出版案内
福祉事業団

ゲノム編集に新技術、細胞種ごとに調整 京大iPS研

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の働きを細胞の種類によって調節する技術を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や大学院生の弘澤萌さんらが開発した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った成果で、必要のない遺伝子を改変するリスクを減らせるという。英科学誌に19日、発表した。

 ゲノム編集は、目的とする遺伝子を改変できる技術で、医療への応用が検討されている。しかし特定の細胞だけの編集が難しいという課題がある。

 グループは、細胞の種類ごとに異なる「マイクロRNA」に着目。特定のマイクロRNAの有無によって、細胞内でゲノム編集に関わるタンパク質の発現を調節できる遺伝子を作った。この遺伝子と一緒にiPS細胞とほかの細胞を培養したところ、ほかの細胞だけをゲノム編集することに成功した。

 齊藤教授は「がん細胞だけをゲノム編集して除去するなど、さまざまな応用が考えられる」としている。

【 2017年05月19日 21時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      「火山灰に覆われ灰色に」
      救助活動の消防隊員会見

      20180124000005

       噴火した草津白根山の本白根山で救助活動に当たった群馬県の吾妻広域消防本部の隊員らが23..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平昌五輪代表の宇野ら調整
      四大陸選手権きょう開幕

      20180124000010

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は24日に台北..... [ 記事へ ]

      経済

      日本生命社長に清水氏
      市場縮小や低金利に対応

      20180123000191

       日本生命保険は、筒井義信社長(63)が代表権のある会長に就き、後任に清水博取締役専務執..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      竹細工の戌が参拝者出迎え 京都・子守勝手神社

      20180123000062

       子守勝手神社(京都府長岡京市粟生)の境内に今年の干支(えと)の戌(いぬ)をかたどった竹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      くまモン、京都で「ありがとうだモン」 被災地支援の高校訪問

      20180123000023

       熊本県のPRキャラクター「くまモン」が22日、熊本地震で被災した同名の高校の支援や交流..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖、早めに「深呼吸」 湖底に酸素供給、生物に好環境

      20180123000159

       滋賀県は23日、琵琶湖の北湖で酸素を多く含んだ表層の水が湖底の水と混ざり合う現象「全層..... [ 記事へ ]