出版案内
福祉事業団

収監逃れ、疑惑解明遠く 京都府立医大強制捜査1ヵ月

京都府立医大に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら(2月14日午前10時15分、京都市上京区)
京都府立医大に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら(2月14日午前10時15分、京都市上京区)

 京都府立医科大付属病院(京都市上京区)などが暴力団組長の病状について、虚偽の文書を作成するなどしたとされる事件は14日、府警の強制捜査から1カ月となる。吉村了勇(のりお)院長(64)は記者会見で、虚偽性を否定したが、疑問は消えない。府警による院長や主治医の講師(44)らへの任意聴取は今も続いており、捜査は長期化の様相を見せている。

 指定暴力団山口組系淡海一家(大津市)の高山義友希受刑者(60)は2014年7月当時は公判中で、腎臓疾患で人工透析を受け、保釈されていた。府立医大付属病院によると、同月に生体腎移植を受けた。吉村院長や講師は高山受刑者の病状について、判決確定後の15年8月、検察庁からの照会に対し、腎疾患で「拘禁に耐えられない」と病院長名で回答書を作成し、提出した。

 京都新聞社が入手したこの回答書によると、検察側は、病名や治療状況、入院の必要性など13項目について質問している。病院側は病名を「移植腎拒絶反応」とし、拘禁に耐えられない理由に「BKウイルス腎炎の併発で、免疫抑制療法の厳重な調整を継続する必要があり、改善に2年を要する」などと記載。治療に必要なものとして、免疫抑制剤の血中濃度の測定装置や、血中・尿中ウイルスの定量検査などを挙げている。

 法務省は、高山受刑者が収監された大阪刑務所など、全国の刑務所など矯正施設のうち約10カ所で人工透析治療装置を設置。腎疾患患者も収監しており、「病態によるが、移植患者だから収監できない、ということはない」としている。

 吉村院長は会見で、高山受刑者が移植後約1年で入院した際、血中クレアチニン(アミノ酸の一種)の値が100ミリリットル当たり1・06ミリグラムから1・17ミリグラムに上昇したとのデータを示し、感染症の危険性を指摘。「テレビなどで想像し、衛生状態の不確かな刑事施設では感染症にかかる可能性が高いと考えた」と説明した。院長の代理人弁護士によると、収容施設の設備環境や診察態勢の詳細な説明は検察側からはなかったという。

 ある検察OBの弁護士は「人的、物的に刑務所の医療環境がどうなっているのか。その説明がなければ評価の土台がなく、拘禁に耐えられるのか医師は判断しようがない」と話す。

 捜査関係者によると、収監を巡り、大阪高検が病院などから取り寄せた診療データなどを基に府警が昨年、捜査を開始。複数の医師に分析を依頼し、高山受刑者が当時、収監に問題ない健康状態だったとの見解を得たという。

 また、講師は府警の任意聴取に対し、吉村院長に相談の上、「拘禁場所付属の医療機関により治療を継続することで拘禁が可能」「医療刑務所での拘禁なら可能」など四つの選択肢の中から「拘禁に耐えられない」にチェックし、理由を書き添えたことは認めているという。

 一方、吉村院長は回答書の内容に「虚偽は一切ない」と否定している。院長の代理人弁護士は、複数の専門医に独自に見解を求め、拘禁に耐えられないとの判断が妥当だったとの意見を得たといい、「院長に相談した結果、講師が意見を変えたとしても結果が正しければ『虚偽』には当たらない」と主張している。

【 2017年03月14日 08時01分 】

ニュース写真

  • 京都府立医大に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら(2月14日午前10時15分、京都市上京区)
  • 虚偽診断疑惑をめぐる経緯

2017衆院選 開票速報

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      小池氏、代表辞任を否定
      「組織固める中、無責任」

      20171024000003

       【パリ共同】希望の党代表の小池百合子東京都知事は23日、出張先のパリで報道陣の取材に応..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大、開幕3連勝 ラグビー関西大学リーグ

      20171023000201

       ラグビーの関西大学リーグ22日、皇子山陸上競技場で2試合が行われた。京産大は17-7で..... [ 記事へ ]

      経済

      百貨店の売上高7.3%増 京都の4店、秋物が好調

      20171023000193

       京都百貨店協会が23日発表した京都市内4百貨店の9月売上高は、前年同月比7・3%増の1..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      檜皮や庭石確保に職人奔走 京都のウラ側で

      20171023000124

       半世紀ぶりの屋根のふき替えが進む京都市東山区の国宝、清水寺の本堂。約2千平方メートルの..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]