出版案内
福祉事業団

歴史行列、都大路彩る 時代祭

維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)
維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)

 京都三大祭りの一つ、時代祭が22日、秋深まる京都市内で行われた。時代装束をまとった約2千人の行列が、平安時代から明治維新まで、京都に都が置かれた約1100年間の装束の変遷を時代をさかのぼって再現し、時代絵巻を繰り広げた。

 早朝に平安神宮(左京区)で神事が行われ、午前9時、平安京に都を移した桓武天皇と、幕末の孝明天皇の祭神を乗せた2基の鳳輦(ほうれん)を中心に神幸列が同神宮を出て上京区の京都御苑に向かった。市内各地からも参加者が御苑に集まった。

 見どころの時代行列は、正午に京都御所の建礼門前を出発。軽やかな鼓笛を伴う維新勤王隊列を先頭に、維新志士列、陣笠に羽織はかま姿の城使や、「奴(やっこ)」がユニークな所作を披露した江戸城使上洛列が続いた。

 行列は全長約2キロに及び、公家や武士の装束や武具、あでやかな女性の衣装が、時代の流れとともに変化していくことが見て取れた。烏丸通や御池通などの沿道では、大勢の見物客が、豪華絢爛(けんらん)、威風堂々とした行列に見入っていた。

 時代祭は平安遷都1100年と平安神宮創建を祝って1895(明治28)年に始まった。当初は六つの行列だけだったが、現在では20の行列が、時代考証に基づいた装束を身に着けて歩く。戦争などで10回の中止があり、今年で112回目。

【 2016年10月22日 17時19分 】

ニュース写真

  • 維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]