出版案内
福祉事業団

痛車に萌えキャラ、旧しごと館がサブカル拠点に 京都・精華

アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)

 京都府精華町は27日、アニメやゲームなどのサブカルチャーを創造して発信する拠点と、子どもたちへの科学教育を推進する拠点をそれぞれ、関西文化学術研究都市の「けいはんなオープンイノベーションセンター」(KICK、木津川市・精華町)に開設する計画を明らかにした。

 同町は一昨年秋から「SEIKAサブカルフェスタ」を開催。昨年は町のキャラクター「京町セイカ」ら「ご当地萌(も)えキャラ」のステージや、イラストが描かれた「痛車(いたしゃ)」イベントなどで話題になった。

 サブカル拠点は、サブカル分野のデジタルクリエイターを目指す大学生らの活動拠点とし、新たな文化創造を目指す。町は「若者文化を発信して若い世代が交流し、住んでもらうことも期待したい」とする。一方、科学教育拠点は、同町などが学研都市立地施設や研究者らと進めてきた科学体験プロジェクト「科学のまちの子どもたち」を踏まえ、子どもたちが科学実験やロボット製作などに取り組む。

 同町の2017年度当初予算案に拠点運営費2800万円、16年度補正予算案に施設整備費3千万円を計上した。

 KICKは「私のしごと館」の譲渡を受けた京都府が共同研究施設として2015年4月に開所。現在22社・団体が入居するが、立地市町の入居は初。木村要町長は「若い世代の育成拠点となり、一般の人たちにも開かれた場になってほしい」と話している。

【 2017年02月28日 12時30分 】

ニュース写真

  • アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      都民ファースト、東京以外支援も
      都議選後、野田代表が考え示

      20170430000069

       東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」代表で、都政務担当特..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子ゴルフ、キム・ハヌルが優勝
      鈴木愛とのPO制し4勝目

      20170430000067

       サイバーエージェント・レディース最終日(30日・静岡県グランフィールズCC=6501ヤ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の南北高速道路軸、完成祝う 城陽―八幡京田辺が開通

      20170430000052

       新名神高速道路の城陽―八幡京田辺間(3・5キロ)が30日に開通し、城陽市内で記念式典が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      小説投稿サイト、読者評価が流行に直結 大塚英志氏に聞く

      20170430000065

       「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」「京都寺町三条のホームズ」など、小説投稿サイトからヒ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      平安期以前の原生林、次代に 京都・糺の森で植樹

      20170430000030

       平安時代以前の原生林の姿を今に伝える京都市左京区の下鴨神社・糺の森で29日、市民植樹祭..... [ 記事へ ]