出版案内
福祉事業団

後掛に波上の布袋 京都・祇園祭、菊水鉾懸装品新調が完了

祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)
祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

 祇園祭の菊水鉾保存会(京都市中京区)が布袋をテーマにした新しい後掛を製作した。同保存会は前掛や胴掛(2面)を含む全4面の懸装品(けそうひん)を七福神をモチーフに4年がかりで新調。後掛の完成ですべてがそろい、注目を集めそうだ。

 後掛は、縦2・57メートル、横2・63メートルの綴織(つづれおり)。涼やかな水色で表現した波の上を、布袋が乗る大きな袋を唐子(からこ)が鉾を曳(ひ)くように動かす様子が描かれている。

 菊水鉾は1864(元治元)年の禁門の変によって焼失した。1953(昭和28)年に再建され、「昭和の鉾」と言われる。保存会は、2013年の鉾再建60年を記念し、傷んできた懸装品の新調を決定。古くは「夷山(えびすやま)」を出した経緯から七福神にちなんだ図柄を選び、江戸前期の絵師狩野岑信(みねのぶ)筆「七福神図巻」(板橋区立美術館所蔵)を参考に、本金糸をふんだんに使った懸装品に仕上げた。製作は川島織物セルコン。費用は4面計約8千万円。

 猪田浩市理事長(69)は「昭和の鉾に平成の懸装品を掛けることができた」と喜んだ。7月12日の曳初(ぞ)めから、宵山期間、前祭(さきまつり)の山鉾巡行を通して鉾を飾る。

【 2016年06月13日 23時30分 】

ニュース写真

  • 祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      AV出演強要疑い、男逮捕
      全国200人被害か、大阪府警

      20170529000103

       インターネット上でモデルを募集し、契約した少女にアダルトビデオ(AV)の出演を強要した..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      セ・パ交流戦、30日に開幕
      13年目のシーズン、18試合制

      20170529000101

       プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は30日に開幕して13年目のシーズンを迎える。18試合制..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は1万9717円
      売り買い交錯、北朝鮮ミサイ

      20170529000050

       週明け29日午前の東京株式市場で日経平均株価(225種)は、前週末終値を挟んで売り買い..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小型機関車のんびりと 滋賀・米原の観光庭園

      20170529000072

       滋賀県米原市多和田の体験型観光庭園ローザンベリー多和田が、6月1日から園内を走る小型電..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      【時のひと】龍谷大の新学長に4月に就任した 入澤崇さん

      20170528000054

       仏教遺跡の研究者として、アフガニスタンなどで調査を続けてきた。現場の多くは紛争地帯だが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来魚“大漁”48キロ 滋賀・琵琶湖で駆除釣り大会

      20170528000032

       市民らで外来魚を駆除する催し「もりやま・びわ湖・ブルーギル撲滅釣り大会」が27日、滋賀..... [ 記事へ ]