出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

三条大橋、木製欄干ぼろぼろ 京都市に苦情

欄干の取り換えから40年以上がたち、汚れや補修部分の継ぎはぎが目立つ三条大橋(京都市東山区側から撮影)
欄干の取り換えから40年以上がたち、汚れや補修部分の継ぎはぎが目立つ三条大橋(京都市東山区側から撮影)

 東海道五十三次の起点で、「京の玄関口」でもある三条大橋(京都市中京区-東山区)の老朽化が進み、市民から苦情が寄せられる事態となっている。橋を管理する京都市も、朽ちた木製欄干の修復は喫緊の課題と認識する一方、「多額の費用をどう捻出するか検討している段階」と、対策に苦慮している。

 市によると、現在の三条大橋は、1950年に架け替えられた後、ヒノキ造りの欄干は73年に取り換えられたという。

 幕末の「池田屋事件」の際に付いたとされる刀傷が擬宝珠(ぎぼし)に残っているなど歴史的価値も高い。

 ところが、欄干の取り換えから40年以上たった近年、木のささくれやシロアリの通った跡が目立つように。部分的な腐食もあり応急措置を施した部分が継ぎはぎ状態となっている。

 橋の西側に広がる「三条小橋商店街振興組合」の小森一宏理事長は「橋を『京のお入り口』として商店街でもアピールしているだけに、もう少しきれいにしてもらえたら」と話す。また、山科区に住む男性(71)は通勤途中に橋を毎日通るうち、あまりの汚さを見かねて「専門業者に洗浄を頼みたい」と、私財の拠出を市に申し出た。

 橋を管理する市橋りょう健全推進課は、欄干を取り換えるだけでも3億円超の費用がかかり、歩道の整備なども含めると4億円程度が必要と見積もる。

 同課は「市民からの苦情もあり、早急に何とかしなければならない状態だと認識している」とする一方、「改修の時期や手法などは未定」と話すにとどまる。

【 2017年05月11日 22時00分 】

ニュース写真

  • 欄干の取り換えから40年以上がたち、汚れや補修部分の継ぎはぎが目立つ三条大橋(京都市東山区側から撮影)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      宮崎・硫黄山で小規模噴火
      6日ぶり、レベル3継続

      20180426000171

       宮崎県えびの市にある霧島連山・えびの高原(硫黄山)で26日午後6時15分ごろ、ごく小規..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ショートの坂爪、現役引退の意向
      男子のエース

      20180426000225

       平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートルで5位に入った坂爪..... [ 記事へ ]

      経済

      ワコール「脱下着依存」へ 31年ぶりトップ交代

      20180426000217

       ワコールホールディングスが、塚本能交社長から安原弘展副社長へ、31年ぶりとなるトップ交..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日本海側観光は「プラチナルート」 縦断ルート確立へ協議会

      20180426000214

       高速バスや鉄道事業を手掛けるWILLER(ウィラー、大阪市)と京都府舞鶴市、滋賀県長浜..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      初の素粒子衝突に成功、高エネ研
      新型加速器、宇宙誕生を再現

      20180426000027

       高エネルギー加速器研究機構(茨城県)は26日、旧型加速器を改良した新型加速器「スーパー..... [ 記事へ ]