出版案内
福祉事業団

オールの代わりに、ペダルでビワイチ 京都大ボート部

琵琶湖周航の歌資料館近くの今津港に建つ歌碑を訪れた京都大ボート部の現役部員たち(滋賀県高島市今津町)
琵琶湖周航の歌資料館近くの今津港に建つ歌碑を訪れた京都大ボート部の現役部員たち(滋賀県高島市今津町)

 「琵琶湖周航の歌」の誕生から6月で100年になるのに合わせ、歌い継いできた京都大ボート部の現役部員たちが16日、自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」に挑んだ。オールに代えてペダルをこぎながら、今津や竹生島など歌詞に登場するゆかりの地を巡り、叙情豊かな名曲の世界観に触れた。

 周航の歌は1917(大正6)年6月、旧制第三高水上部(現京大ボート部)の小口太郎がボートで琵琶湖一周する途中に立ち寄った滋賀県高島市今津町の宿で、自作の詩を当時流行していた「ひつじぐさ」のメロディーに乗せて歌ったのが始まりと伝わる。代々受け継がれ、現在も懇親会で合唱するほか、新入部員は夏に3泊4日の周航を経験する際に歌詞を覚える。

 部では毎年この時期に自転車で京都の社寺などを巡っており、今年は周航の歌誕生100年にちなんで琵琶湖一周を計画。ただ、競技シーズンに向けた練習もあるため、1日で回れる自転車での「周航」を決めた。

 この日は2~4年の部員やマネジャー40人が参加し、2グループに分かれて行動した。故障者らは4番の歌詞に登場する竹生島(長浜市)に船で渡り、湖上の景色に思いをはせた。一方、自転車組は早朝に大津市の部艇庫を出発すると、反時計回りで北上。寒風と時折小雨も混じる中、湖畔の自然美を眺めながら長命寺(近江八幡)や彦根港(彦根市)などゆかりの地に建つ歌碑を訪ねた。

 今津町で合流した一行は琵琶湖周航の歌資料館(同町)を見学し、歌詞の変遷や小口の人となりを伝える資料に見入った。主将の3年鈴木康太さん(22)=京都市左京区=は「周航の歌は、部員それぞれの思い出とともにある。これからも部の伝統として受け継いでいきたい」と話し、歌の存在の大きさを再認識していた。

【 2017年03月17日 12時42分 】

ニュース写真

  • 琵琶湖周航の歌資料館近くの今津港に建つ歌碑を訪れた京都大ボート部の現役部員たち(滋賀県高島市今津町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      加計問題、野党攻勢強める
      「共謀罪」29日に参院審議

      20170527000090

       国会は参院で29日に本会議が開かれ、安倍晋三首相が出席して「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池田勇太、33位で予選通過
      米男子ゴルフ第2日

      20170527000054

       米男子ゴルフのディーン&デルーカ招待は26日、テキサス州フォートワースのコロニアルCC..... [ 記事へ ]

      経済

      難問続々、鉄道ファンら挑戦 京阪でクイズラリー開催

      20170527000076

       京阪電気鉄道は27日、京阪本線東福寺-三条間の「京都地下線」開通30周年を記念して主要..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロープや音頼りに全力疾走 滋賀・彦根

      20170527000052

       滋賀県彦根市西今町の県立盲学校で26日、陸上記録会が行われた。手に握ったロープや、音を..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最高齢、21歳の雄トキが繁殖
      人間では80歳、新潟・佐渡

      20170527000077

       新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターは27日、21歳の雄トキ友友と雌のペアから、ひなが生..... [ 記事へ ]