出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来水草、京都に拡大 鴨川や宇治川で確認

鴨川のくいな橋下流で確認されたオオバナミズキンバイ(中央)=滋賀県提供
鴨川のくいな橋下流で確認されたオオバナミズキンバイ(中央)=滋賀県提供

 琵琶湖に大量繁茂する特定外来生物の水草オオバナミズキンバイが、宇治川や琵琶湖疏水を経て京都府宇治市や京都市でも確認されたことが、15日に滋賀県が開いた琵琶湖外来水生植物対策協議会で報告された。オオバナミズキンバイはちぎれた茎からも増える強い増殖力があり、県は琵琶湖から流れ出た茎などから分布が拡大したとみている。

 7日に県職員らが大津市の瀬田川洗堰下流の瀬田川・宇治川と、琵琶湖疏水が注ぐ鴨川のうち京都市南部を目視で調査した。瀬田川では洗堰下流側すぐの地点(大津市南郷)と、大石川との合流点(同市大石淀)、宇治川では関西電力宇治発電所の排水路(宇治市宇治山田)で生育を確認した。鴨川ではくいな橋の下流側(京都市伏見区竹田流池町)でも見つけた。

 川は水位や水流の変動があるため大増殖する可能性は小さいとみられるが、「いずれも琵琶湖から定着したと推察される。増殖力の強さから、予断を許す状況にはない」(県自然環境保全課)とみる。

 一方、琵琶湖のオオバナミズキンバイの生育面積は2015年度の約20万平方メートルから、16年度は約13万平方メートルに減少した。16年度は前年度の6倍を超す3億3千万円あまりをかけ、官民で除去と除去後の監視を強化したことが生育面積の縮小につながったという。

 同課は「琵琶湖下流の状況については、国土交通省や京都府、環境省に情報提供して注意喚起したい。県としては琵琶湖や湖に注ぐ河川、内湖の除去対策に一層力を入れる」としている。

【 2017年06月16日 08時21分 】

ニュース写真

  • 鴨川のくいな橋下流で確認されたオオバナミズキンバイ(中央)=滋賀県提供
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      希望と統一会派結成は「野合」
      立憲民主・枝野代表

      20171218000174

       立憲民主党の枝野幸男代表は18日、日本外国特派員協会で記者会見し、民進党が目指す立憲民..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スノボ竹内「今ある力出せれば」
      W杯序盤戦終え帰国

      20171218000189

       スノーボード女子でソチ冬季五輪パラレル大回転銀メダリストの竹内智香(広島ガス)が18日..... [ 記事へ ]

      経済

      無人車両の自動走行実験、石川
      産業技術総合研究所

      20171218000147

       産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は18日、石川県輪島市で、無人の車両が公道を自動走..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]