出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大船鉾の龍頭、150年ぶり勇姿 祇園祭

新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)
新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)

 祇園祭の四条町大船鉾保存会(京都市下京区新町通四条下ル)が、木彫の巨大な龍頭(りゅうとう)を制作し、18日にお披露目した。元の龍頭は、1864(元治元)年に発生した禁門の変の大火で焼失しており、150年余りの時を経て鉾の船首を飾る龍頭が姿を見せた。今年の後祭(あとまつり)の巡行(7月24日)では、鋭い眼光の龍が都大路ににらみをきかせる。

 新調した龍頭は、高さ約2メートル、重さ約220キロ。主にヒノキ材を用いた寄せ木造り。口を閉じ、船首をわしづかみにするような鋭い爪を表現。目は黄金色をしている。

 大船鉾の四条町は、かつては南北の二組に分かれ、1年交代で鉾を出した。南四条町が当番の年は大金幣(きんぺい)を、北四条町の年は龍頭を使った。1813(文化10)年作の大金幣は現存し、150年ぶりに鉾が再建された2014年、翌15年の巡行で使用した。龍頭は、橋弁慶町文書に、禁門の変の大火で焼失したと書かれている。

 保存会は、従来の鉾の姿に戻そうと龍頭の制作を決定。江戸時代の龍頭は、四条町の記録から呉春(松村月渓)の下絵を用いて作ったとされるが、下絵も失われている。しかし、研究者から、かつての龍頭は、当時活躍した九山新之丞(くやましんのじょう)、新太郎親子の作ではないかとの意見が上がり、東山区の瀧尾(たきのお)神社拝殿にある新太郎作の木彫の龍を参考に、2年がかりで新調した。

 神社は大丸を創業した下村家の寄進で再建されている。大丸はかつての寄町(よりちょう)にあることを縁に、龍頭のことを知った神社の佐々貴信美宮司(60)が保存会に寄進を申し出た。

 保存会の林邦彦理事長(64)は「復興と呼ぶにはまだ途上にあるが、着実に往時の姿に近づいている。うれしいことです」と喜んだ。

 制作に当たったのは米原市の彫刻師森哲荘さん(69)、長男靖一郎さん(41)、次男徹雄さん(39)の親子。制作を縁に、九山家の子孫の了解を得て、哲荘さんが九山新之丞を襲名することになった。

【 2016年06月18日 15時07分 】

ニュース写真

  • 新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      カーリング、日本がプレーオフへ
      世界混合ダブルス

      20180427000003

       【エステルスンド(スウェーデン)共同】カーリング混合ダブルスの世界選手権は26日、スウ..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会

      20180426000214

       高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]