出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

仏教の教えアイドルが伝える! 京都、女子学生らデビューへ修業

「デビュー法要」に向け練習に励む「てら*ぱるむす」のメンバー(京都市下京区塩小路通大宮東入ル・龍岸寺)
「デビュー法要」に向け練習に励む「てら*ぱるむす」のメンバー(京都市下京区塩小路通大宮東入ル・龍岸寺)

 歌や踊りで仏教の教えを伝える5人組女性アイドル「てら*ぱるむす」が6日、京都市下京区の龍岸寺でお披露目の「デビュー法要」を行う。メンバーは菩薩(ぼさつ)という設定で「煩悩多き衆生とともに修行する」をテーマに、日夜、練習に励んでいる。

 てら*ぱるむすは京都市内の寺院5カ所で開かれる催し「十夜フェス」の一環で結成された。グループ名は「寺」と1兆を意味する単位「テラ」を掛けた言葉と、合掌をイメージし手のひらを意味する英語「パルムス」を組み合わせた。「地球上の何兆もの生命体と暮らしよい世界をつくる」という願いを込めた。

 メンバーは京滋の芸術系大学の1、2年生。それぞれ勢至、文殊、観音、普賢(ふげん)、弥勒の各菩薩にちなんだ名前を持ち、仏教の五色から紫、白、赤、黄、緑をテーマ色にしている。

 十夜フェスは、仏教行事「十夜法要」をもとにしたイベントで、若者に寺へ足を運んでもらおうと、昨年から僧侶と学生らが開催している。今年のフェスの企画立案に携わった橋本千裕さん(19)=京都市立芸術大1年=がアイドル結成を提案。自身がプロデューサーとなり、友人らを通じてメンバーを募集した。今年10月から、練習を始めた。

 6日午後6時からのデビュー法要では、アニメ「一休さん」のテーマ曲や、龍岸寺の池口龍法住職(36)作詞のオリジナル曲など3曲を披露する。その後、池口住職と念仏を唱える。翌7日は同寺で、西迎院(奈良県下市町)の中村祐華副住職が扮(ふん)する「愛$(あいどる)菩薩」の公演後、てら*ぱるむすのライブを行う。

 十夜フェスでは、13日午後3時から正法寺(東山区清閑寺)で僧侶と学者による宇宙をテーマにした対談などもある。催しは有料。問い合わせは十夜フェス実行委員会代表の圓城さん携帯電話080(5361)1463。

【 2016年11月05日 22時00分 】

ニュース写真

  • 「デビュー法要」に向け練習に励む「てら*ぱるむす」のメンバー(京都市下京区塩小路通大宮東入ル・龍岸寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ショートの坂爪、現役引退の意向
      男子のエース

      20180426000225

       平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートルで5位に入った坂爪..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会

      20180426000214

       高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]