の故障を検知..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大賞の上坂さんら新鋭たたえる 京都で続「日本画新展」授賞式

      20170220000180

       京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開催中の第4回続(しょく)「京都 日本画新展」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小4いじめ報告書公表せず、大津
      市教委、家族要望に反し

      20170221000019

       大津市で2015年、市立小4年だった男児(11)がいじめ被害を訴えて不登校になり、市教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東電、ドローンで3次元構造把握
      導入目指し飛行試験実施

      20170220000120

       東京電力は20日、福島第1原発の廃炉作業に役立てるため、3次元で施設内の空間構造の把握..... [ 記事へ ]