出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭、山鉾が都大路巡行 前祭の23基、絢爛に

歩道を埋めた見物客が見守るなか四条通を進む祇園祭の山鉾(17日午前10時45分、京都市下京区四条通河原町西入ル)
歩道を埋めた見物客が見守るなか四条通を進む祇園祭の山鉾(17日午前10時45分、京都市下京区四条通河原町西入ル)

 日本三大祭りの一つ、祇園祭の前祭(さきまつり)のハイライトとなる山鉾巡行が17日、京都市下京区と中京区で繰り広げられた。色鮮やかな懸装品(けそうひん)や、精緻な金工品や木彫で飾られ、「動く美術館」とも称される絢爛(けんらん)豪華な23基の山鉾が、祇園囃子(ばやし)を奏でて都大路を進んだ。

 午前9時、囃子が始まり、音頭取りの「エンヤラヤー」の掛け声を合図に、先頭の長刀鉾が四条通烏丸東入ルを出発した。四条通麸屋町に差し掛かると、稚児の粂田龍志(くめだりゅうしん)君(11)が、四条通に張られた注連縄(しめなわ)を太刀をきらめかせて一刀両断にした。

 四条通堺町では、24年ぶりに山一番となった山伏山が巡行順を確認する「くじ改め」に臨み、白楽天山、孟宗山と続いた。交差点では「辻(つじ)回し」があり、重さ10トン前後の鉾や曳山(ひきやま)が進行方向を豪快に変え、見物客を喜ばせた。

 四条通では、奉納囃子や渡り囃子と呼ばれるゆっくりとした囃子を響かせ、その後はテンポの速い戻り囃子を演奏して巡行。午後1時40分ごろ、最後尾が新町通御池を通過した。5年ぶりの日曜開催とあって、昨年より12万5千人多い19万人(京都府警調べ)が見物した。夕方には東山区の八坂神社で神幸祭があった。

 祇園祭は八坂神社(東山区)の祭礼。主に神輿(みこし)による神事と山鉾行事で構成される。山鉾行事は国の重要無形民俗文化財。起源は南北朝時代までさかのぼるとされる。24日には後祭(あとまつり)の巡行があり、残る10基の山鉾が練る。

【 2016年07月17日 09時30分 】

ニュース写真

  • 歩道を埋めた見物客が見守るなか四条通を進む祇園祭の山鉾(17日午前10時45分、京都市下京区四条通河原町西入ル)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      カネミ油症で子世代の救済訴え
      三者協議で患者団体

      20180623000115

       西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」で、国と患者団体、原因企業カネミ倉..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本代表の足元サポート 京都サンガのホペイロ松浦さん

      20180623000118

       サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍する日本代表の本田圭佑選手(32)や吉田..... [ 記事へ ]

      経済

      昭和に途絶えたマドレー染復活 京都女子大生ら職人技再現

      20180623000113

       京都発祥で昭和期に途絶えたとされる染色技法「マドレー染」の模様を生かした浴衣が初めて商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」 夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、京都府綾部市岡町の綾部高で講演した。い..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学会、新出生前診断指針見直しへ
      年度内に意見とりまとめ

      20180623000107

       日本産科婦人科学会は23日、妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断の指針の見..... [ 記事へ ]