出版案内
福祉事業団

ギャンブル依存、リスク判断うまくできず 京大、脳働きに違いも

 ギャンブル依存症の患者は、リスクを取るべきか否かの状況判断がうまくできず、健常者と比べて脳の一部の働きに違いがあることを、京都大医学研究科の高橋英彦准教授や藤本淳研究員らのグループが突き止めた。ギャンブル依存症の新たな治療法の開発につながる成果で、英科学誌に4日発表した。

 ギャンブル依存症は国内では成人の4・8%が患者であると推計(厚生労働省の委託研究)され、多額の借金や自殺の原因となり社会問題となっている。リスクを過剰に好む性格に起因すると一般的に考えられているが発症のメカニズムはよく分かっておらず、治療法も確立されていない。

 グループは、ギャンブル依存症患者21人と健常者29人に対し、点数を獲得するゲームを20回繰り返して目標の点数を得る課題を与えた。各ゲームでは▽得点する可能性は低いが高い点が得られるハイリスクパターン▽得点する可能性は高いが低い点しか得られないローリスクパターン―の二つの選択肢を用意しており、課題を実行中の脳の活動を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で調べた。

 その結果、健常者は目標の点数に応じてハイリスクとローリスクの選択をうまく切り替えられていたのに対し、患者は目標点数は低いのにハイリスクパターンを多く選択するなど、リスクを冒さなくてもよい状況で不必要にリスクを取っていた。また、患者は脳の前頭葉の一部である背外側前頭前野の活動の低下や、その周辺で脳のネットワークがうまく機能していないことも確認した。

 高橋准教授は「ギャンブル依存症は単に性格の問題ではなく、脳の機能に原因があることが示された。脳に物理的な刺激を与える治療法も期待できる」と話している。

【 2017年04月04日 23時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北朝鮮拉致40年、情報提供を
      松本京子さんの兄らチラシ

      20171021000066

       鳥取県米子市で松本京子さん=失踪当時(29)=が北朝鮮に拉致されて40年となる21日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本戦にネイマールら選出
      ブラジル代表メンバー

      20171021000077

       サッカー日本代表と11月10日にフランスのリールで国際親善試合を行うブラジル代表のメン..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・平安神宮境内に商業施設 12月開業、29店舗

      20171020000156

       京都平安振興財団(京都市左京区)は20日、左京区岡崎の平安神宮西側に商業施設「京都・時..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      水面を彩る花 京都・木屋町でイベント

      20171021000070

       京都市中京区の元立誠小前の高瀬川で、市民らがいけた花を飾るイベント「京都木屋町 花いけ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]