出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鴨川越えて山鉾巡行、鮮明な写真発見 明治の内国勧業博地鎮祭

(上)第4回内国勧業博覧会の地鎮祭で撮影されたという山鉾の写真。右から南観音山、八幡山と続き、真木4本も見える(下)左から黒主山、北観音山、浄妙山が写る(いずれも八反裕太郎学芸員提供)
(上)第4回内国勧業博覧会の地鎮祭で撮影されたという山鉾の写真。右から南観音山、八幡山と続き、真木4本も見える(下)左から黒主山、北観音山、浄妙山が写る(いずれも八反裕太郎学芸員提供)

 「第4回内国勧業博覧会」を2年後に控えた1893(明治26)年、京都市左京区岡崎で行われた博覧会場建設のための地鎮祭で、祇園祭の山鉾が並ぶ様子を撮影した鮮明な写真が見つかった。写真を購入、分析した穎川(えがわ)美術館(兵庫県西宮市)の八反裕太郎学芸員(43)によると、この地鎮祭に山鉾が出た写真は初めての確認であり、“知られざる山鉾巡行”の一面と言える。山鉾の近代史を捉える上でも注目される。

 同志社女子大で6月に開催された「藝(げい)能史研究会」の第53回大会において、八反学芸員が発表した。写真は2枚あり、それぞれ縦18センチ、横20・8センチ、当時主流だった鶏卵紙を使用していた。縦23・5センチ横28・3センチの台紙には「明治廿(にじゅう)六年岡崎大極殿四回大博覧會(かい)地鎮祭の時地かための為め引出せしの時の寫眞(しゃしん)」との書き付けがあった。

 写っていた山鉾は、後方から南観音山と八幡山、鯉山、浄妙山、北観音山、黒主山で、この年の祇園祭のくじ順とは異なる。判別できないが、鉾の特徴である真木(しんぎ)が4本立つ。後祭の山鉾に真木を持つ鉾はなく、前祭の鉾も出ていたことが分かる。鯉山には現在はない屋根が付き、南観音山2階に羽織はかま姿の囃子(はやし)方が乗る。ガス灯も確認できる。また、山鉾の進行方向に瓦屋根の建物が写り、八反学芸員は金戒光明寺(左京区黒谷)だとみる。

 1890(明治23)年4月8日、岡崎地区で行われた琵琶湖疏水完成記念式典に月鉾、鶏鉾、郭巨(かっきょ)山、油天神山の4基が出る絵図は残るが、鴨川を越えた場所で山鉾が写真に写るのは、地鎮祭の2枚だけという。八反学芸員は「山鉾町には大量の資料が眠っている。祇園祭の近代に目を向けるきっかけになってほしい」と話している。

【 2016年07月05日 16時27分 】

ニュース写真

  • (上)第4回内国勧業博覧会の地鎮祭で撮影されたという山鉾の写真。右から南観音山、八幡山と続き、真木4本も見える(下)左から黒主山、北観音山、浄妙山が写る(いずれも八反裕太郎学芸員提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      サンガ選手が豪雨義援金募る 清水や闘莉王ら参加

      20180716000159

       サッカーJ2京都サンガの選手たちが、西京極陸上競技場の周辺で西日本豪雨の義援金を募った..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      主将山県、旗手は上野有力
      アジア大会の日本選手団

      20180717000003

       8月18日開幕のジャカルタ・アジア大会に出場する日本選手団の主将に陸上男子短距離の山県..... [ 記事へ ]

      経済

      MRJが英でデモ飛行
      世界最大級の航空見本市開幕

      20180716000100

       【ファンボロー(英南部)共同】世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」が1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      残る熱気、深まる情緒 祇園祭・前祭の宵山

      20180716000136

       3連休最終日となった16日、祇園祭の前祭(さきまつり)は宵山を迎えた。連日の猛暑日で夜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生と企業、料理で交流深める 京都・宇治の大学で催し

      20180715000045

       京都文教大(京都府宇治市槙島町)は14日、インターンシップをする学生と受け入れ経験のあ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      カワウソ密輸、日本向けが最多
      東南アジアで摘発、32匹保護

      20180716000067

       ワシントン条約で国際取引が規制されているカワウソを東南アジアから密輸しようとして摘発さ..... [ 記事へ ]