出版案内
福祉事業団

後掛に波上の布袋 京都・祇園祭、菊水鉾懸装品新調が完了

祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)
祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

 祇園祭の菊水鉾保存会(京都市中京区)が布袋をテーマにした新しい後掛を製作した。同保存会は前掛や胴掛(2面)を含む全4面の懸装品(けそうひん)を七福神をモチーフに4年がかりで新調。後掛の完成ですべてがそろい、注目を集めそうだ。

 後掛は、縦2・57メートル、横2・63メートルの綴織(つづれおり)。涼やかな水色で表現した波の上を、布袋が乗る大きな袋を唐子(からこ)が鉾を曳(ひ)くように動かす様子が描かれている。

 菊水鉾は1864(元治元)年の禁門の変によって焼失した。1953(昭和28)年に再建され、「昭和の鉾」と言われる。保存会は、2013年の鉾再建60年を記念し、傷んできた懸装品の新調を決定。古くは「夷山(えびすやま)」を出した経緯から七福神にちなんだ図柄を選び、江戸前期の絵師狩野岑信(みねのぶ)筆「七福神図巻」(板橋区立美術館所蔵)を参考に、本金糸をふんだんに使った懸装品に仕上げた。製作は川島織物セルコン。費用は4面計約8千万円。

 猪田浩市理事長(69)は「昭和の鉾に平成の懸装品を掛けることができた」と喜んだ。7月12日の曳初(ぞ)めから、宵山期間、前祭(さきまつり)の山鉾巡行を通して鉾を飾る。

【 2016年06月13日 23時30分 】

ニュース写真

  • 祇園祭の菊水鉾保存会は鉾の新しい後掛を製作し、披露した。七福神をテーマに4年がかりで鉾の四方を飾る懸装品の新調を進め、布袋を描いた後掛の完成で4面すべてがそろった(12日、京都市中京区・菊水鉾会所)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      口からビー玉、入院患者への虐待疑い謝罪 京都・舞鶴市民病院

      20170328000028

       舞鶴市立舞鶴市民病院(京都府舞鶴市倉谷)は27日、60代の男性入院患者2人について、体..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、尾崎は世界1位に完敗
      マイアミ・オープン4回戦

      20170328000017

       【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは27日、米マイアミで女子シングルス4回戦が..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株8日続落、45ドル安
      政策懸念、5年8カ月ぶり

      20170328000006

       【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トラン..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初の「京都遺産」に庭園文化など3件 市審査会答申 

      20170327000157

       京都市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織り成す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]