出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

広辞苑を感じて 編さん者・新村出ら資料、京都で公開

改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)
改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)

 「広辞苑」を編さんした国語学者新村出(しんむらいずる)(1876~1967年)ゆかりの文献を所蔵する京都市北区の新村出記念財団重山(ちょうざん)文庫がこのほど、広辞苑の誕生や改訂にまつわる資料を整理し、一般公開を始めた。さまざまな言葉の意味や用例を書き留めた膨大な直筆ノート、次男の猛氏(故人)による改訂作業のゲラやメモなど、辞書づくりの舞台裏を生々しく伝える。

 重山文庫は、新村が明治維新の元勲、木戸孝允から譲り受けた邸宅を改装し、1981年設立の記念財団が運営している。約1万3千冊の蔵書や書簡を保管しており、研究者らに公開されてきた。これまでも一般の閲覧は可能だったが、常設展示は少なく、猛氏の次男恭さん(70)がこの4月に財団嘱託に着任したのを機に、広辞苑の制作に焦点を当てた展示スペースを設けた。

 展示の中心は、新村家が所蔵する著者用の資料。ゲラは分野ごとや五十音順など同じ版でも複数あり、新規に追加する項目の書き込みや用例見直しの痕跡が残る。改訂のためにびっしりと付箋が挟まれた広辞苑や、版元の岩波書店が所蔵する原稿の写真資料も並ぶ。

 圧巻は、900冊に上る新村直筆のノート類。例えば「パン食史考」と題された6冊のノートには、語源や用法、伝来や製法に至るまで詳細に記されている。貴重資料のために常時公開はしていないが、希望すれば閲覧できる。

 初版が1955年5月25日に刊行されたことにちなみ、きょう25日は「広辞苑の日」。恭さんは「実際に新村出が暮らし、仕事した場所で辞書づくりに励んだ往時を想像してもらえたら」と話している。

 重山文庫は月曜、金曜開館。土曜、日曜の見学希望も相談に応じるという。問い合わせは記念財団TEL075(411)9100。

【 2017年05月28日 22時00分 】

ニュース写真

  • 改定作業の資料を示す新村恭さん。後ろの棚には歴代の広辞苑が並ぶ(京都市北区小山中溝町・重山文庫)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      公開請求2カ月放置、廃棄後に「不存在」通知 京都のいじめ日誌

      20180524000030

       京都府福知山市の中学校がいじめに関して情報公開請求されていた学校日誌などを廃棄していた..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      任天堂、スイッチに2台目セット
      従来より価格抑え

      20180524000037

       任天堂は23日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の価格を従来より5400円安くし..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      近江神宮の「流鏑馬」深く学ぼう 6月講座、非公開神事参列も

      20180524000027

       近江神宮(大津市神宮町)で6月3日に催される「流鏑馬(やぶさめ)」をより深く学ぶ「やぶ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]