出版案内
福祉事業団

京都逆転、3年ぶり栄冠 全国女子駅伝、2位岡山に2秒差

3年ぶり16度目の優勝を遂げ、ゴールテープを切る京都チームのアンカー筒井咲帆(15日午後2時47分、京都市右京区・西京極陸上競技場)
3年ぶり16度目の優勝を遂げ、ゴールテープを切る京都チームのアンカー筒井咲帆(15日午後2時47分、京都市右京区・西京極陸上競技場)

 皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)が15日、京都市右京区の西京極陸上競技場を発着、左京区の国立京都国際会館前を折り返す9区間42・195キロで行われ、最終9区で先頭に立った京都が2時間17分45秒で3年ぶり、大会最多となる16度目の優勝を飾った。

 1917年に京都-東京間で「駅伝」が初めて行われて100年の節目となる今年の大会は、この冬一番の寒波による大雪を克服してのレースとなった。京都は1区一山麻緒(ワコール)が2位と好発進、2区片山弓華(立命館宇治高)の区間賞を奪う好走で首位に。中盤以降も粘って上位を保ち、2位でたすきを受けたアンカーの筒井咲帆(ヤマダ電機、乙訓高出)がトップを奪い、逃げ切った。

 2位は岡山。アンカーの小原怜(天満屋)が6人を抜く区間賞の猛追を見せ、京都に2秒差まで迫った。3位の千葉は最終区で逆転され、23年ぶりの優勝を逃した。前回8位の長崎が4位に入り、連覇を狙った愛知は5位だった。滋賀はアンカー桑原彩(積水化学、比叡山高-佛教大出)が順位を五つ上げ、26位だった。

■昨年の悔しさ晴らせた

 京都・沢井宏次監督の話 駅伝100年の節目の大会で、絶対勝ちたいと思っていた。けが人もあったけれど、選手層の厚さと団結力でカバーし、昨年の悔しさを晴らすことができた。

【 2017年01月15日 22時38分 】

ニュース写真

  • 3年ぶり16度目の優勝を遂げ、ゴールテープを切る京都チームのアンカー筒井咲帆(15日午後2時47分、京都市右京区・西京極陸上競技場)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      沖縄・辺野古埋め立て着工1カ月
      延びる護岸、濁る海

      20170524000120

       政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山中慎介、8月にV13戦
      防衛記録懸け同級1位選手と

      20170524000149

       世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が次戦で同級1位のルイス..... [ 記事へ ]

      経済

      ドコモ、海外でもdポイント付与
      6月からグアムで

      20170524000135

       NTTドコモは24日、携帯電話料金やコンビニの支払いで付与する「dポイント」の海外展開..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      喫茶の文化、現代流に復興を 小川流煎茶新家元

      20170524000098

       小川流煎茶(京都市北区)の七代家元を小川後楽さん(45)が21日に襲名した。次期家元と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国宝・不動明王像、鮮やかに復元模写 京都・醍醐寺

      20170523000124

       醍醐寺所蔵の国宝の密教絵画「絹本著色(けんぽんちょしょく)五大尊像」の一つ「不動明王像..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]