出版案内
福祉事業団

歴史行列、都大路彩る 時代祭

維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)
維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)

 京都三大祭りの一つ、時代祭が22日、秋深まる京都市内で行われた。時代装束をまとった約2千人の行列が、平安時代から明治維新まで、京都に都が置かれた約1100年間の装束の変遷を時代をさかのぼって再現し、時代絵巻を繰り広げた。

 早朝に平安神宮(左京区)で神事が行われ、午前9時、平安京に都を移した桓武天皇と、幕末の孝明天皇の祭神を乗せた2基の鳳輦(ほうれん)を中心に神幸列が同神宮を出て上京区の京都御苑に向かった。市内各地からも参加者が御苑に集まった。

 見どころの時代行列は、正午に京都御所の建礼門前を出発。軽やかな鼓笛を伴う維新勤王隊列を先頭に、維新志士列、陣笠に羽織はかま姿の城使や、「奴(やっこ)」がユニークな所作を披露した江戸城使上洛列が続いた。

 行列は全長約2キロに及び、公家や武士の装束や武具、あでやかな女性の衣装が、時代の流れとともに変化していくことが見て取れた。烏丸通や御池通などの沿道では、大勢の見物客が、豪華絢爛(けんらん)、威風堂々とした行列に見入っていた。

 時代祭は平安遷都1100年と平安神宮創建を祝って1895(明治28)年に始まった。当初は六つの行列だけだったが、現在では20の行列が、時代考証に基づいた装束を身に着けて歩く。戦争などで10回の中止があり、今年で112回目。

【 2016年10月22日 17時19分 】

ニュース写真

  • 維新勤王隊を先頭に京都御苑を進む時代祭の行列(22日午後0時18分、京都市上京区・京都御苑)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      沖縄知事、辺野古工事批判
      対抗策の時期は明言避ける

      20170526000077

       沖縄県の翁長雄志知事は26日、県庁で定例の記者会見を開いた。米軍普天間飛行場(宜野湾市..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山下泰裕氏が全柔連新会長へ
      東京五輪に向け新体制

      20170526000052

       6月に役員を改選する全日本柔道連盟(全柔連)の次期会長に1984年ロサンゼルス五輪無差..... [ 記事へ ]

      経済

      東証午前終値、1万9762円
      利益確定売りで反落

      20170526000070

       26日午前の東京株式市場は当面の利益を確定する売り注文が先行し、日経平均株価(225種..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      扇面キャンバスに自由に描く 滋賀で関西芸術展

      20170526000069

       扇面の枠内に絵画や書などを表現した「第32回関西扇面芸術展」が25日、滋賀県守山市三宅..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高齢化に悩む三和ブドウ栽培、地元高校生が引き継ぐ

      20170525000139

       福知山高三和分校(京都府福知山市三和町)の生徒が、同町特産の「三和ブドウ」の栽培に挑戦..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]