出版案内
福祉事業団

カヤネズミの生息域保全を 滋賀・草津で全国サミット

地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)

 日本一小さなネズミで絶滅の恐れがあるカヤネズミの保全について考える「第2回全国カヤ・サミット」が4日、滋賀県草津市下物町の県立琵琶湖博物館であった。全国から集まった参加者約100人がカヤネズミの成育調査や飼育環境などについて理解を深めた。

 同博物館の開館20年周年と、カヤネズミの成育分布などを調べる市民団体「全国カヤネズミ・ネットワーク」設立15周年の記念イベントとして開かれた。

 カヤネズミは体長約6センチ、体重約7~8グラムで、草地や河原に生息。夜行性で、イネ科の植物で球形の巣を作る。河川改修や外来植物の影響で生息数が減り、県レッドデータブックの希少種とされている。

 サミットでは同ネットワーク代表の畠佐代子さん(47)が、インターネットを使った生息地図「全国カヤマップ」を紹介した。全国約5500カ所で生息しているとした上で「地域住民がカヤネズミの生息域を知り、環境を保全する必要がある」と述べた。

 1987年からカヤネズミを飼育する「富山市ファミリーパーク」の森大輔さん(40)は「絶滅を防ぐために、動物園で育てる環境が大事」と指摘した。

 カヤネズミの展示を今年7月から始めた琵琶湖博物館の学芸員澤邊久美子さん(32)は「カヤネズミの保全は、生物が多く生息する草地やヨシを守ることにもつながる」と語った。

【 2016年12月05日 10時06分 】

ニュース写真

  • 地域住民でカヤネズミの保全を進めてほしいと話す畠さん(草津市下物町・県立琵琶湖博物館)
  • 絶滅の恐れが指摘されているカヤネズミ(県立琵琶湖博物館提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ

      20170626000036

       大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス錦織は9位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000053

       男子テニスの26日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は9位で変わらなかった..... [ 記事へ ]

      経済

      無人の自動運転車、初実験
      沖縄、遠隔でカート走行

      20170626000051

       ドライバーが乗らずに自動運転車を遠隔操作だけで走らせる実証実験が26日、沖縄県北谷町で..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、雨に鮮やか 京都・楊谷寺

      20170626000030

       「長岡京あじさいまつり」が25日、京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺であった。時折、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]