出版案内
福祉事業団
47NEWS

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名

PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供
PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供

 ペットボトルや衣服の素材であるPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌を、小田耕平・京都工芸繊維大名誉教授や木村良晴・同名誉教授、吉田昭介・元慶応大理工学部助教らのグループが見つけた。分解メカニズムも解明しており、PET製品のリサイクルなどにつながる。米科学誌サイエンスで11日発表する。

 堺市で採取した試料から得たことにちなんで、細菌の名称を「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けた。この細菌は、ペットボトルなどに比べて結晶化の度合いが弱いPETフィルムの表面に張り付いて分解する。

 遺伝子の解析から、2種類の酵素を用いてエチレングリコールとテレフタル酸に分解していることも突き止めた。これらの酵素は、これまでに報告されているPET分解酵素と異なり、常温で活性が高い特徴があった。

 現在、PETのリサイクルでは化学的な処理が行われているが、細菌を用いることでエネルギーの消費量を減らすことが期待できる、という。

【 2016年03月11日 08時22分 】

ニュース写真

  • PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北陸新幹線ルート、京都と滋賀“火花” 県効果試算に府が不快感

      20160926000161

       北陸新幹線の敦賀-大阪間延伸で、国がルート調査の検討対象としている3案について、滋賀県..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、クルム伊達が離婚
      膝の手術からリハビリ中

      20160927000005

       女子テニスのクルム伊達公子(エステティックTBC)が27日付の自身のブログで、自動車レ..... [ 記事へ ]

      経済

      シーシーエス新社長に大西氏

      20160926000144

       シーシーエスは26日、各務嘉郎社長(69)が退任し、後任に大西浩之常務(51)を充てる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      チョコ色香る着物 京都の和装デザイナー、丹後ちりめんで制作

      20160926000070

        チョコレートの原料のカカオ粉末を使って生地を染め、特有の香りも残した丹後ちりめんの着..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      乾電池で飛行、ギネスに挑戦
      パナと東海大、10キロ以上目標

      20160926000145

       パナソニックは26日、東海大の学生と組み、乾電池を動力源とした固定翼航空機による飛行距..... [ 記事へ ]