出版案内
福祉事業団

墨染桜の美、次世代に 京都、遺伝子継ぐ4代目植樹

白く愛らしい花を咲かせた3代目の墨染桜(2012年撮影)=墨染寺提供
白く愛らしい花を咲かせた3代目の墨染桜(2012年撮影)=墨染寺提供

 「桜寺」として親しまれる京都市伏見区の墨染寺でこのほど、地名や寺号の由来になった「墨染桜」の遺伝子を受け継ぐ4代目の若木が植樹された。3代目が病気で枯れてしまったためで、早くても来春という4代目の開花を関係者たちが心待ちにしている。

 墨染桜は、874(貞観16)年の開基当初からあり、歌人の上野峯雄が詠んだ和歌「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」(古今集)から名付けられた。小さく白い花が特徴で、4月の見頃には1日に2千人が訪れるという。

 墨染寺によると、3代目は約20年間、花を咲かせたが、数年前から徐々に少なくなっていた。これまでは枯れる度に接ぎ木してきたが、次世代に墨染桜の遺伝子を残そうと、林木育種センター関西育種場(岡山県)に依頼。同センターは名木や希少木を後世に伝えるプロジェクトを進めており、関西育種場で2年がかりで育てられた若木2本を新たに植樹することにした。

 同プロジェクトに認証された木は、関西育種場が管轄する19府県に88種、京都府内では墨染桜を含めて38種ある。今後、遺伝子の特性調査など生育状況を記録し、データベースとして公開する。

 4代目の開花は、生育具合によって数年後になる可能性もあるという。住職の妻で桜を世話する田中政子さん(86)は「地域のシンボルである木を次世代に残せて安心した。今年の墨染桜を楽しみにする人には申し訳ないが、開花までしばらく待っていただければ」と話している。

【 2017年03月31日 17時00分 】

ニュース写真

  • 白く愛らしい花を咲かせた3代目の墨染桜(2012年撮影)=墨染寺提供
  • 4代目になる墨染桜の若木を植樹する関係者(京都市伏見区・墨染寺)=墨染寺提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      70、90代の姉妹自殺か、川崎
      小田急柿生駅で飛び込み

      20170424000131

       24日午後2時25分ごろ、川崎市麻生区の小田急小田原線柿生駅で、女性2人が新宿発新松田..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      御修法の法具一堂に 京都・東寺で特別展

      20170424000144

       正月に営まれる真言宗最高の儀式「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」で用いる法具を集めた..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      カンボジアの子、生き生き 京都外大生、絵本交流を紹介

      20170424000056

       カンボジアの子どもに手作りの絵本を贈る活動を続けている京都外国語大(京都市右京区)のボ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]