出版案内
福祉事業団

カヤネズミ「イネの食害なし」 滋賀県立大がフン解析

今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)
今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)

 日本最小のネズミで、田んぼなどに巣を作る「カヤネズミ」のフンをDNA解析したところ、イネをほとんど食べないことが、滋賀県立大(彦根市)非常勤講師で「全国カヤネズミ・ネットワーク」代表の畠佐代子さんと、同大学の高倉耕一准教授の共同研究で分かった。

 農家の中にはイネを食い荒らす害獣としてカヤネズミを捕殺する例もあるが、研究結果から「イネの食害はほとんどないと言える」とし、レッドリストで滋賀県で「希少種」、京都府で「準絶滅危惧種」となっているカヤネズミの保護を呼び掛けている。

 カヤネズミは体長が大人の親指大(約6センチ)、体重も五百円硬貨1枚分(7~8グラム)しかない、旧大陸由来のネズミ。国内では、北は宮城県から南は鹿児島県まで広く分布し、オギやススキなど背の高いイネ科の植物を編んで巣を作る。

 畠さんらは昨年6~11月に、彦根市開出今町の水田約5ヘクタール(休耕田含む)を対象にカヤネズミの巣を探し、巣の中に残っているフンをイネなど6種類の食べ物に絞ってDNA解析した。

 その結果、発見した29個の巣のうち21個からスズメノヒエ、8個からイヌビエのDNAを検出。一方、イネのDNAを確認したのはわずか1個で、他もオンブバッタを1個から検出しただけだった。

 畠さんらは研究の成果を分かりやすくまとめた小冊子を千部作成し、地元農家や小中学校に配布した。畠さんは「カヤネズミは良好な水辺や草地など、多様な生物がすむ環境指標となる生き物。京滋でも生息地が減っており、カヤネズミがすめる環境を保全管理し、保護を図る必要がある」と訴える。

【 2016年07月09日 09時23分 】

ニュース写真

  • 今回の研究成果を分かりやすくまとめ、地元農家や学校に配布した小冊子を見せる畠さん(彦根市八坂町・滋賀県立大)
  • カヤネズミと巣=畠さん提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      学校史の集合写真切り取り、岐阜
      県図書館120ページ被害

      20170501000087

       岐阜県は1日、県図書館(岐阜市)で所蔵している県内の小学校や中学校の学校史や記念誌など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中村氏が野球部指導に意気込み
      浜松開誠館高コーチ就任

      20170501000082

       プロ野球の近鉄、中日などで活躍し、米大リーグでもプレーした中村紀洋氏(43)が4月から..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万9274円
      企業業績への期待で反発

      20170501000066

       週明け1日午前の東京株式市場は、堅調な企業業績に対する期待や、円安ドル高の進行が好感さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝、間近にずらり 京都・神護寺で虫払い始まる

      20170501000079

       京都市右京区高雄の神護寺で1日、宝物の虫払いが始まった。鎌倉時代の似絵の傑作「伝源頼朝..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、燃料装填完了
      今月中旬の再稼働目指す

      20170501000064

       関西電力は1日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉への核燃料装填が同日午前に完了し..... [ 記事へ ]