出版案内
福祉事業団

創生相発言に怒る学芸員 文化財は未来への財産

4カ国語で説明が聞ける案内板(18日午前、京都市中京区・二条城)
4カ国語で説明が聞ける案内板(18日午前、京都市中京区・二条城)

 政府の観光振興を進める上で「一番のがんは文化学芸員」とした山本幸三地方創生担当相の発言に、批判が高まっている。山本氏は発言を撤回し、謝罪したが、18日には再び二条城(京都市中京区)の英語の案内表記を「不十分」と批判した。多くの文化財が集積する京都の博物館の学芸員からは「最も大切な仕事は文化財の保護」「保存と活用のバランスを考えながら地道に取り組んでいる」と、学芸員の仕事に理解を求める意見が相次いだ。

 龍谷大龍谷ミュージアム(下京区)の石川知彦副館長(57)は学芸員の仕事は博物館法で定められているとして「一般には展覧会やシンポジウムなどが知られるが、最も大切なのは文化財の保護であり、調査研究だ。貴重な文化財をわれわれの代でつぶすわけにはいかない」と指摘する。

 山本氏の発言には「観光への安易な活用ばかりを強調する発言にがっかりした。京都の人はもっと怒ってもいい」と批判した。

 亀岡市文化資料館(京都府亀岡市)の黒川孝宏館長(62)は「文化財は現在の人だけのものではない。500年、千年と守られてきた文化財を、私たちが同じように引き継いでいかなければならない」と強調。「国が定めた基準の範囲内でアイデアを出し、公開の努力をしている。国の方針として矛盾している」とあきれる。

 「地方都市の学芸員は、市指定や未指定の文化財でも、地域の貴重な文化として将来に残そうと地道に取り組んでいる。地方創生を考えるなら、そういう活動にも目を向けるべきだ」と注文を付けた。

 京都文化博物館(中京区)の森脇清隆主任学芸員(55)は、今回の発言に「もうかるなら文化もただ消費すればいい、という発想を感じる」といい、「これまで守られてきた文化財が、観光目的のために切り売りされ、傷ついたり失われては、将来に対して非常に恥ずかしい」と危ぶむ。

 文博では、子どもや外国人らを対象に、どのような展示やワークショップが望ましいかを日々模索しているという。「学芸員に観光の視点がないわけではない。文化財の保存と活用のバランスをとりながら頑張る学芸員たちの取り組みをむしろ、応援してほしい」と訴えた。

【 2017年04月19日 22時30分 】

ニュース写真

  • 4カ国語で説明が聞ける案内板(18日午前、京都市中京区・二条城)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      山裾、市街地、国道24号拡幅 国道「宇治木津線」3案を公開

      20170922000071

       国土交通省はこのほど、京都府城陽市から井手町、木津川市山城町を南北で結ぶ新たな国道「宇..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高梨沙羅、スロベニア合宿へ
      「動作完成させたい」

      20170922000090

       ノルディックスキーのジャンプ女子で平昌五輪の金メダル獲得を目指す高梨沙羅(クラレ)が2..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値2万0289円
      北朝鮮情勢で反落

      20170922000085

       22日午前の東京株式市場は、前日の米国株安が重荷となり、売り注文が優勢になって日経平均..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「関ケ原」テーマの72冊紹介 京都府立図書館に特設コーナー

      20170922000091

       関ケ原の合戦をテーマにした本を集めたミニコーナー「関ケ原~武将たちの決断」が、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      入場者が100万人を突破
      熊本県の水俣病資料館

      20170922000101

       水俣病の歴史と患者らの苦難を伝えてきた熊本県水俣市の市立水俣病資料館は22日、開館以来..... [ 記事へ ]