出版案内
福祉事業団

広辞苑を感じて 編さん者・新村出ら資料、京都で公開

改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)
改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)

 「広辞苑」を編さんした国語学者新村出(しんむらいずる)(1876~1967年)ゆかりの文献を所蔵する京都市北区の新村出記念財団重山(ちょうざん)文庫がこのほど、広辞苑の誕生や改訂にまつわる資料を整理し、一般公開を始めた。さまざまな言葉の意味や用例を書き留めた膨大な直筆ノート、次男の猛氏(故人)による改訂作業のゲラやメモなど、辞書づくりの舞台裏を生々しく伝える。

 重山文庫は、新村が明治維新の元勲、木戸孝允から譲り受けた邸宅を改装し、1981年設立の記念財団が運営している。約1万3千冊の蔵書や書簡を保管しており、研究者らに公開されてきた。これまでも一般の閲覧は可能だったが、常設展示は少なく、猛氏の次男恭さん(70)がこの4月に財団嘱託に着任したのを機に、広辞苑の制作に焦点を当てた展示スペースを設けた。

 展示の中心は、新村家が所蔵する著者用の資料。ゲラは分野ごとや五十音順など同じ版でも複数あり、新規に追加する項目の書き込みや用例見直しの痕跡が残る。改訂のためにびっしりと付箋が挟まれた広辞苑や、版元の岩波書店が所蔵する原稿の写真資料も並ぶ。

 圧巻は、900冊に上る新村直筆のノート類。例えば「パン食史考」と題された6冊のノートには、語源や用法、伝来や製法に至るまで詳細に記されている。貴重資料のために常時公開はしていないが、希望すれば閲覧できる。

 初版が1955年5月25日に刊行されたことにちなみ、きょう25日は「広辞苑の日」。恭さんは「実際に新村出が暮らし、仕事した場所で辞書づくりに励んだ往時を想像してもらえたら」と話している。

 重山文庫は月曜、金曜開館。土曜、日曜の見学希望も相談に応じるという。問い合わせは記念財団TEL075(411)9100。

【 2017年05月28日 22時00分 】

ニュース写真

  • 改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      写真記者協会賞に「沖縄の視線」
      12月19日から展示

      20171125000007

       東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は24日、今年の優れた報道写真に贈る..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      とりま、見舞品を…大政奉還の慶喜、西本願寺が微妙な命令

      20171124000169

       江戸幕府15代将軍で150年前に大政奉還した直後の徳川慶喜の微妙な立場が読み取れる資料..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]