出版案内
福祉事業団

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名

PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供
PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供

 ペットボトルや衣服の素材であるPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌を、小田耕平・京都工芸繊維大名誉教授や木村良晴・同名誉教授、吉田昭介・元慶応大理工学部助教らのグループが見つけた。分解メカニズムも解明しており、PET製品のリサイクルなどにつながる。米科学誌サイエンスで11日発表する。

 堺市で採取した試料から得たことにちなんで、細菌の名称を「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けた。この細菌は、ペットボトルなどに比べて結晶化の度合いが弱いPETフィルムの表面に張り付いて分解する。

 遺伝子の解析から、2種類の酵素を用いてエチレングリコールとテレフタル酸に分解していることも突き止めた。これらの酵素は、これまでに報告されているPET分解酵素と異なり、常温で活性が高い特徴があった。

 現在、PETのリサイクルでは化学的な処理が行われているが、細菌を用いることでエネルギーの消費量を減らすことが期待できる、という。

【 2016年03月11日 08時22分 】

ニュース写真

  • PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      佐賀県が「カキ小屋発祥」
      公開したPR動画が話題

      20170221000013

       有明海に面する佐賀県太良町を「カキ小屋発祥の地」として売り出そうと、佐賀県が公開したP..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      集客“最下位”脱出なるか Bリーグ・京都

      20170221000024

       集客面での下位脱出なるか-。プロバスケットボールBリーグで、ホーム試合の観客数が1部1..... [ 記事へ ]

      経済

      省エネの家電制御マイコン、ロームが開発

      20170221000022

       ロームは、家電や産業機器の動作を制御するマイコンで、消費電力を低減し、回路の故障を検知..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      大賞の上坂さんら新鋭たたえる 京都で続「日本画新展」授賞式

      20170220000180

       京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開催中の第4回続(しょく)「京都 日本画新展」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小4いじめ報告書公表せず、大津
      市教委、家族要望に反し

      20170221000019

       大津市で2015年、市立小4年だった男児(11)がいじめ被害を訴えて不登校になり、市教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      東電、ドローンで3次元構造把握
      導入目指し飛行試験実施

      20170220000120

       東京電力は20日、福島第1原発の廃炉作業に役立てるため、3次元で施設内の空間構造の把握..... [ 記事へ ]