出版案内
福祉事業団

妊娠生徒に体育実技要求 京都の高校に批判殺到、対応見直しへ

 京都府立朱雀高(京都市中京区)が1月、妊娠7カ月の3年女子生徒(18)に対し、卒業の条件として体育の実技をするよう求めていたことが分かった。保護者や本人の意向に反し、一方的に休学届も送りつけていた。学業か出産かの二者択一を迫る学校の対応に、文部科学省は「妊娠と学業は両立できる。本人が学業継続を望む場合、受け止めるべき。子育てに専念すべきとなぜ判断したか分からない。周囲の協力を得ながら育児するのは働く女性も高校生も変わらない」と批判している。

 これに対し同高は15日、「学校の認識にかなり古い部分があった。見直さないといけない」として、今後、妊娠生徒への対応を改める意向を示した。

 副校長は4月、妊娠生徒に体育実技をするよう求めた理由について、取材に「妊娠すると子育てに専念すべきで、卒業するというのは甘い」「全日制では妊娠した生徒は学業から離れないといけない。府民の要請がある」などと説明。補習の実技として「持久走などハードなこと」を例示した。

 副校長の見解に対し、同高に苦情や問い合わせの電話が相次いでいるという。

 生徒は同級生と一緒に卒業することを希望していたが、休学届を学校側から渡され、休学している。

 また副校長は同日、「(妊婦にとって)学校が一つの壁だったのは認めざるを得ない。妊娠がマイナスイメージであってはならず、今後、改めないといけない」と述べた。

 京都府教育委員会高校教育課は15日、「高校には、それぞれの生徒の状況に応じて配慮するようにと繰り返し言っている。妊娠も、病気やけがと同様に配慮が必要」との見解を示した。妊娠した生徒の体育授業について「実技ではなく、リポート提出や軽微な体操で配慮できる」としている。

 スポーツ庁学校体育室は「体育の評価は実技だけではない」と、実技にこだわる朱雀高は認識不足と指摘する。学習指導要領にある評価の観点は運動技能含め知識や意欲など4点で、「妊娠や障害など考慮すべき一つ一つのケースを明記せずとも、現行の記述で生徒の人権に配慮した授業は行える。学習指導要領の趣旨が現場に周知されていないのなら残念」とした。

【 2016年06月15日 23時05分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「戦争加担の道筋できる」
      米艦防護、連携強化に理解も

      20170501000061

       米軍の艦艇を守るため海上自衛隊の護衛艦「いずも」が出港した神奈川県横須賀市では1日、市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、野村が17位に浮上
      最新世界ランキング

      20170501000063

       女子ゴルフの1日付世界ランキングが発表され、テキサス・シュートアウトで昨年4月以来の米..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万9274円
      企業業績への期待で反発

      20170501000066

       週明け1日午前の東京株式市場は、堅調な企業業績に対する期待や、円安ドル高の進行が好感さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝、間近にずらり 京都・神護寺で虫払い始まる

      20170501000079

       京都市右京区高雄の神護寺で1日、宝物の虫払いが始まった。鎌倉時代の似絵の傑作「伝源頼朝..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、燃料装填完了
      今月中旬の再稼働目指す

      20170501000064

       関西電力は1日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉への核燃料装填が同日午前に完了し..... [ 記事へ ]