出版案内
福祉事業団

亀岡スタジアム、建設に動く 第三者委が了承、府予算計上へ

スタジアム建設の事業実施について議論した公共事業評価第三者委員会(京都市上京区)
スタジアム建設の事業実施について議論した公共事業評価第三者委員会(京都市上京区)

 京都府が亀岡市で計画する球技専用スタジアム建設を巡り、事業の是非を協議する府公共事業評価第三者委員会が3日、京都市で会合を開き、当初計画から予定地を変更したJR亀岡駅北側の土地区画整理事業地での事業実施を了承した。これを受け、府は近く公表する2017年度一般会計当初予算案にスタジアム建設費を計上する。

 国天然記念物アユモドキの保護策を検討する府の環境保全専門家会議も2日に「地下水への影響は軽微」とする府の調査結果を了承済みで、建設に向けた大きな節目を迎えた。

 この日の評価委で府は、アユモドキ保全のため建設予定地を変更した経緯や、新予定地周辺での地下水調査結果を説明した。専門家会議の委員も出席し、先月25日の会合で府の地下水調査が「不十分」として判断を見送り、追加の解析結果を基に2日、「精緻な調査の継続」を条件に了承したことを報告した。

 評価委では、事業化の議論の在り方について、批判や疑問が相次いだ。委員の一人は、専門家会議が当初了承を見送ってから1週間余りしかたっていない点を挙げ「大きな予算の是非を決める大事な会議だ。公共事業の進め方として良いと思っているのか」と批判した。他にも「市街地に近いのに、生活環境への対策が詰められていない」「地下水への影響調査をもっと丁寧に行うべきだ」といった注文が出た。

 前回の会合で、専門家会議の結果を尊重すると決めていることから、小林潔司委員長(京都大教授)が、新予定地での事業実施を認めることを提案し、了承された。ただ着工の条件として、アユモドキ保全に関する追加調査を専門家会議が了承することを挙げた。

【 2017年02月03日 23時30分 】

ニュース写真

  • スタジアム建設の事業実施について議論した公共事業評価第三者委員会(京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      飲酒事故、沖縄米軍トップが謝罪
      対策不十分と翁長氏抗議

      20171120000112

       沖縄に駐留する米海兵隊員が那覇市で飲酒運転し死亡事故を起こした疑いで逮捕された事件で、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Wブロミッジが監督を解任
      イングランド・プレミアリーグ

      20171120000170

       サッカーのイングランド・プレミアリーグ、ウェストブロミッジは20日、ピュリス監督の解任..... [ 記事へ ]

      経済

      オフィス家具で運動効果、健康に
      揺れる椅子などメーカー投入

      20171120000159

       座面が揺れて運動効果がある椅子や、立ったり座ったりするのに合わせて電動で高さを変えられ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国産の超高性能量子計算機を公開
      複雑な計算、一瞬で正解

      20171120000154

       NTT物性科学基礎研究所(神奈川県)などは20日、これまでのコンピューターが容易に解け..... [ 記事へ ]