出版案内
福祉事業団

葵祭、風薫る京都に王朝絵巻

大勢の人たち見守られ、京都御苑を進む葵祭の行列(15日午前10時51分、京都市上京区)
大勢の人たち見守られ、京都御苑を進む葵祭の行列(15日午前10時51分、京都市上京区)

 京都三大祭りのトップを飾る葵祭が15日、風薫る京都市内で行われ、平安王朝の装束を身に着けた約500人の行列が都大路をしずしずと進んだ。沿道を埋めた大勢の見物客は、優雅に進む王朝絵巻のような行列を見守った。

 葵祭は下鴨、上賀茂両神社の例祭で、正式には「賀茂祭」という。フタバアオイと桂を装束や牛車(ぎっしゃ)などに挿すことから葵祭と呼ばれるようになった。起源は6世紀にさかのぼるといわれる。「源氏物語」の車争いの場面でも知られる。

 午前10時半ごろ、薄曇りの中を、全長約800メートルの行列は京都御所建礼門前(上京区)を出発した。銀面をつけた馬に乗った本来の主役近衛使(このえづかい)代を中心とした本列は、神への供え物を運んだ。1956年に創設された華やかな女人列は、十二単(ひとえ)姿の第62代斎王代富田紗代さん(19)を乗せた腰輿(およよ)を中心に、童女(わらわめ)や女官の内侍(ないし)、馬に乗る騎女(むなのりおんな)らを従えて進んだ。藤の花を揺らしてギシギシと車輪をきしませる牛車が見物客の視線を集めた。

 午前10時半の気温は24・9度(京都地方気象台調べ)で、人出は1万6千人(京都府警調べ)。日曜日の開催だった昨年の同時刻に比べて1万8500人少なかった。

 正午前、行列は下鴨神社に到着。新緑がまぶしい糺の森を抜けて本殿に向かい、社頭の儀に臨んだ。午後2時20分に上賀茂神社に向けて出発する。

【 2017年05月15日 13時21分 】

ニュース写真

  • 大勢の人たち見守られ、京都御苑を進む葵祭の行列(15日午前10時51分、京都市上京区)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      北海道の山林に女性遺体
      窃盗容疑の男「埋めた」

      20170528000092

       28日午前10時ごろ、北海道砂川市空知太の山林で、身元不明の成人女性の遺体が見つかった..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      桐生、200メートル初Vで2冠
      関東学生陸上最終日

      20170528000108

       陸上の関東学生対校選手権最終日は28日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子200メー..... [ 記事へ ]

      経済

      歴史も味も日本一! 開設90年の京都卸売市場、新鮮食べ歩き

      20170528000064

       京都府民の食を支えてきた京都市中央卸売市場が今年、開設90年を迎える。下京区の第一市場..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録、京都の研究者ら課題指摘

      20170528000062

       大阪府などが世界文化遺産登録を目指す百舌鳥(もず)・古市古墳群について、京都の研究者ら..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      【時のひと】龍谷大の新学長に4月に就任した 入澤崇さん

      20170528000054

       仏教遺跡の研究者として、アフガニスタンなどで調査を続けてきた。現場の多くは紛争地帯だが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来魚“大漁”48キロ 滋賀・琵琶湖で駆除釣り大会

      20170528000032

       市民らで外来魚を駆除する催し「もりやま・びわ湖・ブルーギル撲滅釣り大会」が27日、滋賀..... [ 記事へ ]