出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

紅葉の永観堂、暗闇に浮かぶ 京都、見頃控え試験点灯

赤く色付き始めたモミジが鮮やかにライトアップされた境内(4日午後6時12分、京都市左京区・永観堂)
赤く色付き始めたモミジが鮮やかにライトアップされた境内(4日午後6時12分、京都市左京区・永観堂)

 紅葉の名所、永観堂(禅林寺、京都市左京区)は4日、境内を照らすライトアップの試験点灯を実施した。赤みを帯びたモミジの葉が、黄色がかった光に照らし出され、暗闇に「錦」を織りなした。

 約3千本のイロハモミジやヤマモミジ、オオモミジを、月明かりをイメージした光を放つ670基の照明で照らした。放生池(ほうじょうち)のほとりには色づきの早い木が数本あり、燃え上がるような赤い葉が柔らかな光に包まれた。多宝塔も東山の中腹に浮かび上がった。

 永観堂の久我儼昭(くがげんしょう)執事長(65)は「国内外の観光客に、来て良かったと思ってもらえればうれしい」と話した。見頃は例年並みの11月中旬から下旬の見込みという。

 ライトアップのある「夜の特別拝観」は、8日~12月4日までの午後5時半~同8時半(受け付け終了)。拝観料600円、小学生以下は無料。

【 2016年11月04日 22時30分 】

ニュース写真

  • 赤く色付き始めたモミジが鮮やかにライトアップされた境内(4日午後6時12分、京都市左京区・永観堂)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京町家「長江家」復元完成 手続き簡素化の市制度初

      20180524000196

       京都市下京区の京町家「長江家(ながえけ)住宅」で、内装を150年前の建築当時の姿に近づ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]