出版案内
福祉事業団

後掛に波上の布袋 京都・祇園祭、菊水鉾懸装品新調が完了

祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)
祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

 祇園祭の菊水鉾保存会(京都市中京区)が布袋をテーマにした新しい後掛を製作した。同保存会は前掛や胴掛(2面)を含む全4面の懸装品(けそうひん)を七福神をモチーフに4年がかりで新調。後掛の完成ですべてがそろい、注目を集めそうだ。

 後掛は、縦2・57メートル、横2・63メートルの綴織(つづれおり)。涼やかな水色で表現した波の上を、布袋が乗る大きな袋を唐子(からこ)が鉾を曳(ひ)くように動かす様子が描かれている。

 菊水鉾は1864(元治元)年の禁門の変によって焼失した。1953(昭和28)年に再建され、「昭和の鉾」と言われる。保存会は、2013年の鉾再建60年を記念し、傷んできた懸装品の新調を決定。古くは「夷山(えびすやま)」を出した経緯から七福神にちなんだ図柄を選び、江戸前期の絵師狩野岑信(みねのぶ)筆「七福神図巻」(板橋区立美術館所蔵)を参考に、本金糸をふんだんに使った懸装品に仕上げた。製作は川島織物セルコン。費用は4面計約8千万円。

 猪田浩市理事長(69)は「昭和の鉾に平成の懸装品を掛けることができた」と喜んだ。7月12日の曳初(ぞ)めから、宵山期間、前祭(さきまつり)の山鉾巡行を通して鉾を飾る。

【 2016年06月13日 23時30分 】

ニュース写真

  • 祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      大久保氏再選、新人2人を破る 滋賀・彦根市長選

      20170423000126

       任期満了に伴う滋賀県彦根市長選は23日、投開票され、無所属現職の大久保貴氏(53)が、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アーセナルがFA杯決勝へ
      チェルシーと対戦

      20170424000011

       サッカーのイングランド協会(FA)カップは23日、ロンドンのウェンブリー競技場で準決勝..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      特産の天然砥石で研ぎ体験 京都、展示施設リニューアル

      20170423000036

       京都府亀岡市の特産品を紹介する展示・体験施設「森のステーションかめおか」が22日、同市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      クニマス産卵の撮影成功、山梨
      生態解明へ一歩前進

      20170424000007

       秋田県・田沢湖の固有種で、富士五湖の西湖(山梨県富士河口湖町)で約70年ぶりに発見され..... [ 記事へ ]