出版案内
福祉事業団

痛車に萌えキャラ、旧しごと館がサブカル拠点に 京都・精華

アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)

 京都府精華町は27日、アニメやゲームなどのサブカルチャーを創造して発信する拠点と、子どもたちへの科学教育を推進する拠点をそれぞれ、関西文化学術研究都市の「けいはんなオープンイノベーションセンター」(KICK、木津川市・精華町)に開設する計画を明らかにした。

 同町は一昨年秋から「SEIKAサブカルフェスタ」を開催。昨年は町のキャラクター「京町セイカ」ら「ご当地萌(も)えキャラ」のステージや、イラストが描かれた「痛車(いたしゃ)」イベントなどで話題になった。

 サブカル拠点は、サブカル分野のデジタルクリエイターを目指す大学生らの活動拠点とし、新たな文化創造を目指す。町は「若者文化を発信して若い世代が交流し、住んでもらうことも期待したい」とする。一方、科学教育拠点は、同町などが学研都市立地施設や研究者らと進めてきた科学体験プロジェクト「科学のまちの子どもたち」を踏まえ、子どもたちが科学実験やロボット製作などに取り組む。

 同町の2017年度当初予算案に拠点運営費2800万円、16年度補正予算案に施設整備費3千万円を計上した。

 KICKは「私のしごと館」の譲渡を受けた京都府が共同研究施設として2015年4月に開所。現在22社・団体が入居するが、立地市町の入居は初。木村要町長は「若い世代の育成拠点となり、一般の人たちにも開かれた場になってほしい」と話している。

【 2017年02月28日 12時30分 】

ニュース写真

  • アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      防衛相、英新型空母を視察
      「いずも」との訓練に意欲

      20171216000001

       【ポーツマス共同】訪英中の小野寺五典防衛相は英南部ポーツマスで15日、英海軍の最新空母..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー元日本代表GK川口選手、高校生に熱血指導 京都

      20171215000200

       サッカー元日本代表で42歳の現在もJ3のSC相模原で現役GKとしてプレーする川口能活選..... [ 記事へ ]

      経済

      酔客ふらつき、カメラが自動検知 JR京都駅ホームに設置

      20171215000212

       JR西日本は15日、駅のホームでふらつきながら歩くなどの酔客の異常行動を自動で検知する..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      焼損前の法隆寺金堂壁画、実物大写真で再現 京都で特別展

      20171215000194

       美術印刷の老舗「便利堂」(京都市中京区)の創業130周年特別展「至宝をうつす」が16日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]