出版案内
福祉事業団

中世の京都商人、何食べた? 地下室から魚や動物の骨

出土した魚や動物などの骨。鎌倉-室町時代の人々の幅広い食生活がうかがえる
出土した魚や動物などの骨。鎌倉-室町時代の人々の幅広い食生活がうかがえる

 京都市中京区新町蛸薬師北西角の発掘調査で、鎌倉時代末-室町時代初頭とみられる地下室(室(むろ))が見つかった。床は平らな石で固められており、有力な商人が設けた可能性がある。室町時代以降に捨てられた灰やごみから土器や陶磁器片をはじめ、魚や動物の骨が多数出土。研究者らは「中世の商人の食生活など暮らしぶりを知る上で貴重だ」と注目している。

 民間調査会社「京都平安文化財」が3~5月に調査した。室は南北2・1メートル、東西5・4メートルで、14世紀ごろに造られたとみられる。床に直径約20センチの石を並べ、その周囲に小石を敷き詰め、排水用の穴も設けられていた。市文化財保護課は「中世の室は土の床が多く、これほど丁寧に石で整地した室は珍しい」としている。

 室は壊され埋められており、その上に灰や炭などが何層も重なっていた。ごみ捨て場になったとみられ、鎌倉-室町時代の土器や輸入物を含む陶磁器の破片、貨幣のほか、食べられたとみられる魚や動物の骨などが大量に含まれていた。

 調査地が面する町尻小路(新町通)は、中世の下京で経済中心地の一つだった。周辺の六角町では、琵琶湖の魚の専売特権を持つ集団「粟津橋本供御人(くごにん)」が店を出していたことが知られている。奈良大の河内将芳教授(日本中世史)は「当時は魚屋以外にも多様な店が軒を連ねていたはず。室を備えた何らかの大規模な店があった」と推測する。高価な中国の陶磁器片が出土しており、「有力な商人たちの経済活動を裏付けられる」と期待する。

 見つかった骨には、ハモやサワラ、ブリなど海で捕れる魚のほか、犬やウサギなどの動物、ツルかコウノトリとみられる大型の鳥などが含まれていた。東海大の丸山真史講師(動物考古学)は「京都中心部の食生活の変遷を知る上でも貴重な発見だ」と注目する。

【 2017年06月09日 11時50分 】

ニュース写真

  • 出土した魚や動物などの骨。鎌倉-室町時代の人々の幅広い食生活がうかがえる
  • 平らな面を上にした石が並ぶ室の跡(5月下旬、京都市中京区新町蛸薬師北西角)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      終末期医療の指示書、危険性警告 大阪で討論会

      20180217000105

       京都市が終活リーフレットとともに配布した「終末期医療の事前指示書」の回収を求めている「..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      二刀流レーサーの逆転劇
      本能の滑りで金つかむ

      20180218000010

       フィギュアスケートの男子フリーで羽生結弦が演技を始める30分ほど前のこと。NHKのBS..... [ 記事へ ]

      経済

      新型「N700S」車両を披露
      JR東海、環境安全性向上が特

      20180217000084

       JR東海は17日、先頭車両に塗装を施した東海道新幹線の新型「N700S」を、日本車両製..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京焼の茶陶、繊細で優美 京都で西村德泉氏の傘寿記念展

      20180217000135

       京焼の技を凝らした四代西村德泉さん(80)=京都市東山区=の傘寿記念の茶陶展がこのほど..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      15の春へ1万1千人超挑む 京都で公立高前期選抜

      20180216000075

       京都府内の公立高入試の前期選抜が16日始まり、中学3年生が第1志望への合格を目指して引..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      甲状腺がん支援の輪を広げて
      新宿の寺で演奏会、患者の手紙も

      20180217000073

       東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「..... [ 記事へ ]