出版案内
福祉事業団

新たな脅威、琵琶湖に外来ナマズ 県水産試験場が生態調査

瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供

 琵琶湖の生態系の新たな脅威となっている特定外来生物「チャネルキャットフィッシュ」(アメリカナマズ)について、滋賀県水産試験場(彦根市)が生態の解明を進めている。同ナマズは瀬田川や南湖で捕獲が相次ぎ、捕らえた個体の大型化が報告されている。今後、効率的な駆除へ向けてさらにデータを集めていくという。

 同ナマズは北米原産。成魚は体長1メートルを超えることもあり、エビや小魚を食べる。鋭いヒレを持つため、漁網にかかった際に漁師が負傷するなど被害も出ている。県内では2001年に長浜市沖の琵琶湖で初めて発見され、11年には幼魚が見つかり、繁殖も懸念されている。

 近年は特に瀬田川での増加が目立っている。同試験場によると、14年度は35匹、15年度も25匹が捕獲された。捕獲個体を調べてみると、12年の平均体長は25・6センチだったが、15年は同41・5センチと年々大型化していることがわかった。

 同試験場では、15年度に衛星利用測位システム(GPS)を使った調査や飼育実験に取り組んできた。捕獲個体に発信器を付けて瀬田川に放流する調査では、日中は水深5、6メートルの下流にいるが、日が暮れると上流の浅い水域に移動していることを確認。えさを求めて移動しているとみられるという。

 捕獲地点の川底の地形も調べ、岩礁地帯が多いこともわかった。調査を担当した臼杵崇広専門員は「今後は季節による移動や、産卵、繁殖行動などのデータも集め、効率的な駆除技術の開発につなげていきたい」と話している。

【 2016年03月03日 23時01分 】

ニュース写真

  • 瀬田川や琵琶湖で増加しており、生態の解明が急がれるチャネルキャットフィッシュ=滋賀県水産試験場提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      水戸市議会の会派控室に盗聴器
      情報提供で、コンセント型1個

      20161208000080

       水戸市議会の会派控室に盗聴器が仕掛けられていたことが8日、分かった。水戸市などが明らか..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      武幸四郎騎手ら7人、調教師合格
      JRAの免許試験

      20161208000072

       日本中央競馬会(JRA)は8日、武豊騎手の弟、武幸四郎と田中博康の両騎手、武英智元騎手..... [ 記事へ ]

      経済

      東京駅前広場の整備遅れ、JR東
      17年冬に

      20161208000092

       JR東日本は8日、東京駅丸の内側の駅前広場の整備終了が2017年冬にずれ込むと発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ぬくぬく石炭ストーブのトロッコ列車 京都・嵯峨野観光鉄道

      20161208000071

       石炭ストーブを搭載したトロッコ列車の運行が8日、京都市右京区と亀岡市を結ぶ嵯峨野観光鉄..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      滋賀・近江兄弟社小が募集停止 18年度以降、入学者数低迷で

      20161208000022

       学校法人ヴォーリズ学園(滋賀県近江八幡市)が、県内唯一の私立小である近江兄弟社小(同市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉起動目前に抗議行動
      川内原発、反原発の団体や住民ら

      20161208000057

       九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉起動を目前に控えた8日朝、反原発を..... [ 記事へ ]