出版案内
福祉事業団

立命大女子陸上部、常勝支えた4人卒業 実業団で「一歩ずつ」

全日本大学選抜女子駅伝4連覇を達成して喜ぶ青木(前列左端)、菅野(同2人目)、広田(前列右端)、池内(同2人目)。後列中央は高橋尚子さん=2016年12月、静岡県富士市
全日本大学選抜女子駅伝4連覇を達成して喜ぶ青木(前列左端)、菅野(同2人目)、広田(前列右端)、池内(同2人目)。後列中央は高橋尚子さん=2016年12月、静岡県富士市

 立命大女子陸上部で全日本大学女子駅伝5連覇などチームの黄金期を支えた、立命館宇治高出身の4人が卒業し、実業団でそれぞれの目標に向かって走り出す。2年冬から主将を務めた菅野七虹は「常勝チームで主将ができたのは特別な経験だった。リオデジャネイロ五輪に出場した同年代に負けないようにしたい」と飛躍を誓う。

 全日本大学駅伝は昨年こそ敗れたが、史上初の5連覇を達成。全日本大学女子選抜駅伝も連覇を4まで伸ばした。菅野は豊田自動織機、池内彩乃はデンソー、広田麻衣は積水化学、青木奈波は4月に創部される岩谷産業に入る。高校3年で全国高校駅伝を制した盟友たち。菅野は「高校からずっと練習してきたので、みんなと離れる実感が湧かない」と話す。

 大学では4人とも、けがなどに苦しんだ。その中で自ら考え、練習を続けた経験が財産になっている。菅野は3年でユニバーシアードのハーフマラソンで銀メダルに輝いた。それでもチームがまとまらない時期に、精神的な落ち込みで不調に陥ったこともあり、「しんどさが9割だった」と話す。4年生全員が本音をぶつけ合った夏の合宿が転機になったといい、「みんなでチームを作り上げた経験が忘れられない」。

 池内はけがに悩まされながら、4年は全日本大学選抜駅伝で優勝に貢献し「この一年が一番濃かった」。広田と青木は1年で全日本大学駅伝を走った後、けがに苦しんだ。その中でも地道な努力を続けた。菅野は「広田はいつも相談に乗ってくれ、青木も苦しい時にチームで大事なことを言ってくれた」と感謝する。

 東京五輪はもちろん、2024年の五輪にも活躍が期待される世代だ。池内は「日本選手権でトップ争いをできるようになりたい」、菅野は「ゼロから頑張るつもり。一歩ずつ目標を越えたい」と決意を込める。

【 2017年03月18日 15時51分 】

ニュース写真

  • 全日本大学選抜女子駅伝4連覇を達成して喜ぶ青木(前列左端)、菅野(同2人目)、広田(前列右端)、池内(同2人目)。後列中央は高橋尚子さん=2016年12月、静岡県富士市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      沖縄で収集遺骨、京大に返還要請へ 昭和初期の26体

      20180121000024

       京都帝国大医学部解剖学教室助教授だった金関丈夫が昭和4(1929)年、沖縄県今帰仁村(..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      岡崎は後半途中までプレー
      サッカーのプレミアリーグ

      20180121000022

       【レスター(英国)共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、レスターの岡崎慎司は2..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]