出版案内
福祉事業団

大船鉾の龍頭、150年ぶり勇姿 祇園祭

新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)
新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)

 祇園祭の四条町大船鉾保存会(京都市下京区新町通四条下ル)が、木彫の巨大な龍頭(りゅうとう)を制作し、18日にお披露目した。元の龍頭は、1864(元治元)年に発生した禁門の変の大火で焼失しており、150年余りの時を経て鉾の船首を飾る龍頭が姿を見せた。今年の後祭(あとまつり)の巡行(7月24日)では、鋭い眼光の龍が都大路ににらみをきかせる。

 新調した龍頭は、高さ約2メートル、重さ約220キロ。主にヒノキ材を用いた寄せ木造り。口を閉じ、船首をわしづかみにするような鋭い爪を表現。目は黄金色をしている。

 大船鉾の四条町は、かつては南北の二組に分かれ、1年交代で鉾を出した。南四条町が当番の年は大金幣(きんぺい)を、北四条町の年は龍頭を使った。1813(文化10)年作の大金幣は現存し、150年ぶりに鉾が再建された2014年、翌15年の巡行で使用した。龍頭は、橋弁慶町文書に、禁門の変の大火で焼失したと書かれている。

 保存会は、従来の鉾の姿に戻そうと龍頭の制作を決定。江戸時代の龍頭は、四条町の記録から呉春(松村月渓)の下絵を用いて作ったとされるが、下絵も失われている。しかし、研究者から、かつての龍頭は、当時活躍した九山新之丞(くやましんのじょう)、新太郎親子の作ではないかとの意見が上がり、東山区の瀧尾(たきのお)神社拝殿にある新太郎作の木彫の龍を参考に、2年がかりで新調した。

 神社は大丸を創業した下村家の寄進で再建されている。大丸はかつての寄町(よりちょう)にあることを縁に、龍頭のことを知った神社の佐々貴信美宮司(60)が保存会に寄進を申し出た。

 保存会の林邦彦理事長(64)は「復興と呼ぶにはまだ途上にあるが、着実に往時の姿に近づいている。うれしいことです」と喜んだ。

 制作に当たったのは米原市の彫刻師森哲荘さん(69)、長男靖一郎さん(41)、次男徹雄さん(39)の親子。制作を縁に、九山家の子孫の了解を得て、哲荘さんが九山新之丞を襲名することになった。

【 2016年06月18日 15時07分 】

ニュース写真

  • 新調事業が終わり披露された大船鉾の龍頭。鉾の船首に取り付けられる(18日午前10時25分、京都市下京区・池坊短期大)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      口からビー玉、入院患者への虐待疑い謝罪 京都・舞鶴市民病院

      20170328000028

       舞鶴市立舞鶴市民病院(京都府舞鶴市倉谷)は27日、60代の男性入院患者2人について、体..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、尾崎は世界1位に完敗
      マイアミ・オープン4回戦

      20170328000017

       【マイアミ共同】テニスのマイアミ・オープンは27日、米マイアミで女子シングルス4回戦が..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株8日続落、45ドル安
      政策懸念、5年8カ月ぶり

      20170328000006

       【ニューヨーク共同】週明け27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、トラン..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初の「京都遺産」に庭園文化など3件 市審査会答申 

      20170327000157

       京都市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織り成す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]