出版案内
福祉事業団

子ども見守る現代版“寺子屋”拡大 大津の学区で意識向上

ボランティアと一緒に宿題に励む子どもたち(大津市下阪本3丁目・下阪本市民センター)
ボランティアと一緒に宿題に励む子どもたち(大津市下阪本3丁目・下阪本市民センター)

 大津市内の各学区で、共働き世帯や教育環境の整いにくい子どもを地域で見守る活動「寺子屋プロジェクト」が広がっている。8月は夏休み中の子どもたち向けに、居場所づくりや学習支援に取り組んだ。活動を呼び掛けた同市社会福祉協議会は「住民が主体となって、地域で子どもを育てるという意識が高まっている」と話す。

 富士見学区社協は夏休み中に5回、「ふじみ子ども学習ひろば」を地元の市民センターで開いた。8月22日の活動は児童76人が参加し、大津絵「鬼の寒念仏」の模写に挑戦。子どもたちは地域ボランティアと一緒に絵筆を動かした。富士見小6年澤井拓真君(11)は「学校ではない場所で絵が描けて楽しかった」と笑顔を見せた。

 同26日にあった下阪本学区社協の「夏休み地域塾 みちはま教室」には小学1~6年の児童101人が参加。元教員ら18人がボランティアと宿題や読書に励んだ。学習が終わると、5、6年生が住民と作ったカレーを全員で味わった。

 「寺子屋プロジェクト」の活動は、市社協が各学区社協に呼び掛けて2年前から進めている。学校が休みになり、大人の目が届きにくくなる長期休暇中を中心に子どもの居場所をつくり、保護者に代わって勉強や生活をサポートする。全36学区社協のうち昨年は18、今年は21の学区社協が取り組んだ。

 富士見学区社協会長の吉田八(わかつ)さん(85)は「昨年度よりも参加者が多い。夏休みを一人で過ごす子どもが増えていると感じる。今後は、大学生ボランティアなどの若い担い手を集めたい」と話す。同学区では冬休みも同様の活動をする予定という。

 大津市社協の今里美香さん(27)は「学区単位での子どもの見守り活動は少なかった。継続的な取り組みにするために、学区間で課題や活動内容を共有する場をつくっていく」と話している。

【 2016年09月13日 12時41分 】

ニュース写真

  • ボランティアと一緒に宿題に励む子どもたち(大津市下阪本3丁目・下阪本市民センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      石川さゆりさん復興大使に
      地震被災地を応援、熊本市

      20170820000074

       昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた熊本市は20日、復興への機運を高めるため、同市出..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      広陵10―4仙台育英
      広陵が15安打10得点

      20170820000078

       広陵打線は振りが鋭く15安打、10得点した。一回に中村の二塁打などを足場に犠飛と暴投、..... [ 記事へ ]

      経済

      京阪電鉄、初の座席指定特急
      プレミアムカーの運行開始

      20170820000036

       京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      薩摩の少年兵、悲壮な思い遺書に 京博「鳥羽伏見の戦い」展

      20170820000058

       大政奉還150年を記念して、特集展示「鳥羽伏見の戦い」が、京都市東山区の京都国立博物館..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      山城の魅力、同女大生が動画発信 京都、12市町で撮影

      20170820000043

       同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが山城地域の魅力を伝える動画の制作を進めて..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]