出版案内
福祉事業団

痛車に萌えキャラ、旧しごと館がサブカル拠点に 京都・精華

アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)

 京都府精華町は27日、アニメやゲームなどのサブカルチャーを創造して発信する拠点と、子どもたちへの科学教育を推進する拠点をそれぞれ、関西文化学術研究都市の「けいはんなオープンイノベーションセンター」(KICK、木津川市・精華町)に開設する計画を明らかにした。

 同町は一昨年秋から「SEIKAサブカルフェスタ」を開催。昨年は町のキャラクター「京町セイカ」ら「ご当地萌(も)えキャラ」のステージや、イラストが描かれた「痛車(いたしゃ)」イベントなどで話題になった。

 サブカル拠点は、サブカル分野のデジタルクリエイターを目指す大学生らの活動拠点とし、新たな文化創造を目指す。町は「若者文化を発信して若い世代が交流し、住んでもらうことも期待したい」とする。一方、科学教育拠点は、同町などが学研都市立地施設や研究者らと進めてきた科学体験プロジェクト「科学のまちの子どもたち」を踏まえ、子どもたちが科学実験やロボット製作などに取り組む。

 同町の2017年度当初予算案に拠点運営費2800万円、16年度補正予算案に施設整備費3千万円を計上した。

 KICKは「私のしごと館」の譲渡を受けた京都府が共同研究施設として2015年4月に開所。現在22社・団体が入居するが、立地市町の入居は初。木村要町長は「若い世代の育成拠点となり、一般の人たちにも開かれた場になってほしい」と話している。

【 2017年02月28日 12時30分 】

ニュース写真

  • アニメキャラクターなどが描かれた「痛車」も集結した「SEIKAサブカルフェスタ」(昨年11月20日、京都府精華町・木津川市、けいはんなオープンイノベーションセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      松井氏、証人喚問応じる意向
      大阪府議会は百条委協議

      20170324000081

       日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は24日、森友学園への国有地払い下げ問題を巡る国会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ドッジ全国大会、団結力で決勝Tを 滋賀・東近江の小5チーム

      20170324000083

       東近江市の湖東第二小5年生でつくるドッジボールチーム「レイクイーストファイヤーズSP」..... [ 記事へ ]

      経済

      東証続伸、終値177円高
      米政権の不透明感やや後退で

      20170324000091

       24日の東京株式市場は、米国の政局を巡る不透明感がやや後退して円安ドル高が進んだことか..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      漂着ごみをアートに、琴引浜を美しく 京都・網野高生

      20170324000075

       京都府京丹後市網野町の網野高美術部が、地元の琴引浜に打ち寄せられたごみを使った「漂着ご..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京大卒業式「共存へ向き合って」 首相や朴前大統領に仮装も

      20170324000080

       京都大の卒業式が24日、京都市左京区のみやこめっせであった。式辞で山極寿一総長は、英国..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]