出版案内
福祉事業団

女子駅伝第1回出場ランナー、福島の新監督に 「陸上の原点」

練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場
練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場

 全国女子駅伝の第1回大会(1983年)を福島チームで走った阿部縁(ゆかり)さん(48)=福島市=が、今大会から監督に就いた。都大路を6度駆け、「私を陸上に導いてくれた大会」と感謝の気持ちを胸に刻む。東日本大震災からの復興を目指す古里に元気を届けたい-。15日の号砲を心待ちにしている。

 土のトラックの西京極陸上競技場(京都市右京区)で、優勝した千葉の増田明美さんがゴールテープを切ったのを覚えている。第1回大会は西信中2年の時。初めての駅伝で「空気にのまれたというか、何も分からないまま走っていた」。沿道の人だかりや大声援に圧倒されながらも、みんなでたすきをつなぐのは楽しかった。同時に、棄権した他チームを見て、たすきの重さを感じた。

 走った3区は現在中学生区間となっているが、当時は年齢による区間分けがなく、中学生から社会人までが競う中で区間6位と好走した。それまで走ることを深く考えたことはなかったものの、「結構いい結果が出て、やれるぞと思った。私を陸上に導いてくれた大会だった」と振り返る。福島西女子高(現・福島西高)では全国高校総体や国体に出場し、東京女子体育大でも競技を続けた。

 卒業後は古里に戻り、中学の教員として後進を指導する。「自分を育ててくれた大会に関われることはありがたい」と、支援スタッフやコーチとして10年以上、全国女子駅伝に携わってきた。

 2011年3月11日、福島県は東日本大震災に見舞われた。チーム内でも前回まで監督を務めた畑中良介コーチ(49)が福島第1原発事故で双葉町の自宅を手放したという。

 阿部さんは「福島から避難している人、福島へ帰れない人がいる。みんなが走ることで元気を発信できる」と語る。選手に震災について話すことは少ない

【 2017年01月13日 09時04分 】

ニュース写真

  • 練習中に中学生選手と談笑する福島チームの阿部監督(右から2人目)=12日、京都市右京区・西京極陸上競技場

2017衆院選 開票速報

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      小池氏、代表辞任を否定
      「組織固める中、無責任」

      20171024000003

       【パリ共同】希望の党代表の小池百合子東京都知事は23日、出張先のパリで報道陣の取材に応..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大、開幕3連勝 ラグビー関西大学リーグ

      20171023000201

       ラグビーの関西大学リーグ22日、皇子山陸上競技場で2試合が行われた。京産大は17-7で..... [ 記事へ ]

      経済

      百貨店の売上高7.3%増 京都の4店、秋物が好調

      20171023000193

       京都百貨店協会が23日発表した京都市内4百貨店の9月売上高は、前年同月比7・3%増の1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      檜皮や庭石確保に職人奔走 京都のウラ側で

      20171023000124

       半世紀ぶりの屋根のふき替えが進む京都市東山区の国宝、清水寺の本堂。約2千平方メートルの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]